2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03









届けてみました












   線路はつづくよどこまでも
   を
   信じ




















   少し前 
   駅存続への願いというかなんというか ずっと思ってた疑問とか そんなようなモノを北の鉄道会社へ「お手紙」しました
   届くとは思う  けれど 読んでもらえるとは思えないし ましてや返事なんかも来ないとも思う
   まあなんもしないよりはね ちょぴっとぐらいはお世話になったムラへの恩返しもせねば
   でも ちゃんとつたわるといいな というのが本音






にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg


[ 2015/11/04 ] 石北本線 | TB(-) | CM(4)

>読んでもらえるとは思えないし ましてや返事なんかも来ないとも思う

そうかな・・・
読んでくれると思う。
ただ希望に沿うような答えが出なくても、きっと気持ちは伝わると思う。

私は信じたい。

[ 2015/11/04 15:25 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

読んでくれるといいなあ・・・・

さいしょからあきらめてちゃいけないですよね汗

せめて 利用者のいる上白滝駅だけでも 残してほしい 
地域と共にあった駅を 残してほしい
此処を設立つするためにたくさんの先人の苦労が合って でも なくすなんて簡単 どうかもっと大切にしてほしい


この気持ちだけでもなんとか 届いてくれますように


[ 2015/11/04 17:20 ] [ 編集 ]

むらの汽車

こんばんは

白滝町としてのJR北への働きかけは無いのでしょうか?

私の母は白滝町のライバル?の道南の男爵芋の産地の出身で、子供のころ夏休みにC11の引く2両ほどの客車に乗って私たち姉弟を連れて里帰りしていました。その時祖父に’おらのムラに汽車をひいた苦労話’を聞かされました。今考えるともっと真剣に聞いておけば・・・と後悔しています。積雪のあまり多くない地域の盲腸線ですから大きな反対も、3セクの話も無く廃線になりました。
10数年後 父が他界した後、母に北海道旅行をプレゼントしましたが、姉が連れて行ったのですが”汽車が無くなっていては 行き方が分からない”といって、母が幼い頃住んでいた函館だけ見て故郷には行かずに帰ってきてしまいました。皆に”なんで?”と聞かれましたが返事はなし。祖父の苦労話を沢山聞かされていたでしょうから、汽車の無いふるさとは見たくなかったのかも と推測しますが・・あの世へ行ったらきいてみます。

あちこちで無残な記念物を目にします。管理できなくなって老残の醜をさらすのは機関車も駅舎もかわいそう。松前線の跡を見に行った時には風が強く、橋脚が笛になってなっているのが泣いているように聞こえてしかたありませんでした。鹿追町の拓殖鉄道8620も酷い状態でした。

ご存知でしたら教えて頂きたいことが  
中湧別の駅跡に車掌車が3台展示されていますが 連結器がなく連結面が密着しています。(もしかすると溶接されていたかも)何か訳があるのでしょうか。

先日のコネント訂正 ジャガイモのレシピを購入したのは 道の駅”白滝”でした。雨宮君のことを考えていた所為か”丸瀬布”と書いてしまいました。

[ 2015/11/04 22:52 ] [ 編集 ]

Re: むらの汽車

老鉄さま、こんにちは



> 白滝町としてのJR北への働きかけは無いのでしょうか?


遠軽町で9月にJR北海道へ上白滝駅存続の要望書を提出しています
いま、白滝は合併して遠軽町白滝なので、白滝地区の声を遠軽町が上げてくれたという形になるのでしょうか
合併前の白滝村の時代だったなら もっともっと強いアピールがあったのかもしれないなと
ちらっと思いますけれど こればかりは憶測です

>汽車の無いふるさとは見たくなかったのかも と推測します

私の故郷も 都市の中の廃線跡のすぐそば 今はサイクリングロードとして大いに活用されています
ですが ついつい 私の記憶の中にある、汽車の通っていたころの映像が いまのサイクリングロードを見ても浮かんできます
現実のモノを見ているにもかかわらず、そこに思い出が見えてしまうのですよね
いまはない とわかっていつつも です
きしゃの思い出は 強いものですね

>
> ご存知でしたら教えて頂きたいことが  
> 中湧別の駅跡に車掌車が3台展示されていますが 連結器がなく連結面が密着しています。(もしかすると溶接されていたかも)何か訳があるのでしょうか。


私にはちょっとわかりかねます・・・知人にきいてみますね
近くなので 実際に見に行ってみようかな 
中湧別駅跡 たしかに 跡は残っていますが 
いろんなものがつぎつぎに削がれ、ずいぶんはしょられてしまいました 
此処に駅が合ったことを証明するものは残っているにも関わらず 正直昔の面影をみつけられずにいます
廃線 廃駅の のこしかた たいせつにされているのかどうか
今後の白滝の廃駅の行く末も問われそうです



>
> 先日のコネント訂正 ジャガイモのレシピを購入したのは 道の駅”白滝”でした。雨宮君のことを考えていた所為か”丸瀬布”と書いてしまいました。
[ 2015/11/05 22:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する