下白滝 2017.04.05 (水)




   









   駅舎は残ったけど駅ではないのでもう余所者を包んでくれる気配はなく
   でもひとまわりしてみたら このあたりの傷やら汚れに覚えがあって 一気にいちねんまえのことを思い出して
   柱を撫で 壁をさすって 久しぶり、とあいさつをして たぶんまたくるよと言ってみて
   横顔だけ撮って帰ってきた
   
  









(3/26 下白滝)

















にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg











下白滝 2016.11.06 (日)











   先月半ばに訪ねた白滝は
   この日 細かい雪が降りつづき   
   そのあとこのまま雪が融けてないとか
   まさか根雪?根雪じゃないよね? と こわごわみんなして言ってみる こりゃひょっとしてひょっとするぞ   




   さすが白滝だね と そこに住む知人と笑った 
   いつもここは冬の最前線









(10/23)

















にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg





下白滝 2016.08.27 (土)










   突然降り突然止み を繰り返してるうちに  それがずーっとずーっとの雨になる





   ここは信号所になってたまに作業の人が来るはずなのに 誰もおそうじしないんだなって
   床を見てちょっと恨めしく思う 











   雨降りやまず 
   


   大雨のせいでこの日からしばらくここの線路にきしゃは来なくて
   台風が3つも来て川は荒れ線路も畑も崩されて 崩落現場の工事は難しく
   少しずつ部分的に運行は再開されたけど 全部通るには一か月以上もかかるらしい 
   時間も労力もお金もかかるらしいけどもどもこもならん ぽきっと折れることなく治すしかない  
   今日も雨 ほかの地域の仲間の線路もものすごく傷んだらしくて 
   逆らえないものにはとことん逆らえないもんなんだろうかねって雨空を見る  
   そういうときには決まって
   終わったなとか陸の孤島だとか笑いながらしたり顔で茶化していく名も知らぬやつがいてさ
   ワカッテル風に冷たく分析する自分かっこよすなんてね 
   その場の誰がどれだけ傷ついてるかを想像する努力しないものに何がわかる いや自分だってそうだ
   でも雨の中手を尽くし身を尽くしているものを知っているなら笑うこと冷めることだけは絶対しない 
   と  外野の外野の立見席から自分だけの世界に引きこもりーの中心で叫んでみる
   ええ自分は感情が優位な人間です    

   


   
   



   雨は降り止まないけども 雨の中だって生きてるよ   

 














にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg





   
下白滝 2016.08.25 (木)










































にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg






下白滝 2016.08.23 (火)











   雨の晩夏に初夏の花咲く




















にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg