白滝駅 2013.01.30 (水)



ようやくあなたが眠れているんだから
夜明けはもうちょっと遅くていい



029_convert_20130129101423.jpg






にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ


白滝駅 2013.01.29 (火)
ふぶきのあした というほんを読んでたことがある 最近手にしていないけれど

児童書では有名な「あらしのよるに」シリーズの最後から二番目の巻
まだアバシリに住んでて読み聞かせのボランティアをしてたときに手にした本
オオカミ・ガブとヤギ・メイの、食べる側と食べられる側のワクを越えた友情 というか魂の物語

たいせつなひとと心底繋がりつづけるということは 決して難解ではないけれど単純ではない
慣習や民族や 家族や他との信頼や信仰やつながりや 
立場やら外見やら自分の我さえも捨てなきゃいけないないこともあり
幸せであっても穏やかではいられない それをほかのなにかのせいにしてはいけない


小学校の図書室で 昼休み読み聞かせをしていたとき
常連の女の子を探しに来たそのこの友達が 大きな声で
「あんたこんなとこで何してんの 読み聞かせだなんておこちゃまなとこにきて 意味ないし」
といって 女の子を引っ張って行ってしまった

絵本を書いてるのはおとななんだけどなあ
と ココロの中でつぶやいた私
オトナの言葉を使わずに 短い言葉で 押しつけではなくコドモの心に染み込むよう書くなんて難しい
「あなたはわたしのたいせつなひとだよ」と 
たったこれだけでも 口に出して紙に書いて伝えるのさえなんだかんだ難しいことだってあるのに
素敵な絵ややさしい言葉に、本当に伝えたいことを含めて込めて書くなんて
それをしている絵本作家って、絵本って すごいと思うんだけどなあ



本当に伝えたいことに限って伝わらない 思うように自分の気持ちがカタチにならない
だから どうせできないわからない、嗤われて悲しくなる、とか言って何もしないでいるより
難しいときは「難しいけれど、どうやってもどうやっても あなたに伝えたいんだ」
と せいいっぱい言えばいい
大学の研究室のドクターで精神科医で私のカウンセラーだった恩師が よく訳もなく泣くハタチのころの私に教えてくれた
ほんとうはそんなに難しいことじゃなかったはず 難しくしてるものは何?
本当に伝えたいことが伝わっていないのはどちら? 

   

いのちをかけて互いをまもりとおして終わった「ふぶきのあした」で完結だったはずの物語を 
読者の反響多く、その後の二人を描いた追加のような最終巻「まんげつのよるに」は児童書ゆえかハッピーエンドだったけれど、
小説版の「あらしのよるに」のラストの二人の死が作者の思うところなのだろうと 理解した
気弱な私は最終巻の一つ前の「ふぶきのあした」を読んでばかりで その先は一度読んでしばらく手にとれなかったけれど

最期にふたりが オオカミとかヤギとか いのちとか そんなもののくくりではなく
ただ違う個体の「ひとつ」と「ひとつ」が 交わす言葉も息ももうあきらめて
しずかにおだやかになんの障りもなく、思いあう「モノ」として寄り添うすがたに
それがいちばんよかったのだしそれが自然なんだろうと いまは涙なしにすんなりわかる 

繋がり続けたいと思えるもの・こと・ひとに出会えること 
ただひとつのもの・こと・ひとにめぐり合えること
それはそれは奇跡の確率なんだろうけれど 
ほんとうのさいわいっていうのは、ほんとうは それなんだろうな



幸せの基準はひとそれぞれだし 人の思う幸せと人以外のもっと多数の生き物の幸せとはまた違う
たいせつなものは・・・やっぱり目にも見えないし カタチにならないものなのかもしれない
ただ
「ただひとつのもの」に出会えた瞬間を 映像やら言語やら行動やら象徴やら、そんなものに思いを重ねて、
ほんとは「ワク」なんかいらないんだけどね、
難しい手順なんていらないんだけどねって、
そうやって互いにみえないたいせつなものを伝えあい寄り添い 思いめぐらしあうのかな、ヒトは



その小説や絵本のカタチの世界の中であっても 
互いの想いを貫き通せたガブさんとメイさんは たぶんせかいでいちばんしあわせだったろう





とりとめなく

 
008_convert_20130124155544.jpg
(長男撮影)





にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg




白滝駅 2013.01.28 (月)






           地の上に立ちてほのぼの空仰ぐ人間というかたちに生きて

                                         川端 弘


025_convert_20130126174654.jpg






にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg



白滝駅 2013.01.27 (日)


あなたの目は 不思議な色をしていて やさしかった


038_convert_20130124091939.jpg
(長男撮影)








にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ



北の風景 2013.01.26 (土)
きのう 猛吹雪の午後 
長男の通う高校に 21世紀枠でセンバツ甲子園出場決定の吉報とどく

ずっとずっと みんなみんなこのときを待ってたよ

北辺の地元の子どもたちだけが通う、公立高校の野球部のコウシエン初出場だぞ
全国大会常連の吹奏楽部の演奏もコウシエンに響くぞ

おめでとう、がんばれ

 
kousien_convert_20130125190412.jpg
(1/25 ケータイ)





にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ