石北本線 2015.10.25 (日)









   アサー












 







001_convert_20151023124253.jpg







   次男がまた兄ちゃんの住むマチに遊びに行く日

   連日このあさいちの便は常紋で空転続き 利用者にもJR職員にも大変困り果ててる案件 
   いつもいつも2時間遅れとかなので 次男にはきしゃで行くのやめて車でいこうか?とも聞いたんだけど
   いろいろあるからきしゃのほうがいいんだよ とのお返事
   遅れるとしても かあさんにおくってもらうんじゃつまんない 自分ひとりできしゃに乗ることが大事なんだし




005_convert_20151023124513.jpg



007_convert_20151023124704.jpg











   定時に出発したはいいけれど 案の定、常紋で空転 これは霜や落ち葉の影響 
   むこうのマチで待ってる兄ちゃんからは 空転でダイヤが乱れている、遅れが出ているの情報がかあさんとこにあり
   常紋146あたりで写真撮っていらっしゃるブロ友さんからも なかなかあがってこないと情報入手
   結果 やっぱり2時間遅れで目的地に着くことに

   次男の話では 運転士さん、乗務員さんはもちろん 線路沿いにいる保線作業の方々もみな鬼気迫る状況で
   ちょっとした修羅場 あれもやってみるこれもやってみる 乗客の苦情への対応、無線連絡飛び交うコクピット
   「運転士さんと車掌さんの掛け合いが なんか面白かった」と次男は言ってたけど
   その内容を聞いたらそんな笑い話のレベルじゃない、焦り感困り感満載
   「常紋チャレンジ」と勝手に名づけてしまった峠越えは8回トライで9回目に成功したのだとか
   乗客のみなさんは不安げ 次男は乗り合わせた乗り鉄のお方と時刻表見ながら接続便の確認を手伝ったのだとか

   JR北の空転対策も 毎年のことなのになんだかうまくかみ合っていないようで 現場のいらだちが伝わってくる 
   ローカルな現場の声は 新幹線をめんこめんこしてる上層部にはなかなか届かないものなのだろうなあと 
   思い知った気がする
   次男も いろんな立場の人が絡んできしゃが動くってことがどういうことなのか いろいろ学んだのではないかと思う







   兄ちゃんとこで遊んだ時間は短くなっちゃったけど
   たしかに いろいろあるからきしゃに乗るんだ っていう気持ちは なんかわかる






039_convert_20151023124807.jpg
(常紋チャレンジ中の写真 次男撮影)














にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg
Secret