あいさつ 2016.04.11 (月)



















   こんにちは


   おひさしぶりでございます 




   といっても 前記事からは10日と少ししかたっていないのですが




   

   気づいたら 雪はほとんど融けていました あちこちの庭や野にフクジュソウが咲き誇っています
   季節をじっくりかみしめるように過ごすのは こういう状況ではなかなかできないもの
   引っ越しをなんとか終え トラブルも多々起きつつも 新居(とはいえかなりの古さですが)をどうにかこうにか片付け
   とりあえずなんとか衣食住を確保 ダンナと息子を朝それぞれへと送り出すことができるようになりました
   まだまだ家の中は雑多なままですが 最近ようやくネット環境が整い、家事と片づけの間に少しだけPCを開く時間が生まれ
   この記事を書いてます





   前記事での たくさんのメッセージ
   身に余るお言葉をたくさんいただきました 感謝です
   ひとつひとつにお返事できないで 申し訳ありません 
   白滝という地への思い それぞれに抱いていらっしゃる方々に縁をつないでいけたこと 
   この拙ブログがほんの少しでもかかわることができましたこと
   心から感謝申し上げます



   先月末白滝地区の駅が3つ失われてからそんなに日が経っていません
   今後 かの地の線路やかの地の風景がどうなっていくのか ムラはこれからがほんとに大事な時
   住まいはムラから離れましたが 今住む場所からはそんな遠くないところなので 何度か見に行くつもりです
   それをブログにもアップしていくこともあるかと思いますけれども 今までと同じような意識で綴っていくのかはわかりません、
   (よくわからないブツブツつぶやきは変わらないでしょうけど)
   もし
   覚えていてくださって また拙ブログにおいでくださる皆様には 違和感を感じるかもしれません
   それでもお付き合いくださる方がいらっしゃったら どうぞよろしくお願いいたします
   
   







   さて 新しい土地に来て新しい生活を始めていますが


   自分にカメラを出す余裕はいまだにありません
   お散歩をしようっていう気持ちにもまだなれません
   そもそもやることは山積みですし 息子やダンナの日常生活を普通に健やかになるまで整えるのに精いっぱいです 
   それに正直自分でも予想はしていたのですが
   白滝の地を離れ 自宅からいっぽ出たところにキツネやシカやらの足跡があり土があり花があるという環境が薄れ 
   自分が生きていけるのか 精神状態保っていられるのか ていう不安は 今のところ的中しています

   引っ越し作業に伴う心身の疲れのほかに 別な次元での精神的な疲労がものすごいことになってます
   その症状はあまりにもあまりなので書きませんけれども 今までも何度か引っ越ししていますけど今回はひどいもんです
   引っ越しの作業のほかに いままでになかった自分の体の不調のことも頭に入れざるを得ない状況にもなり 
   ある日もうどうしようもなくて 余裕のない状態で とりあえず何かを探しに行こうと家を飛び出してみました
   雨の日だったのですが 
   生活圏内にちゃんと土のにおいがする、きれいすぎない景色があることに少し安心しました 
   でも 私の意識はそこにはない まだそこにはない 
   自分の手やほほやアタマになじむまでにはまだまだまだまだ 時間がかかりそうです



   



DSC_0006_convert_20160411155554.jpg









   息子たちは 
   新しい生活になじむためにこそカメラを持って歩いて あちこち撮りながら 自分の生活を整えていこうとしています
   長男は ずっとずっと実家に帰ってきやすくなったので
   家族と過ごす時間が増え 私の作ったご飯を食べてから勤務先に戻るということもできる日も増え 
   心身の安定がはかれるみたいで 表情もよいです
   次男は 兄との距離が近くなり 新しい学校生活も思っていたよりもスムーズで だいぶ親の手から離れ自分の世界を作り
   前を向いて進んでいます 白滝の友達も新しい友達も大事に大事に 日々過ごしています 
   急に大人になったように感じます 兄から譲られた一眼も手の内にするのは速かったです
   
   






   息子の住む地が近くなり オホーツクの湖や海が近くなりました
   どんどんこっちに撮りにきたらいいよ 前住んでたとこだし と 息子たちが背中を押してくれます
   


DSC_0051_convert_20160411182216.jpg














   私も家からほんの少しのところには こういう場所があるんだ 行こうと思えばいつだって・・・ と 確認できましたので
   これから少しずつ 気持ちが凪いできたら 家族に迷惑かけないよう時間とうまくいやりくりしつつ
   オホーツクの生活をいとおしみ大切にしつつ  
   自分は自分の生活圏内からそんな遠いところにはいくことができない (優先順位の問題として) のかもしれないけれども 
   やっぱり カメラを趣味としている素人の身としては 撮らせていただくという姿勢に変わりはなく
   撮ってもいいよ と あちらのほうから呼ばれるなにげないその時を心待ちにしながら 
   何かを見つけに行こうと思います   
  
   
  
   


DSC_0023_convert_20160411155644.jpg











   もう少しの間 まずは生活の動線がよどみなくなるまで 更新も不安定になります 
   まだまだ 新生活は10日過ぎたばかり まだまだまだまだ まだまだです






   もう一度   
   たくさんのお言葉に 心からの感謝を申し上げます

  
   






   まずは ご報告まで








DSC_0024_convert_20160411155721.jpg











にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg


あいさつ 2016.04.01 (金)







   みなさまへ




   このたび わたし 白滝を離れることになりました










   ダンナの異動に伴い 白滝の地を離れ 違う場所にお引っ越します





   ブログは閉じません、いちおうまだこのままにしておこうかと思います

   新天地も石北本線や釧網本線にほど近く 自然豊かなオホーツク圏内なので 
   そのうちまた落ち着いて 素敵な鉄道風景に出会ったら 更新すると思います
   でも 引っ越し作業に伴い超多忙な毎日なため すこしおやすみします







   白滝の風景を愛してくださってこのブログを訪ねてくださった方に 感謝します
   ありがとうございました







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC_0088_convert_20160329233838.jpg






DSC_0093_convert_20160329233919.jpg
(3/25 旧白滝)













   いつも拙ブログに足を運んでいただき 本当に感謝です
   ほんとうに 我ながら勝手な、支離滅裂なブログで それなのにお付き合いくださり ありがとうございます

   鉄道好きで文字通り鉄道とともに生きてきた長男と その影響で鉄道大好きになった次男とのおかげで
   鉄道写真があふれかえっていて その写真と共に私の全く関係のない言葉とで始めたこのブログでしたが
   私も息子たちの影響でカメラを手にし 鉄道のある風景写真が好きになり 
   むすこたちといっしょになって鉄道風景を追いかけてきました 本当に楽しい日々でした

   白滝の鉄道風景と農村風景は当たり前の「生活」と「仕事」を教えてくれましたし
   一歩 外に出て 散歩をする  そんな当たり前にできそうなことが自分にもできるんだと知りました
   カメラもってうろうろしている自分が形にできたのは相変わらずわけのわからない言葉と 白滝の風景を収めた写真とで
   鉄道ブログというのもおこがましくありはしましたがなんとかここまでやってきました
   白滝の風景がとにかく大好きでした 

   石北臨時貨物からDD51が去り 白滝の小さなマチの中での変化も早く 
   たいせつにしていたものが世間の都合で消えつづけ そこに白滝の3駅の廃止のニュースが入り また減便のニュースも入り
   どうもじぶんひとりでは何するにもチカラがないことを思い知らされる中で、それでも淡々と季節は巡り
   こんな自分にできることは何か を考え続けました が できることはそもそもそんなになくおばちゃん小言を言うぐらいです 
   あきらかなルール、いわずもがなの空気、旅人のきもち、住人の気持ち、ひとつひとつ取り上げたら
   過剰に反応しすぎといわれたり 、鈍感を装い嘘っぽくなるのも変ていわれたり  まあいろいろ、いろいろでした
   私の不遜な態度に批判を受けることも結構たくさんありました 申し訳ありません
   正義や博愛を振りかざすつもりはまったくないです ただただ自分の経験から湧いた基準だけで勝手に出しゃばりました
   そういうブログにするつもりはなかったんですけどね 私など人のことは言えない人間ですし

   
   多くはいたわりあいの日々でした たいせつなひととの出会いと重ねた思いに感謝です






DSC_0125_convert_20160331172114.jpg



DSC_0131_convert_20160331172136.jpg
(3/30 上白滝)













   そんなこんなで 白滝を離れます

   転勤族と言われるダンナの職業故 とくに今年は年度当初から覚悟してましたし
   今年いちねんで白滝を去ることを意識しつづけ、毎日まさしく一期一会の白滝の鉄道風景でした
   白滝の3つの駅の廃止、白滝遠軽間の減便、それらに追い立てられるように私もここを去ることになるとは 苦笑いです
   でも それを最後に見届けられたことは ありがたいことだと思います
   



   次男坊は 
   この白滝でめいっぱいたのしい少年時代を過ごし 大好きな白滝の地、白滝の四季、
   大好きな白滝の仲間とはなれることになり 涙を流すまいと 転居が決まってからの毎日たまらない気持であったようです
   新しい地になじめるだろうかと不安もいっぱいでしょうし 
   自分のことなんてみんな忘れてしまうんじゃないかって不安もあるでしょうし
   いつかこうなるとの覚悟はしていたようですが 
   涙こらえてこらえて それでも新しいところで何かいいことあるかもしれないと口にしつつ荷造りする姿に胸がちくっとします
   保育所のころからいつもずうっと一緒だったみんな ありがとうね できればこれからもまた仲良くしてあげてください



   で
   このブログですが・・・・閉じません。
   でも少し更新は滞ると思います
   


   ムラを離れ 自分の精神状態が保てるのか  
   今後 白滝を離れてなお鉄道風景を撮る気持ちになるかどうか 正直ほんとによくわかりません


   でも、まあ、いろいろ書いてみましたが、
   私はいち専業主婦ですので 家族が新しい土地での生活に慣れることが最優先 
   何より家族にとっては新しい職場新しい学校の生活になり 私以上に大変な毎日を過ごすことになるでしょうから 
   とにかく私が更新している暇はちょっとないかと思います
   フル回転でがっちり家事にせいをださねば 
   ダンナと息子が 新しい環境の中でもがいていても うちに帰ったらいつもの我が家であること  
   それがいまの務めだと思っておりますので まずはそれが先  日々の生活ありきです

   白滝にもそんな遠くはないのでちょくちょくこっそり来ては好きな風景や好きな花など会いに来ようと思ってますが
   そもそも白滝でも日々の生活ありきの気持ち優先だったので 
   転居した先で  生活のなかで  また素敵な風景に出会えて その風景に呼んでもらえて
   写真撮らせてもらえるなら いいなと願ってます 
   白滝ははなれますが自然豊かなオホーツクを離れることはありませんから
 
   なので ブログすぐにまた更新するか 少し時間かかるか 今のところほんとうに未定です
   ただ単にブツブツまた愚痴ったりつぶやいたりしたくなったらすぐにでも再会かもしれません




   白滝に住み 白滝で出会うことのできた鉄道風景は このブログにつづってきましたので
   再びそれに触れたいと思えばさかのぼれますから このブログは残します
   息子たちがここを離れても 大きくなりどこに行っても 「白滝の鉄道」と検索したらこのブログが出てきて、
   いつでもここで会えたらいいな なんて思います





042_convert_20160331172732.jpg
(2014 3 下白滝)











   白滝発信という限定で しかもこんなつたない写真と言葉にお付き合いくださった皆様 
   本当にありがとうございました




   何の知識もない私を放置してくだっさった鉄道ファンの皆さま 知人の皆さま 
   けっ と思われるようなたくさんのご無礼もあったと思います 見守ってくださったそのやさしさと広い心に感謝です
   また今後とも見守ってくれたら幸いです





   白滝の皆さま 
   鉄道好き一家という、あまり今まで白滝に存在しなかったものがこの地にやってきて
   毎日線路端をうろうろするようになり さぞ奇妙に思われたことかと思います よく変人扱いされましたがさもありなんです
   私はいつまでたってもここではヨソモノでしたしイロモノでした 
   それでもこの地域が好きで カメラもって白滝を撮影してきました
   いまでは浸透し親しく声をかけていただけて 地域の人が国鉄去りし今になってまた鉄道に目を向けるきっかけとなり 
   鉄道が今の白滝にとってどんなに貴重な歴史・環境であったのか気づくきっかけともなりえたのではないかと 
   自負しております たくさんのムラのひとが私たちを受け入れてくれました 耳を傾けてくれました  
   それは私ではなく 小さいころから言い続けてきた夢をかなえ白滝出身として北の鉄道員となった長男、
   地域の皆様とともに歩み合気道をのんびりとそれなりに真剣に続け頑張ってきた次男、 
   全く持ってこの息子たちの努力によるものだと思っています 
   息子たちにとってこの白滝はたいせつな故郷です どうか息子たちを白滝の子としていつまでもやさしく迎えてあげてください
   たくさんの温かい目で 息子たちを育ててくださって ありがとうございました 
   本当にお世話になりました



   ここには大好きな風景が残っていますし 
   大好きなジャムさんとすごした日々の思い出がたくさん残っていますし 何よりここは息子たちの故郷  きっとまた来ます






DSC_0133_convert_20160331172413.jpg












   どうか 白滝がいつも健やかでおだやかでありますように 稔り豊かでありますように
 






   では、また




   Jam








DSC_0132_convert_20160331172221.jpg












kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg







コメント欄開けていますが、
多忙につきお返事できない状態です 御了承くださいませ
あいさつ 2009.02.26 (木)
「Mint Jam」                 文章更新 2017・03







拙ブログにお越しくださり感謝です



タイトルの mint  は
オホーツク地方でかつて盛んに栽培されていた薄荷(ハッカ 寒さに強く生命力が豊かな、地下茎を張る植物)、
jam  は、我が家にいた猫(雌、三毛)の名をいただきました

鉄道ファン・長男独特の鉄道写真を見ているうちに
最近影響受けてカメラ持って線路端で撮った私の写真といっしょに、鉄道とはあまり関係のないことばをのせてます 
生活圏内のオホーツクのことを 鉄道がらみの写真と荒削りな私のつぶやきでつづっています



ブログ開設当時住んでいた遠軽町白滝での生活は9年でした
豊かな自然 土と天気と共にある生活 農仕事の風景 とくに鉄道のある風景が大好きでした
ダンナは転勤族なので永住することはありませんが 息子たちにはふるさとと言える場所になりました
そこが終の棲家となると限らないだろうこのムラの生活を 出来る範囲で丁寧にムラの風景を追えたらという思いで
綴ってきました 思い出多く 強く心寄せ続けたつもりです
2016年4月に他地域(かつてヌプウンケシと呼ばれたところ)に転居となり 白滝を離れました
大好きなこのオホーツク圏内での生活をまた ぶつぶつと つぶやいています 





DSC02542_sh01_convert_20090529142855.jpg







つぶやきの内容は かなり主観的で、感覚的で、比喩隠喩ばかりで、ひとりよがりで 
自己陶酔です 昔はもっといまよりもさらに支離滅裂で 
ときには 家族がらみの愚痴 過去の情けないけど消えない記憶
ブログと言うものを使って、「こうやって見えるようにして見ると整理しやすい」と教えてくれる方もいたので、
ためしにと、浮かんでくる言葉や歌、記憶なんかをここですくいとってみようっていうのが
このブログはじめるきっかけでした
   

DSC_0043_convert_20090601161224.jpg





言葉にはチカラがあります 「言霊」といいました。
あえて自分の決意や信条や道筋を、言葉にすることで成し遂げたり宣言したりして縛ることを「言挙げ」と言いました
となると コトバは 「私」の肉体、口と舌をツールとして使い、発し、祈り、誓わせ、捨てることでもあります
それはプラスであったり、マイナスのベクトルであったりもします
相手を幸せにしたり、悲しませたり、生かしたり、精気を吸い取ったり惑わせたりもします
言の葉の一言一句にとらわれたりもし、言葉ではなく音の調子でなにかを伝えていると気づくこともあります
ときには コトバにしたくてもできないときもあり コトバのむなしさを想うこともあり
アンテナが鈍り何に対しても響かないこともあるけど それはそのときそのときの状況次第

それらに気づいたのも こういう作業をしてみてわかったことで
ブログはだらだら続けてますが だらだら続けてきた益もあったような そんな気がしてます



ブログ始めの当初は今見かえしてもわけのわからないことを自分の満足するまで書いてましたが 
最近はむかしほど コトバを長々カタチにすることにこだわらなくなりました
たいせつな何かを忘れまいとし 記憶鮮明なままとどめるために・・・ということに必死でこだわってたけど
記憶は鮮明なままではないこと 鮮明にしようとすると盛ってしまうこと うすれていくことに抗わないようにしようと思うようになりました
自分の所業を無きことのようにしてしまうことの罪悪感に苛まれたりしても 
いちいち後ろに戻って傷をもう一度えぐり出すようなことは 何の意味もない 自己陶酔以外生みださない
抗い続ければ それだけ飾り立てることにもなるし それはたいへんつまらないし自分が見てても見苦しい
もう若くないからなのか 開き直りと言うものか
大事なものと思いこんで洗いもせず持ってたものを ようやくおろしたような そんな気になってきています


いまは 出来る限り短い言葉で 出来る限り削って 
未完でも 未完な部分もそのままに ・・・と思っています
いつか 「真の臆病者として、口を閉ざし、人生をカタらず」 それができるようになれたらなあと


そのうち突然ブログを停止してしまうかもしれません だらだら続けていくかもしれません
そんな不安定な拙いブログですが どうぞよろしくお願いします 




kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg