2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








続 きしゃぽっぽが走る  雨宮号・秋 
















   とある日
   丸瀬布いこいの森で










075_convert_20151017224352.jpg













080_convert_20151017224638.jpg










   いつも遠方からやってきて白滝や常紋あたりを撮影にいらっしゃるブロ友さんを 初めてここにご案内



   我がムラの隣の地区には 我がマチの誇る森林鉄道の動態保存、「雨宮21号が走ってるんですよ」「ご覧になってみては」
   と その方がこっちにいらっしゃるたびに言ってみるんだけど 
   たいがいお返事は 「ほー」  のみ
   ・・・そりゃあね・・・ 毎週末やまぐち号やら 時に人吉号やら撮ってるほうにしてみりゃね・・・  
   そっちに比べたら雨宮号はほとんどおもちゃだし遊園地の乗り物だしね 興味ないよね〰・・・

   でも 雨宮号もかなりなベテランでかなりなかっこよさだと 蒸気好きに是非認めてもらいたく
   自分もいつまでムラにいられるか分かんないしご案内できるのもそうそうタイミングも合わないとだしなので
   いいから黙ってついてこいや的な感じで 今回強制「御案内」することに





084_convert_20151017225507.jpg










   いいからまあだまされたと思って一度雨宮号に会ってごらんなさいましな いい煙なんすから
   と
   いこいの森の中のここと思われるポイントを歩きまわり
   かわいらしい雨宮号の姿と 勇ましい汽笛の声を どうだとばかり連れまわし 
   晴れてはいたけど結構な強い風の中 なんとか撮影できた模様





094_convert_20151017225551.jpg










   「ほーえーーーーーーー」 という長めの汽笛 まるで絵本のような車体のシルエット 
   乗車した時のレールの継ぎ目の音 固いサスの衝動 熱めの煙や蒸気の匂い
   どうやら楽しんでいただけたようで たいへん良い感想を聴くことができました




097_convert_20151017230036.jpg








   マチの宝を御案内できて 自分、勝手に満足です
   お付き合いありがとうございました まだどうぞ雨宮号に会いに来てやってくださいね

   


102_convert_20151017230120.jpg











082_convert_20151017234710.jpg













丸瀬布いこいの森は 本日10月18日で今期の営業を終了です 雨宮号も今日でいったん冬眠に入ります
雨宮号を動かしている関係者皆様ご苦労様でした、感謝です
また来年のGWに逢いましょう

030_convert_20151018164432.jpg


033_convert_20151018164645.jpg







にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg
[ 2015/10/18 ] 雨宮21号 | TB(-) | CM(8)

いまね 僕の手元に一枚の乗車券があります
あんときから九州に戻るまでずっ~とたいせつにポシェットにいれてました
帰りの飛行機のチケットと残り少なくなったお金といっしょに(笑)

それには ・・・
森林鉄道雨宮21号乗車祈念 
森林鉄道蒸気機関車 雨宮21号 
Forest Railroad 「Amemiya21」

と あります

ちなみに僕の乗車券はNO337729でした
  
乗車券の裏には ・・・

北海道遺産 雨宮21号
雨宮21号機関車は昭和3年、東京雨宮製作所で製造された森林鉄道用11トン蒸気機関車で丸瀬布武利意
森林鉄道で昭和33年まで木材運搬で活躍しました。
用途廃止後、関係者の努力で町に譲渡され、昭和54年に日本唯一の森林鉄道用蒸気機関車の動態保存が
実現しました。

と 記されてます

さっそく この乗車券は僕のパソコン机の
記念品コーナーに展示です(笑)


晴れましたね
雲が吹っ飛んでゆくほど風は強かったけど 晴れてくれましたね

渡道して動き出した翌日は台風23号で
予定していたようにはファインダーをのぞけず
石北本線はいちにちウヤ 翌日もお昼までウヤ

しょぼくれて弱り切ってる僕を
無理やり首根っこつかまえてここに連れてきてくれた
Jamさんにはまじおびえました(笑)

でもそこにあったのは ・・・ これでしょ
線路と煙とドレインのあるこの黄色いおとぎの風景
汽笛なんか “ホエェェェェ~~~“ですよ(笑)

8の字?になってた思える鉄路の脇には
素敵な木立があり小さな池には色付いた葉っぱや雨宮号のかわいらしい車体が水鏡になっていて
子供たちの歓声が強風に負けないくらいあがって

3時間の時はは夢のようにあっというまに過ぎてしまってました
この乗車券 今 手に握って目を閉じたら
あんときのガタンガタン ゴトンゴットンが
よみがえります 夢の揺れでしたよ(幸)

拉致してくれて ・・・ ありがとぉ!

(あの時 あそこのアイスクリームきっと食べたかったんでしょ? Jamさん ・・・ もっと暑い夏の日がいいと思いますよ)
[ 2015/10/18 09:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

まずは 長旅ごくろうさまでした
御無事におうちにお帰りになられて何よりでした

超大型台風でどうなることかと思いましたが 事故やけがもなくて良かったです
そうそうにJRは運休を決めていましたので そりゃあ鉄道風景なんか撮れませんよね・・・・・
雨宮号の走る土日はなんとか雨も上がる予報でしたので これは首根っこ捕まえて連れて行かねばと思っていました(笑)

なかなかよかったでしょう?!
雨宮号ちいさいけれど馬力も元気も迫力もあるんですよ 
汽車のガタンガタンと モクモクの煙の臭いと熱 れっきとした蒸気機関車ですよ 

身近なところに いつも蒸気機関車が走っている
こんなぜいたくなことはありませんね 
どうしてもお連れしたくていたのをようやく実現できました 
雨宮号に会い 好きになってもらえたら 元気になってもらえたら こんなにうれしいことはありません
よかったです

普段撮り鉄されてるでしょうから 乗車したのもいい思い出になったことでしょう
機会があれば またどうそ会いに来てやってくださいね 


ところでアイスクリームは
いいんです あのときはいらなかったというかそんな時間も惜しかったですし 
まあ そのうち食べます そのうち だから いいんですよ・・・エエ・・・・べつに・・・

[ 2015/10/18 17:29 ] [ 編集 ]

はじめまして

はじめまして
いつも楽しい写真と軽妙な(時々難解な)コメントを楽しませて頂いている首都圏在住の老鉄ともうします
タブレットさんより数日早く雨宮君を訪ねました。(乗車券No.337651) 現役SLの動輪の輝きにうっとりしました。 静態保存機の銀ペンキとは全くちがいます 機関士さん?の話では”煙管は交換したけれど、ボイラー本体は製作時のまま"とか、関係各位の熱意に感謝します。
白滝シリーズの各駅も尋ねました。驚いたのはすべての駅がきれいに掃除されて、花が生けられていました。地元の方々に愛されていると感じました。
上白滝駅で掃除をされているおばあさんと少し話ができました。”利用者がないのだから列車の通過はしかたないのだろうと思うけど駅舎は残してほしい”とおっしゃっていましたが、多分難しいのでしょうか。
JR北海道のえらいさんも、将来あの世とやらで大先輩に説明できる方針を一足先に地元に説明する義務があると思うのですが・・・(小生は国鉄分割、民営化が間違いだったとおもっていますが)
石北線に入る前に寄った神居コタン駅跡と丸瀬布で時間を使った為、遠軽駅と公園の'戦時型D51’が見られませんでした。また行かなくては。
丸瀬布の道の駅でジャガイモのレシピ本をもとめました。しばらくはジャガイモ料理と白滝の思い出をたのしめます。(蕎麦もおいしかった!)
向寒の折、風邪など召されませぬよう、楽しい写真をまっています・
[ 2015/10/18 21:31 ] [ 編集 ]

 ご無沙汰です
 今日もいらしてましたね。
 お声がけせずに失礼しました・・・
[ 2015/10/18 22:32 ] [ 編集 ]

こんばんは。

雨宮号、愛されているのですね~
冬の間しっかりと英気を養い、
また来年、その雄姿を見せてもらうのが楽しみです!

自分も機会を見つけて会いに行きたいです。
[ 2015/10/18 22:43 ] [ 編集 ]

Re: はじめまして

老鉄さま こんにちは

ぶつぶつつぶやく拙ブログ(^^;)見てくださいましてありがとうございます


雨宮号は見た眼本当に絵本の世界から出てきたような可愛らしい機関車なんですが
ちかよるとやはりそこは働く機関車 すごみもあります
こんなに長く働き 愛され 雨宮号は幸せな機関車だなあと 常々思います

> 白滝シリーズの各駅も尋ねました。驚いたのはすべての駅がきれいに掃除されて、花が生けられていました。地元の方々に愛されていると感じました。

そう感じてくださると本当にうれしいです ありがとうございます 
地元の大いなる熱意から敷設されたこの石北本線 そして白滝の各駅
あの当時きしゃがおらが村に来たと言うことがどんなにすごいことか 
なんとか 廃止とされてしまったその日までは あるがままの駅舎の姿をとどめてほしいなって思いますね

> 上白滝駅で掃除をされているおばあさんと少し話ができました。”利用者がないのだから列車の通過はしかたないのだろうと思うけど駅舎は残してほしい”とおっしゃっていましたが、多分難しいのでしょうか。

そのおばあさん(若松さん)は おじいさんがその駅を利用しているので おじいさんが使う駅だからと花壇の手入れを何年も何年もされています
秘境駅を訪ねる鉄道ファンと交流するのも楽しみで 今や駅はいきがいなのではないかと思います
その若松さんのためにも ひとりのひとのいきがいのためにも 駅残してほしいですね
駅舎も 近所の子供のあそびばでもあります
農家で忙しい時期には子どもたちが駅舎の中に集ってゲームしてますし

新幹線が北海道に何をもたらすのか 私にはいまだにそれがいいものとは思えないままです



> 丸瀬布の道の駅でジャガイモのレシピ本をもとめました。しばらくはジャガイモ料理と白滝の思い出をたのしめます。(蕎麦もおいしかった!)

これも嬉しいコメントです ありがとうございます じゃがいもレシピ本を作ったみんなが聞いたら喜びます!
私のブログのリンク先にある「大久保農場」「えづらファーム」はその本の執筆編集にあたられた農家さんで
ネットからジャガイモも購入できます よろしかったら覗いてみてください(^^)


雨宮号も冬眠の準備に入り いよいよ雪の覚悟も本気でしないと と 思っています

どうぞ また お越しくださいね 
[ 2015/10/19 12:26 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

でび父さま こんにちは

おひさしぶりでございました(^^)
こちらに来られていた二日間 良い天気でしたね(^^)

わたしもこそこそと見ておりましたので挨拶もできず失礼いたしました
いづれ また!

[ 2015/10/19 12:28 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

tetsuさま、こんにちは

雨宮号、愛されてますよ~
いろんなものが失われていく沿線ですが こればかりは本当に皆様のご努力で
元気よく走り続けてくれています 感謝です

機会がありましたら是非! 絶対気に入られることと思います!
[ 2015/10/19 12:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する