2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07









いつもきみたちがいて












   用事を済ませて振り向いたら
   いつものようにちゃっちゃっちゃっちゃっとリズミカルな軽い足音で
   なあにさ、 あいさつもせんでいっちゃうんでないべね て いつものようにわんこたちが集まり、ウエルカムの嵐


















   一番最初に わがムラにいらっしゃいませする役目も担って 

   いいこだね ほんとにきみたちはいいこ この冬も元気でね
  




DSC_0052_convert_20151130123627.jpg











にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg
[ 2015/12/01 ] 下白滝 | TB(-) | CM(6)

いたずらくがきだから、NGだったらくちく(くじょ)してくださいましなのだ!

はじめて いたずらくがきするのだ。

このわんこたち、ふつうにしていればかまないのはわかってるけど、
ここくるたんびに、こわかったのだ。

ほえられはしたけど、かしこいからぜったいかまなかったのだ。
・・・もいちどしらたきいきたいのだつるみん
[ 2015/12/26 15:54 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/12/26 16:24 ] [ 編集 ]

Re: いたずらくがきだから、NGだったらくちく(くじょ)してくださいましなのだ!

こんにちは



> はじめて いたずらくがきするのだ。

あ、このコメントに事ですね、駅の壁への落書きなのかと思ってちょっと警戒しました(;^ω^)

>
> このわんこたち、ふつうにしていればかまないのはわかってるけど、
> ここくるたんびに、こわかったのだ。

皆さんそうおっしゃいますよ、でも、吠えるのがここのわんこたちのお仕事なのです、
怖くて当然ですよ、てゆうか、こわくないと
きっとこのわんこたちのお仕事にならないのでしょう、熊やシカやキツネを追っ払うのですから。

こちらがわんこたちに意地悪しない限り、かしこいこたちですから、フレンドリーに接してくれますですよ

3月以降もこの駅舎はもしかしたら残ってるかもしれません(信号所として)
でも 駅舎の中に入れるのも 夜の明かりがつくのも3月までです
機会がありましたら ぜひまた 白滝の風景に会いにお越しくださいね



[ 2015/12/26 20:15 ] [ 編集 ]

鍵コメ様、こんにちは

鍵コメさま、こんにちは
お言葉、何度も何度も読み返しました
丁寧にコメントくださり感謝いたします

鍵コメにたいするお返事なので、少しぼやけた表現になるかもしれませんが、
私も精いっぱい丁寧にお返ししたいと思います 言葉足らずなところはご容赦くださいね、あわただしい年末ですし(^^;)

まずは、貴殿のお心づかいに対し感謝申し上げます
そして、きっと大変な思いをなさってこのコメントを書いたのではないかと推測します、その勇気というか、
そのお気持ちに 強く強く敬意を表したいと思います
軟弱な私ならきっと こんなお言葉を書くことできません ほんとにすごいお方だなあって思いました

ひとつひとつ、お返ししますね
あのブログの件については、書きましたように、あくまであのブログの管理人様の見解であります
その価値観、考え方には人ぞれぞれですので 「駅ノートの記載内容」については気にする必要はないと思いますよ
私は 駅ノートについて多少記事にはしましたが 訪れた方々が何を書こうと内容については何にも意見はありません
駅に寄せる気持ちをノートの中でカタチにするのはその人それぞれですから そこは個人の自由ではないかと 

私が気にかかることはそこではなく、
駅へ寄せる思いや この駅に来た自分の証を、ノートではなく壁に書いてしまう方がいることです
あのブログのコメントにも書いたのですが 丁寧な達筆な文字で、素敵な内容のお言葉を書かれた方がいたようなんですが、
それは「壁」に書かれていました 壁に書いた時点でそれがどんなに素敵なものでも落書きなのですよね
やはりこれは個人のものではないので ・・・この建物はまだ「駅」なので それはまずいんじゃないかと
北浜のような駅とは比べようもありません なんていうか、ここはそれが「売り」ではありませんもの  
駅ノートあってもなくっても私はいいんですけれど、駅ノートの存在は そういった意味でも受け皿としてあったほうがいいななんて私は思っています、今は。
それにしても・・・最近紛失したんですよ なぜなんでしょうね、地元の方々もあんなに思いの詰まったものを、と大変残念がっておられます ほんとに残念 戻ってきてくれるとうれしいんですけれども・・・・

さて もうひとつ、気がかりと言っておられたものについてですけれども、
安心してください、不愉快に思われてませんよ(#^^#)
件のものは、じつは、保線作業員の方が休憩時間にニコニコと手にとったりしてるんですよ まだあるんです!
あまり目に余るもの(エロ本とかね、ここ近所の子供の遊び場でもあるんで)は別として ピリピリと目をとがらせるものでもないって思います
JRの駅の方とも話しましたけれども、いつか本は撤去したいと申されていましたが、その話をしてからもうずいぶんと日がたっています そこまで目くじら立ててもつまんないですものね、こんな田舎の駅で・・・
なーんもない、何の気配も感じられないような空間は独房じゃないのだから、つまんないですよ
ようするに 限度 のはなしです 

駅ノートにも、上白滝駅に置かれている本についてにも、両方に言えることなんですけれども
駅ノートが駅舎の中に置かれている 本が何冊かおかれている
この状況が 次 また何かを置かれてしまいやすい環境になっているということは現実で
じゃあ 次に自分もここに本を置こうか とか 次何かまた置こうか と、次々予想だにしなかったものまで増えていく
それがヒトの心理なのでしょうね きっと。
でも それもほんとうについ最近 というか 廃止のニュースが流れてから過剰になってしまっているようです
気持ちや情けを感じられるレベル以上の、私有物化してるんじゃないかぐらいにまで行ってしまうことがたびたびあることを
あのブログの管理人様も危惧されているのだと思います それについては私もうなづいています 個人的見解ですけれども 

私は駅のノート含め駅舎の管理人でも何でもないですし(しいて言えば掃除するぐらい)地域で各駅舎の周りを整えてくださっている皆様もそうなんですが いままでこんな特別なんにも監視とかしてこなかったんですよ
最近訪れる人が増えたことで ごみも増え 吸い殻も増え いろんなものを置いて行かれ さらにそこにごみが置かれ
盗難にあったりもして・・・・うーん・・・・・・ 
いままでこういうことなかったよな、と 地域の人もため息です 

情のないきれいーなだけの駅はちょっとね、でも 物事には限度っていうものもありますし、いわずもがな、な、ルールみたいなものもあります 今までそこを保ってこられていたのに、さいきん、
なかなか、今までの通りの駅のままでいることって こう注目度高くなると難しくなるものなんだなあって
思います
私は 善人ではないですし 何の権限もないいち住人ですのでなんの偉そうなことも言える立場ではないんですが、
ただただ、今まで通りの駅をこのみこの駅を訪ねていらっしゃる方々に がっかりはしてほしくないなあ、と
地元に住むものとして感じてはいます ようするに私もこの駅が好きですからね、ただそれだけのことなんですよ

今 各駅には再び駅ノートが置かれています どこかの鉄道ファンの方が知らぬうちに置かれていったものもありますし
地域の方が置いたりしています
3月末までそれがまだ残っていたなら、ムラの教育委員会に預けようかと思ってます
ここに来る方がそれを見たいと思われたならそこに行けばいいかな、なんて まあ・・・私が管理してるわけではないので、
あくまで、駅ノートが廃止のその日その時まであったらの話です
私ができることはこれぐらいかもしれませんしね


コメントありがとうございました そして
拙ブログにお越しくださいましてありがとうございました



ひとつだけ・・・貴殿のさらなるご意見について・・・私のこのブログのコメント欄で述べることがよいことなのかどうか・・・
貴殿のたいせつなお気持ち・ご意見は、
こんな辺境のブログなんかよりも もっと 多くの人に伝えられる場のほうが良いのではないかと思うのですけれども・・・・・(;^ω^)
  
 


[ 2015/12/26 21:15 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/12/28 13:07 ] [ 編集 ]

鍵コメさま、こんにちは

鍵コメさま、
こちらこそ、鍵にたいしてえらく長いお返事書いてしまいすみませんでした、
おろそかにしてはいけない事項でしたのでね、、、ついつい


おっしゃること
ほんとにその通りだと思いますよ
ルールは守るべき
でもそこに情がなくては味気ない
ここんところを深い思慮なくただのコピペの感覚でやってしまいがちなところが
なんていいますか、粋じゃないなあって思うんです
おかしな個人主義のまかりとおる世知辛い雰囲気

駅廃止のその日までなんとか
おだやかに この駅を思って来てくれる方々の旅の良心のようなものを信じつつ 保ちたいなぁと思います

ありがとうございました
[ 2015/12/29 19:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する