the sun











   これが「このムラの太陽」なんだよ

   て 教えてもらった


   死ぬまで忘れないだろな たぶん 








   雪が降り地吹雪が吹き うす暗闇だからこそ直視できる北方の太陽





DSC_0013_convert_20160111181027.jpg

















   その火を絶やすな








にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg



[ 2016/01/12 ] 白滝の風景 | TB(-) | CM(4)

冬の太陽

Mint Jamさん、こんばんは、トレインマニアです。

 改めまして、新年おめでとうございます。松の内なので、ご挨拶が遅れましたことを、お許しください。

 しらたきは、吹雪なのでしょうか?大阪では、この三連休から漸く平年並みの気温になりました。と言っても朝夕2℃程度で昼間は10℃程度です。本日の成人式も、好天に恵まれ、振り袖姿の女性が多く、街は華やいだ雰囲気でした。

 北国の太陽というか、まれに薄日が射す程度の天気は、信州や東北でのスキー場で経験しています。冬の太陽光の有難さは、極寒地の方々には、大変重要であることは、理解しているつもりです。所詮、撮り鉄も遊びなので、実生活でない楽しさが勝っているのかもしれません。日常のご苦労が、良くわかります。

 厳しく苦しい暮らしの中にも、小さな喜びを見つけて、楽しくお過ごしになってください。

 しらたきのお便り、毎日楽しみにしております。
[ 2016/01/12 00:18 ] [ 編集 ]

Re: 冬の太陽

こんにちは

こちらこそことしもよろしくおねがいいたします
まずは 家族も周囲もひとまず無事に新年を迎えられてほっとしております

ここ最近白滝は雪つづきでした
今日は止んでますけれども
それでも例年に比べたら全然雪が少ない冬です ほかの地域に比べたら雪があるほうなのでスキーや冬の行事は滞りなく例年通りにできそうです

>  北国の太陽というか、まれに薄日が射す程度の天気は、信州や東北でのスキー場で経験しています。冬の太陽光の有難さは、極寒地の方々には、大変重要であることは、理解しているつもりです。所詮、撮り鉄も遊びなので、実生活でない楽しさが勝っているのかもしれません。日常のご苦労が、良くわかります。


冬の太陽の白さ 光は見えているのに全然暖かくないひかり これが白滝の太陽なんだよと地元の方が笑いながら教えてくれました
もう何年も何年も私も見てきましたし 札幌でもこういう太陽は昔々よく見ていました
何の疑問にも思いませんでしたけれども ほかの地域からこちらに住まわれる方は これが北国の太陽なんだ!と新鮮に思われるようです

ひとつひとつ 気づきながら 気づきたいと思いながら 日々過ごしていこうと思います
いつもありがとうございます
[ 2016/01/12 09:32 ] [ 編集 ]

 大変遅くなりましたが

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

朝5時に起きると必ず全国の天気予報を観て
旭川の気温を確認致します。
最高気温が-6度って経験したことのない寒さです。青森で最高気温-2度は経験があり
煙突式のストーブをメモリ最高にしても
冷蔵庫の中にいるようでした。

内陸の白滝の寒さは想像を絶する寒さでしょう。

写真を拝見して地吹雪の中 薄日がさす光景は青森でも何度か見て
懐かしいと言っては語弊がありますが
私は不謹慎かもしれませんが
何か神々しい感じが致します。

ごめんなさいね。
語彙が乏しくて・・・
寒いのは苦手ですが 関東の乾いた寒さより
雪の寒さは凛として清浄な感じが致します。

今年の春は 次男君が卒業なさるのですね。
中学進学の準備で忙しいと思いますが
ご自愛して下さい。
 
[ 2016/01/12 11:44 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

こちらこそ、よろしくおねがいいたします
今年も楽しい旅のキロク 楽しみにしております


> 最高気温が-6度って経験したことのない寒さです。青森で最高気温-2度は経験があり
> 煙突式のストーブをメモリ最高にしても
> 冷蔵庫の中にいるようでした。

旭川は内陸だから余計に、冷え込むときはがちっと冷えるのでしょうね
白滝も同様ですが 白滝は山の天気 冷えは当然なのかもしれません
でも・・・・・・やっぱり寒すぎですね(^^;)
朝の冷え込みはなんだかんだつらいです
今年は雪の量が少ないので そういう時は余計に寒さが答えます 雪があるとかまくらの中にいるような気分になるせいかな


> 写真を拝見して地吹雪の中 薄日がさす光景は青森でも何度か見て
> 懐かしいと言っては語弊がありますが
> 私は不謹慎かもしれませんが
> 何か神々しい感じが致します。

いえいえ、不謹慎ではないですよぜんぜん これが北の太陽ですよね
東北の雪深いところではよく見られているんじゃないかって思います
太陽が見えていてもちっともあったかくない でも 人知でははかりしれないような神々しさ
私はこの太陽が大好きです

年が明け
あっという間に日が過ぎて行ってます
次男の卒業までもう間もなく そして白滝の3駅がすぐそのあとに廃止になる
何を撮ろうか 何を残そうか 自分に何ができるんだろうか
毎日毎日模索しています でも 結果 何の変哲もない普通のものしかとることはできないんですけれどもね・・・
自分が白滝に住んでいるという機会を与えられたことの意味というか そんなようなものを今探しつつ歩いています
忙しい長男の代わりに いつもお世話になってきた駅を見守りたいですね

 
[ 2016/01/12 16:33 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する