自分ごときが










   私ごときで
   季節はとまらない 















    

   なにか遺せただろうか

   なにか還せただろうか 




   と 風来坊つぶやく





016_convert_20151114134725.jpg










にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg








昨日の新聞の記事


「高齢者の交通手段維持は「社会福祉の範疇」で我々には面倒見切れない」
んだと
鉄道の社会的意味である「地域の足」をばっさり否定してしまうとは いくらなんでもなしだよ~ と 声に出てしまった
公共交通機関としての自覚を捨てて利潤本位になってしまったと 地方に住むものはもう鉄道には何も期待しない声が多数
怒りやあきらめとか通り越してもう虚無感いっぱい 
これはほんとうに仕方のないことなのかな?私が無知か?地方の民はわがままか?私ら丸めこまれてないか?
 
    
DSC_0373_convert_20151117133910.jpg

IMG_20151117_111917_convert_20151117134011.jpg



せめて息子たちには「旅」「生活」をなんとかして北の鉄道に戻してほしいと ささやかに願うのみ


[ 2015/11/18 ] 下白滝 | TB(-) | CM(6)

こんにちは

10日ほど前に北海道を訪問しました。

JR北海道のシニア向けのサービス悠遊旅倶楽部が28年で終了し、ジパング倶楽部はJR東日本の大人の休日倶楽部へ移行する旨のポスターを見て
JR北海道の窮状が垣間見えた気がしました。

函館駅ではkioskが閉店、ホームの駅そばもなくなり
代わりにセブンイレブンが開店していました。

毎日新聞では 北海道新幹線の2016年から2018年の収支見込みは50億円の赤字となると記載されてました。青函トンネルの維持費と雪害対策費が重しだそうです。
加えて北海道新幹線は他の新幹線よりも割高な上に
航空機との競争では時間的に圧倒的に不利!!

マイナス面ばかりの北海道新幹線を果たして道民の方は喜んでいるのでしょうか疑問です。

その北海道新幹線の穴埋めをローカル線の廃止で何とかしようという意図が見え見えの気がします。
[ 2015/11/18 11:18 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

オバ鉄様こんにちは

> JR北海道のシニア向けのサービス悠遊旅倶楽部が28年で終了し、ジパング倶楽部はJR東日本の大人の休日倶楽部へ移行する旨のポスターを見て
> JR北海道の窮状が垣間見えた気がしました。

つい先日 息子からこれに入ってねと営業されました(笑)
もはや JR北海道だけでは何事も進まないのかもしれません

>
> 函館駅ではkioskが閉店、ホームの駅そばもなくなり

つい先日遠軽駅100周年イベントがあり 駅舎の誕生を祝いましたが
やはりこのえきのkioskも今月末で閉店になります
あれもこれもなくなっていく ほんとうにさびしい

新幹線を喜んでいるのはいったい誰なんでしょう
少なくとも私の周りにはいませんし オホーツク圏のものにはその恩恵はありません
新幹線は 北海道民のものではなく 北海道に来る人のもの あるいは それを作りたがった人のものです
私たち地方のものの生活は中央のためにあるわけではない
私たちの生活は 誰かの穴埋めのために虐げられるものではないのです
なんとしても 
北の鉄道が生活に戻り 旅に戻り 温かみを取り戻してほしい
半分あきらめ でも 息子たちの大切な鉄道だから まだ願いを込めています 
[ 2015/11/19 12:18 ] [ 編集 ]

民間企業なのでしょうか

「社会福祉の領域」は純民間企業の言い分としては至極当然と思います。
しかし災害復旧は全て税金頼み、残して欲しいなら税金で赤字補填しろでは親方日の丸の国有鉄道そのものではないですか。
ならばあくまで国民の共有財産である「国鉄」として議会制民主主義の下、国民あるいは地域住民の代表者が議論し、
公の税金で存続させることは出来ない旨の説明責任を尽くした後に「廃止」の結論なら文句は言いません。

どちらでも結論は同じだったとしても、枕木一本骨一本と言われた先人の労苦の結晶であるレールを剥がすには、相応の礼節が必要だと思うのです。
「民間企業の手形」を与えたのは大きな過ちだったかと過去を悔やみたくなりますね。

中央とは無縁な所で黙々と役割を果たし続ける現場の鉄道員が、誇りを持てる会社であって欲しいと思います。
[ 2015/11/19 21:48 ] [ 編集 ]

Re: 民間企業なのでしょうか

こんにちは



> 「社会福祉の領域」は純民間企業の言い分としては至極当然と思います。
> しかし災害復旧は全て税金頼み、残して欲しいなら税金で赤字補填しろでは親方日の丸の国有鉄道そのものではないですか。
> ならばあくまで国民の共有財産である「国鉄」として議会制民主主義の下、国民あるいは地域住民の代表者が議論し、
> 公の税金で存続させることは出来ない旨の説明責任を尽くした後に「廃止」の結論なら文句は言いません。

もうね、なにがどうなのか 私つくづく頭が悪いなあって思います
おっしゃることすごくよくわかります、その通りだと思います
時に民間企業の論理を語り、時に官営の体を取る ずいぶん地方の人間は振り回されてるなあって思います


>
> どちらでも結論は同じだったとしても、枕木一本骨一本と言われた先人の労苦の結晶であるレールを剥がすには、相応の礼節が必要だと思うのです。
> 「民間企業の手形」を与えたのは大きな過ちだったかと過去を悔やみたくなりますね。

そこなんですよね
仕方のないこと とは 誰だって思う部分大ありなんですよ
でも その言い方 といいますか あまりに人心をベリベリはがすようなやり方は全く賢くないですね
先人の敷いたレールがあって それに対する「礼節」は決して感情論でもないと思うんですよね

>
> 中央とは無縁な所で黙々と役割を果たし続ける現場の鉄道員が、誇りを持てる会社であって欲しいと思います。

息子は 鉄道が大好きで 鉄道にいろんな場面で救われ 
好き と それを仕事にする というのは別物だという意見を超えていまぽっぽやになって仕事していますけれど
自分の好きな鉄道がそんな風に言われるのは悲しいだろうし 現場の人間として複雑に思っているだろうし
つらいだろうなと思います 
いま息子にできることは ただ 誠実に自分の業務をこなし 
明るく いい笑顔で 旅人を迎えることであると それが明日の北海道を乗せて走る北の大地の鉄道であると
誇りをもって努めて それでも北の鉄道を信じたい そんな思いの若者がいることを会社は忘れないでほしいなと 私の願いはそれだけです

[ 2015/11/20 12:58 ] [ 編集 ]

こんばんは

PC不調で今日徒然草を数日分まとめて拝見しました。

風太郎様のコメント100%賛同します。JRの開き直りは故意なのでしょうか?本当にそう思っているのでしょうか?

新幹線は決して”薔薇色”とは考えられません。まして来年の函館まででは。

今まで主に廃線跡を回って来ました。友人は”なんで廃線ばかり?”と言うのですが、若い時に行ってみたかった路線は、気軽に北海道に行けるようになったときには、殆ど廃線になっていただけのことで・・手元にある33年前に刊行の”ローカル線を行く北海道編”に記載の路線は宗谷本線、留萌本線以外すべて(12線)なくなっています。
石北本線を見てホッとしました。やっぱり列車が走っての鉄道なのだ。と

ご子息たちが鉄道に(JR北に)失望する日が来ないよう心より祈っています。

成人したご長男と乾杯、たのしみですね。子供の成人は区切りではありますが、成人後も大きく対応を変えなくても良いのでは?(かわいい大切な子供なのですから)
我が家では妻が今春結婚した娘にチョッカイを出して、しょっちゅう怒られています。”いい加減に子離れしたら!”と。先日、2冊購入したジャガイモのレシピ本の一冊は、保育園の栄養士をしている娘の家に遊びに行く口実になりました。

乱文失礼。くろこさんと一寸遊んで寝ますか。(くろこさんのヒゲを引っ張ると怒ると面白いのでは・・)
[ 2015/11/22 22:40 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは
いつもお越しいただきありがとうございます、感謝です


> JRの開き直りは故意なのでしょうか?本当にそう思っているのでしょうか?

この記事が出てからもいろんな動きがあったようで
いろんな立場の方からいろんな意見もあるようです
日高線に関しては
「地域住民が通勤通学買い物にとても不便を強いられているから JRが復旧してくれなくては困る
 復旧するからには 乗客がより多く列車を利用することができるようダイヤも見直し 地域で企画のようなものも考える
 ならば より具体的な数字、より具体的な企画、リサーチをすべき」
残念ながらわが白滝は日高とは違ってそこまで利用客もいないし 観光の目玉になるものも少ない
鉄道としての使命は だんだん薄れてしまっているのも事実です
おっしゃるとおり、列車が走ってこその鉄道、乗ってこそ、利用されてこその駅
たった一人二人のためには なかなか ・・・・・難しいところです

ここ何年かの白滝での暮らし 鉄道の変わりよう いろんなことを通していろんなことを学びました
公の数字には出てこない地域住人の暮らしや思い これはなかなかほんとうに伝わりにくいものですね

息子たち、優しい子に育ちました
かあちゃんのわがまま(笑) 素直に聞いてくれます 本当ならうざいとかいってしりぞけられるものを
優しく大きな心で(笑) 許してくれます これ以上の恩返しはないですね
女の子を育てたことがないので きっと女の子はもっと気軽に口答えもできるのでしょう(私が母に対してそうでした笑) 
それがまた親愛のしるしなのかもしれませんね

> くろこさんと一寸遊んで寝ますか。(くろこさんのヒゲを引っ張ると怒ると面白いのでは・・)
いろいろとやってみてください(笑)しっぽとかみみとかあしとか いやしのくろこさんです(^^)

[ 2015/11/23 18:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する