さようなら白滝








   みなさまへ




   このたび わたし 白滝を離れることになりました










   ダンナの異動に伴い 白滝の地を離れ 違う場所にお引っ越します





   ブログは閉じません、いちおうまだこのままにしておこうかと思います

   新天地も石北本線や釧網本線にほど近く 自然豊かなオホーツク圏内なので 
   そのうちまた落ち着いて 素敵な鉄道風景に出会ったら 更新すると思います
   でも 引っ越し作業に伴い超多忙な毎日なため すこしおやすみします







   白滝の風景を愛してくださってこのブログを訪ねてくださった方に 感謝します
   ありがとうございました







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


DSC_0088_convert_20160329233838.jpg






DSC_0093_convert_20160329233919.jpg
(3/25 旧白滝)













   いつも拙ブログに足を運んでいただき 本当に感謝です
   ほんとうに 我ながら勝手な、支離滅裂なブログで それなのにお付き合いくださり ありがとうございます

   鉄道好きで文字通り鉄道とともに生きてきた長男と その影響で鉄道大好きになった次男とのおかげで
   鉄道写真があふれかえっていて その写真と共に私の全く関係のない言葉とで始めたこのブログでしたが
   私も息子たちの影響でカメラを手にし 鉄道のある風景写真が好きになり 
   むすこたちといっしょになって鉄道風景を追いかけてきました 本当に楽しい日々でした

   白滝の鉄道風景と農村風景は当たり前の「生活」と「仕事」を教えてくれましたし
   一歩 外に出て 散歩をする  そんな当たり前にできそうなことが自分にもできるんだと知りました
   カメラもってうろうろしている自分が形にできたのは相変わらずわけのわからない言葉と 白滝の風景を収めた写真とで
   鉄道ブログというのもおこがましくありはしましたがなんとかここまでやってきました
   白滝の風景がとにかく大好きでした 

   石北臨時貨物からDD51が去り 白滝の小さなマチの中での変化も早く 
   たいせつにしていたものが世間の都合で消えつづけ そこに白滝の3駅の廃止のニュースが入り また減便のニュースも入り
   どうもじぶんひとりでは何するにもチカラがないことを思い知らされる中で、それでも淡々と季節は巡り
   こんな自分にできることは何か を考え続けました が できることはそもそもそんなになくおばちゃん小言を言うぐらいです 
   あきらかなルール、いわずもがなの空気、旅人のきもち、住人の気持ち、ひとつひとつ取り上げたら
   過剰に反応しすぎといわれたり 、鈍感を装い嘘っぽくなるのも変ていわれたり  まあいろいろ、いろいろでした
   私の不遜な態度に批判を受けることも結構たくさんありました 申し訳ありません
   正義や博愛を振りかざすつもりはまったくないです ただただ自分の経験から湧いた基準だけで勝手に出しゃばりました
   そういうブログにするつもりはなかったんですけどね 私など人のことは言えない人間ですし

   
   多くはいたわりあいの日々でした たいせつなひととの出会いと重ねた思いに感謝です






DSC_0125_convert_20160331172114.jpg



DSC_0131_convert_20160331172136.jpg
(3/30 上白滝)













   そんなこんなで 白滝を離れます

   転勤族と言われるダンナの職業故 とくに今年は年度当初から覚悟してましたし
   今年いちねんで白滝を去ることを意識しつづけ、毎日まさしく一期一会の白滝の鉄道風景でした
   白滝の3つの駅の廃止、白滝遠軽間の減便、それらに追い立てられるように私もここを去ることになるとは 苦笑いです
   でも それを最後に見届けられたことは ありがたいことだと思います
   



   次男坊は 
   この白滝でめいっぱいたのしい少年時代を過ごし 大好きな白滝の地、白滝の四季、
   大好きな白滝の仲間とはなれることになり 涙を流すまいと 転居が決まってからの毎日たまらない気持であったようです
   新しい地になじめるだろうかと不安もいっぱいでしょうし 
   自分のことなんてみんな忘れてしまうんじゃないかって不安もあるでしょうし
   いつかこうなるとの覚悟はしていたようですが 
   涙こらえてこらえて それでも新しいところで何かいいことあるかもしれないと口にしつつ荷造りする姿に胸がちくっとします
   保育所のころからいつもずうっと一緒だったみんな ありがとうね できればこれからもまた仲良くしてあげてください



   で
   このブログですが・・・・閉じません。
   でも少し更新は滞ると思います
   


   ムラを離れ 自分の精神状態が保てるのか  
   今後 白滝を離れてなお鉄道風景を撮る気持ちになるかどうか 正直ほんとによくわかりません


   でも、まあ、いろいろ書いてみましたが、
   私はいち専業主婦ですので 家族が新しい土地での生活に慣れることが最優先 
   何より家族にとっては新しい職場新しい学校の生活になり 私以上に大変な毎日を過ごすことになるでしょうから 
   とにかく私が更新している暇はちょっとないかと思います
   フル回転でがっちり家事にせいをださねば 
   ダンナと息子が 新しい環境の中でもがいていても うちに帰ったらいつもの我が家であること  
   それがいまの務めだと思っておりますので まずはそれが先  日々の生活ありきです

   白滝にもそんな遠くはないのでちょくちょくこっそり来ては好きな風景や好きな花など会いに来ようと思ってますが
   そもそも白滝でも日々の生活ありきの気持ち優先だったので 
   転居した先で  生活のなかで  また素敵な風景に出会えて その風景に呼んでもらえて
   写真撮らせてもらえるなら いいなと願ってます 
   白滝ははなれますが自然豊かなオホーツクを離れることはありませんから
 
   なので ブログすぐにまた更新するか 少し時間かかるか 今のところほんとうに未定です
   ただ単にブツブツまた愚痴ったりつぶやいたりしたくなったらすぐにでも再会かもしれません




   白滝に住み 白滝で出会うことのできた鉄道風景は このブログにつづってきましたので
   再びそれに触れたいと思えばさかのぼれますから このブログは残します
   息子たちがここを離れても 大きくなりどこに行っても 「白滝の鉄道」と検索したらこのブログが出てきて、
   いつでもここで会えたらいいな なんて思います





042_convert_20160331172732.jpg
(2014 3 下白滝)











   白滝発信という限定で しかもこんなつたない写真と言葉にお付き合いくださった皆様 
   本当にありがとうございました




   何の知識もない私を放置してくだっさった鉄道ファンの皆さま 知人の皆さま 
   けっ と思われるようなたくさんのご無礼もあったと思います 見守ってくださったそのやさしさと広い心に感謝です
   また今後とも見守ってくれたら幸いです





   白滝の皆さま 
   鉄道好き一家という、あまり今まで白滝に存在しなかったものがこの地にやってきて
   毎日線路端をうろうろするようになり さぞ奇妙に思われたことかと思います よく変人扱いされましたがさもありなんです
   私はいつまでたってもここではヨソモノでしたしイロモノでした 
   それでもこの地域が好きで カメラもって白滝を撮影してきました
   いまでは浸透し親しく声をかけていただけて 地域の人が国鉄去りし今になってまた鉄道に目を向けるきっかけとなり 
   鉄道が今の白滝にとってどんなに貴重な歴史・環境であったのか気づくきっかけともなりえたのではないかと 
   自負しております たくさんのムラのひとが私たちを受け入れてくれました 耳を傾けてくれました  
   それは私ではなく 小さいころから言い続けてきた夢をかなえ白滝出身として北の鉄道員となった長男、
   地域の皆様とともに歩み合気道をのんびりとそれなりに真剣に続け頑張ってきた次男、 
   全く持ってこの息子たちの努力によるものだと思っています 
   息子たちにとってこの白滝はたいせつな故郷です どうか息子たちを白滝の子としていつまでもやさしく迎えてあげてください
   たくさんの温かい目で 息子たちを育ててくださって ありがとうございました 
   本当にお世話になりました



   ここには大好きな風景が残っていますし 
   大好きなジャムさんとすごした日々の思い出がたくさん残っていますし 何よりここは息子たちの故郷  きっとまた来ます






DSC_0133_convert_20160331172413.jpg












   どうか 白滝がいつも健やかでおだやかでありますように 稔り豊かでありますように
 






   では、また




   Jam








DSC_0132_convert_20160331172221.jpg












kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg







コメント欄開けていますが、
多忙につきお返事できない状態です 御了承くださいませ
[ 2016/04/01 ] あいさつ | TB(-) | CM(23)

しらたきのお便り、ご苦労様でした

Mint Jamさん、こんばんは、トレインマニアです。

 やはり、御主人の転勤でしたか。昨年だったか、一昨年だったか、転勤の準備とかで、ブログの間が少しあいた時がありました。今回も、北浜などオホーツクの海を家族で見物に行かれた記事を読んで、転勤に関係するのでは、と思っていました。

 新学期の少し前までに、新しい任地へ赴任せねばならないので、荷物のまとめや転居先での整理など、多忙になりますね。お疲れが出ませんように、また無理をなされずに、準備をなさってください。

 次男さんも、引っ越し作業の、大きな戦力になられるでしょう。新しい街で、中学進学ですね!お友達がすっかり変わってしまうので、気苦労も少しはあるでしょうけど、元気一杯で、頑張ってもらってください。

 ご多忙なのは、よく理解できますので、新学期が始まってからでも、ブログを続けてください。お返事は、いただかなくても結構です。

 ご家族、皆様方全てが、体調管理に十分ご注意なさって、新しい職場で、学校で、ご近所で、早く馴染んでください。

 ブログの再開を楽しみにしております。


 
[ 2016/04/01 00:33 ] [ 編集 ]

一言

ご主人様が教員をされ転勤族と伺っておりましたので、年度始めですし何となくそんな感じがしておりました。
今まで行ったことはありませんが、ブログを最初から読みかえさせていただき何となく白滝のことも分かってきたつもりになっておりました。jamさんが白滝を愛してやまないこともよく分かりました。幌加内や仁字布や十勝三股が大好きな私は行けば絶対に好きになるところだと思っています。今秋には白滝を訪ねjamさんと上白滝駅の番人Wさんにあわよくばお会いできたらと思っておりました…残念です(涙)

幸い白滝からそう遠くない処とのこと、たまに白滝を訪ね近況報告をしてください。

ご主人様のお身体が少しでも楽になるといいですね、ご次男様も1日でも早く新しい土地に慣れ友達がいっぱいできるといいですね。

旧白滝のNさんが言っていました
「白滝を離れても故郷を愛してください」って

私は白滝の住人でもないし行ったこともないのですが、そんな気持ちです。

jamさんが白滝を離れると聞き私も混乱したようで訳のわからないこと書いて申し訳ありません。

お身体を大切に、いつになっても構いませんのでブログの更新お待ちしております!


[ 2016/04/01 00:50 ] [ 編集 ]

おはようございます。
3月27日のブログ読み自然と涙が出てきました。
大学2年生の時に訪れた時は、林業関係で結構な人がいる時でした。ここのブログを訪問した時地名が凄く懐かしかったです。
そんな思いで毎日訪問させて頂きましたが、ここの住民の心根が良いのでしょうねー。その中によく溶け込んでいらしたなーと言う感じがしました。
それだけに心の声がが率直に出されていて、また涙です。
他の土地に行かれてもこのブログを閉じることなく続けて欲しいです。しばらく休んでもいいですので、ぜひ続けて下さいね、お待ちしています。
[ 2016/04/01 07:35 ] [ 編集 ]

ご無沙汰していました。

遅ればせながら、次男君の入学おめでとうございます。遠軽駅100年記念の軌道自転車の写真と比べると、一段と”青年”らしくなったと感じられました。
わが子の中学入学のころを思い出しました。

白滝のほっとするような空気、毎日楽しませていただきました。(??や!!も)

昨秋の’とどけてみました’の記事の続編を期待していたのですが・・・
公募で就任した、いすみ鉄道の鳥塚社長が”ローカル線で地域を元気にする方法”という本を書いています。未読でしたらお勧めします。

ちょうど雨宮君にあって、藻別の駅逓に行って、常紋信号所に行って・・と計画中でした。

これからも白滝の空気、転居されたさきの話、楽しみにしています。

これやこの はらからのえき すたれては しるもしらぬも しらたきのえき
[ 2016/04/01 09:06 ] [ 編集 ]

おはようございます。

 Jamさん、ありがとう ありがとう
 
 いつか きっとまた・・・。
[ 2016/04/01 11:07 ] [ 編集 ]

2010年夏 2011年冬 2011年秋 2013年冬
2014年冬 2014年夏 そして 2015年秋
Jamさんを通してこんなにも僕は白滝に逢えました

暮らしをともなわない旅人ではありましたが
あなたのおかげでファインダー越しにもみえないような素敵なものを感じさせてもらいました
心からお礼させてください
“ありがとうございました”

9年も過ごされたムラです 
ご自身 そしてご家族にとって
言葉になんかならないほどの思いが
そこかしこに沁みついてることでしょうね
でもあしたが待っています
あたらしい暮らしの場所がゆっくりでいいですから
馴染める場所になりますように
遠い所からですが祈っております

そして大好きになった白滝がこのさき
“健やかでおだやかでありますように 稔り豊かでありますように”僕も祈ってます

そうそう あのツネキチ家族の幸福も祈ってます(笑)
 


[ 2016/04/01 18:27 ] [ 編集 ]

いつも陰ながらブログ拝見しておりました。
私は白滝で生まれ育ち、今は遠く本州に住んでおります。
中々白滝に帰ることも出来ない中、白滝の日々の風景が見られるこのブログが好きでした。
ほとんど全ての白滝の写真がどこから撮影したものか分かって、やっぱり自分は白滝の人間なんだなぁと日々故郷に思いを馳せておりました。
今後白滝のイマが見られなくなるのは残念ですが仕方ないですね。
今までありがとうございました。お疲れ様でした。
[ 2016/04/01 19:04 ] [ 編集 ]

こんばんは!ご無沙汰しています。 
白滝の風景が見られなくなんるのが残念ですが、新天地でもブログを続けて下さいね。
 私が初めて白滝に行ったのは2004年1月でした、その時は列車でしたが8月にはフェリーで渡道し高規格道路も未完成で北見峠を越えて白滝に入りました。
 鉄道写真に興味を持ったのも白滝発祥の地のDD重連貨物の写真を見たのが始まりでした。
 その後も毎年のように訪れDDが消えてからも行っていました、今期は地元のDD重連特トワイにハマり行けませんでしたが来年はまた詣でをすると思います。
 暫くはゆっくりされて再開されるブログを楽しみにしています。
[ 2016/04/01 21:43 ] [ 編集 ]

こんばんは。

なかなかコメントできず、久しぶりのコメントがこのような形で申し訳ありません。
僕の方こそ、多くの非礼があったと感じております。
どうか、自身を卑下なさらず、これからも白滝・オホーツクを愛し続けて下さい。
Jamさんのブログがなければ、僕も白滝を訪問することはなかったと思います。
今冬の白滝訪問は僕にとって生涯忘れることのできない、とても深い思い出になりました。

3月25日、各駅の最後の日のレポート本当に素晴らしいものでした。
なぜ、この日に僕は白滝へ行かなかったんだろうと悔やんでいます。

新天地でも、オホーツクの魅力を伝えていただけることを心待ちにしております。
ゆっくりでかまいませんので…。
僕も旅人として、この地の素晴らしさを綴れたら…と思っております。
[ 2016/04/01 23:01 ] [ 編集 ]

ご主人の仕事の関係で転勤は宿命なのでしょうが残念でなりません。

2008年に大病になり,目の前が真っ暗だったとき,jamさんと知り合い,どれだけサポートしていただいたことでしょう。知識の面で心のもちかたの面でも・・・   ただただ感謝の一言です。

白滝を離れられましても,このブログは是非継続してくださいね。ご主人ともどもお身体を大切になさってくださいませ。


[ 2016/04/02 00:06 ] [ 編集 ]

こんばんは。
何だか僕自身も白滝を離れなければならないような気持ちです。寂しいですねすごく…。

宿はなしさんじゃないですけど、僕もJamさんがいらっしゃらなかったら白滝を訪れてなかったと思います。
たった一度の訪問でしたが、案内していただいた日のことは一生忘れないと思います。本当にありがとうございました。

Jamさんご一家のご健康とご多幸、白滝村の平穏を遠く京都からお祈りしてます。
[ 2016/04/02 00:09 ] [ 編集 ]

白滝を離れられるとのこと、次男君は
色々とショックでしょうね。
私自身も父が転勤族だったので小学校を
3回変わっています。
ブログは続けられるとの事、是非とも
新しい地でのご家族のご多幸をお祈りしつつ、
更新を楽しみにしております。
[ 2016/04/02 17:30 ] [ 編集 ]

いつもこっそりお邪魔させて頂いては
ここに溢れている言葉に元気を分けてもらっておりました
寂しい別れの後には新しい生活が待っております
落ち着くまでは色々と大変でしょうけれども
ご家族皆様の健康とご多幸をお祈りしながら
またここでJamさんのつぶやきを聞かせて頂けるのを楽しみにしております
[ 2016/04/02 18:31 ] [ 編集 ]

こんばんは

4月1日にコメントを入れたつもりでしたが
ちゃんと送られてなかったみたいで再度送ります。

jam様は 上白滝駅・旧白滝駅・下白滝駅と共に去っていくんじゃないかという予感がありました。

だからあまり驚きはなかったのですが
次男坊くんが友達と別れなければならないのは可哀想です。

もしかしたら 長男様の住まう網走市に近づくのかな・・・

春先は体調を崩しやすい季節・・・
忙しくて大変でしょうが
自分だけの身体ではないので ご自愛して下さい。

ブログの再開を心よりお待ち申し上げます。
[ 2016/04/02 20:20 ] [ 編集 ]

皆様のご多幸をお祈りしております。

私の第二の故郷は北海道です。友人から貴ブログが素晴らしいとお聞きしていつも「自然に優しく接する写真、心温まる文」何と心が洗われるブログに出会えたことにいつも感謝で自分も素直になれる安らぎのブログでした。本当に感謝しております。今年の1月末に渡道したら是非また石北本線沿いを旅したかったのですが残念でした。これからもご家族の事が有りまた新天地に慣れる迄大変でしょうが心からJamさんご一家のご健康とご多幸をお祈りしております。
[ 2016/04/02 21:13 ] [ 編集 ]

そうだったんですね・・・
最近のコメントの御返事等で
なんとなく・・・
転勤族であるとのお話もありましたので
いずれはそういうこともお有りになるのかな・・・
とは思っていましたが・・・
Jamさん御自身は何もかもお分かりになっていた上で
寂しくて別れ難くて辛い気持ちと向き合いながら
3駅とのお別れを書いてらっしゃったんですね・・・

行った事の無い遠い遠い北海道の白滝・・・・・・
Jamさんのおかげで出逢う事が出来ました。
どうもありがとう!!!
でも、私は行ったことのない
生涯、行くことも難しく思える
遠い遠い白滝にJamさんがいらっしゃるから
私にも近しい場所になった様な気がしていました。
Jamさんご一家が離れていかれることが
自分のことのように寂しく心がキュ~~ンと痛みます・・・
(つねきち一家の見守りも含めて(;m;))

先日のコメントの丁寧な御返事に
また御返事をしようと思いながら
なかなか出来ずにいるうちに
この日になってしまい・・・ごめんなさい・・・

ブログを閉じることは無いと仰ってくださって
心底嬉しく思います!!!
白滝はここにも、みんなのJamさんご一家の
心の中にもあるのですし
いつまでも、このブログで残すべきだと思いますし
また、時々は更新してくださるとのこと
楽しみにしております(^^*)

今まで、本当に本当にありがとうございました!!!
そして、これからも
ずっと!ずっと!ず~~~っと!!!
よろしくお願いいたしますm(^∀^*)m

お引越し等、大変だと思いますが
お体に気をつけて新天地で素敵な生活を出来ますよう
かげながら応援しています(^^*)
再会を楽しみにお待ちしてますからね~~(^v^*)v
[ 2016/04/03 00:38 ] [ 編集 ]

ありがとう

にいちゃん
あっくん
すべてのことに感謝します。
ありがとうね
[ 2016/04/03 09:06 ] [ 編集 ]

そうだったのですか~
自分も幾度か慣れ親しんだ土地を離れた経験がありますので
そのご心中は良くわかります。

落ち着くまでは色々と大変かもしれませんが
また新たな地で元気に楽しく過ごされますように!
[ 2016/04/03 22:42 ] [ 編集 ]

5年前まで第2団地に住んでいました。M橋です。いつも白滝の様子を優しい視点で書いて懐かしく読んでいました。白滝のこれからを知る術を失うのは淋しいですが、新天地でも家族仲良く過ごしてください。本当に有難うございました。
[ 2016/04/08 15:21 ] [ 編集 ]

^_^

お久しぶりです。

ゆっくりとゆっくりと。
焦らずにいてくださいね。

どこにいてもJamさんはjamさん。
jamさんを通してみた白滝はとても素敵なものでした。
でも、これからのあたらしいjam Worldも、とても楽しみにしています。
ずっと応援していますよ(*^^*)
[ 2016/04/12 19:58 ] [ 編集 ]

おかえりなさい(^^*)
kanaさんも仰ってますけど
私もそう思います。

帰ってきてくださって
本当に嬉しいです(^v^*)
どうもありがとう!!!!!
本当に本当にありがとう!!!!
私もずっと
応援してますよ~~~(^∀^*)o
[ 2016/04/14 01:05 ] [ 編集 ]

コメント遅れてすみません

こんばんは。

コメント早く書きたいと思いながら、年度末年度始めの忙しさにかまけて、なかなかコメントできず、大変失礼しました。
今は、地震の揺れにおびえながらコメントしています。疲労はたまっているのですが、強い揺れで目が覚め、たびたび揺れるので目が覚めてしまい、コメントしているのは何だか皮肉です。

以前はjam様の旦那様が転勤族とも知らず(そもそも教員ということさえだいぶ後でしりましたw)、またjam様は(結婚後は)ずっと白滝で暮らされていたのかと思っていました。
10年近い時間を過ごされていたとはいえ、白滝にこれれだけの愛着をもたれ、これだけの情報を発信されてきたことには驚くばかりです。

白滝では、jam様に何度もお世話になりました。
時には温かい飲み物までいただいて・・・
どれだけありがたかったかわかりません。
また、様々な情報も提供していただき、本当に感謝しています。
感謝してもしたりないとはこのことです。
白滝という(初訪問当時)あまり慣れない土地に訪問するに当たり、jam様とこのブログがどけだけ力になったかわかりません。

今だから言えますが、20年以上前、北海道旅行をしていた時、白滝駅で列車待ちをしていたときに地元の学生から金をたかられそうになったことがありました(追い払いましたけど)。
それ以来、白滝というのは、長らく個人的に「印象の悪い土地」であり続けました。
それが解消されたのはこのブログによってです。

白滝を目指す多くの旅人達がこのブログを道しるべにしたと思います。
このブログは、jam様が思っていらっしゃるよりもずっと多くの人に、白滝までの道を照らす(案内する)灯台の役目を果たしていたと思います。

移転されてからも、新しい場所で、また新しい地元の情報を発信してくださることを期待します。
もちろん、無理のない範囲でお願いしますね。
[ 2016/04/16 03:40 ] [ 編集 ]

お元気そうで…

とりあえずお元気そうでなによりです!
適応能力も人一倍あるご次男様もすっかり慣れてきたようでよかったですね、ご主人様はいかがでしょうか?

新しい土地、Jamさんのペースで楽しんでください。線路はありますか?
白滝の日常に触れられなくなった私はすっかり白滝ロスです(笑)

九州の地震、気になります。被害がこれ以上広がらぬよう祈るだけです。

わたし
[ 2016/04/16 04:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する