次男の冬休み












   年末年始は オヤの地元・じーちゃんばーちゃんの居るサッポロ



   サッポロを満喫するために 次男はすでに冬休みの課題を全部立った二日で終わらせた
   残るは冬休みの感想文のみ



IMG_0002_convert_20160111173608.jpg






   次男は若者だから にぎやかなマチを歩くのは平気


IMG_0003_convert_20160111173722.jpg



IMG_0005_convert_20160111173931.jpg



IMG_0017_convert_20160111173824.jpg





   寒いホームに長い時間いても平気


IMG_0039_convert_20160111174105.jpg


IMG_0009+(4)_convert_20160111173900.jpg


IMG_0032+(2)_convert_20160111174007.jpg



IMG_0064_convert_20160111174158.jpg



IMGP0869_convert_20160112170519.jpg








   いつもはみられないきしゃ 
   わくわくするものがここにはあるから それを思いっきり楽しもうって努力を惜しまないから
   冬休みはいつも楽しい
   戻りたいって思ったことは一度もないけど 次男坊みてたら こどもっていいな って ちょっと思う




IMG_0111_convert_20160111174347.jpg






IMG_0115+(2)_convert_20160111174604.jpg







IMG_0129+(2)_convert_20160111174454.jpg





IMGP0897_convert_20160112170617.jpg
写真はすべて次男撮影











にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg


[ 2016/01/14 ] 鉄道風景 | TB(-) | CM(6)

自分らは「ブログ」とかいうものを開設したことがないので、
Jamさんに「賛同して」とか「寄り添って」とか
大それたこととてもいえないですし、
それどころか自分ら「空気読めない」ので、
そこんところ、ご理解して読んでください。

「あの(というほどすごいものなんすか?)記事」
のどこが「不愉快」なのかわかりません。
巨大なマスコミや外部大挙して押し寄せる「人畜無害??」な一般市民?に対する
小さく非力な住民のささやかな抵抗だと思います。
(すんません、失礼なコトだったら御用者を・・・)
マスコミなんて騒ぐだけ騒いだら、あと「知らん」し
間違った報道しても訂正しないし、
(どれだけ周りが迷惑するかも知らんと)
連中はろくなもんじゃないです。
今回、小さいムラがおもいっきし巻き込まれてしまいましたね。
「あの記事」を書かれるのにも結構ストレスいったような・・・
(これも自分らの狭い器の想像を超えませんが)
何も気の利いたことはぜんぜん言えませんが、
結構味方の方はいらっしゃると思いますので、
ご気分のすぐれたときに、写真とともに
味のある文章を更新していただければ・・・
「がんばる」とか「のるま」とか嫌いなんで
すまんです、内容がぼけてしまいました。
・・・みならいかのん はじめっち ほかいちどう

北海道は冬休みが長いからいいのんす。
冬休みの感想文って「冬休みの思い出」とかいうやつだんべ?
大変だのすな。
今じゃ、長期休みの宿題は保護者が「勉強しないから!」って
教員に要求するんだってなもす。
こどもも「のるま」でたいへんなんだべな。
・・・先公もプリント作成大変らしいと聞いたなもすゆたか

なんか、花咲駅のノートちゅうもんが
大変なことになっているらしいのだ。
これはひどいと思ったのだ。
なんせ、地元の人がこういうのを目の当たりにして
気分いいわけないのだ。
・・・つるみん



[ 2016/01/14 14:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは
コメントありがとうございます

お気持ちよく伝わってきていますよ、感謝です


>
> 「あの(というほどすごいものなんすか?)記事」

そうなんです 自分では大したこと書いてないつもりでしたし、地域のおじさんに「ちょっと書いといてくんないけな」ていわれたのがもともとですし(笑)
でも、なんか書くとやはり一方通行的なものなんでしょうね、時に誰かを不愉快にしてしまうのがコトバなのかもしれません
このブログはそもそも私の小言や愚痴でできているものですし(写真とは関係なく笑)
ここを見てくださる方も限られていたのですけれども ニュース以来閲覧数が増え続けています
ということは 「白滝」への関心が高まっていたということなんでしょうね、
一部の人にしか知られていなかった「秘境駅」「白滝シリーズ」地元の方々もここがそんな鉄道ファンに知られているところだとは、このニュース聞くまで知らなかったという人のほうが多いですし
それこそびっぴりぽん(←五代様ラブ)


>> 間違った報道しても訂正しないし、
> (どれだけ周りが迷惑するかも知らんと)

ピックアップされて 白滝駅を訪ねてこられる方も増え それに関しては何も不満はありません
が 地域には地域の事項があるし
やはり・・・・白滝に限らないんですけれども、
田舎の小さな集落からさらに人が減り 駅の利用者が減り 集落の駅が廃止になり そしてまた人が去る
これって 美談ではないんですよね 現実です
自分たちが愛した大事な駅をたいせつに思ってきてくれる人が増えることはうれしいことです これは地域の皆さん同意見
なのに そこにごみが増えたり駅ノートなくなったりということがあると さすがに困惑します

> 「あの記事」を書かれるのにも結構ストレスいったような・・・

はい、かなり(笑) 
あれ書いた後は沈み込みましたよ、 書かなかったほうがいいのか、でも書いちゃったし
こんな、白滝にきてそんな長く住んでもいない、ただ白滝に住んでる鉄道ファンのおばちゃんの立場の者がこうやって書いて
かえって地元の人に迷惑かかってないだろかとか ひやひやです
でも こういう立場だから ちょっとでも地域に貢献したいなとか そんな気持ちです

> 北海道は冬休みが長いからいいのんす。
> 冬休みの感想文って「冬休みの思い出」とかいうやつだんべ?

んだ(笑)
まだまだ冬休み続行中です 冬休みも学校行ってクロスカントリーの練習していますよ
感想は・・・たぶん、年末に兄ちゃんと乗った「はまなす」の思い出を書くんじゃないかと(^^)



> なんか、花咲駅のノートちゅうもんが
> 大変なことになっているらしいのだ。


そうらしいですね 先方のブログを拝見しました
花咲駅を守るお方のご努力にあたまがさがります 
なんでもかんでも 気に入らない人は気に入らないのだろうし ・・・なーんかおかしい世の中ですね

自分の価値観をほかも押し付けることのないようにと 私もじゅうじゅう省みなければと思います

お言葉感謝します
このブログもいつまで続けるか 先は全くの未定なのですが
(ダンナの転勤があったら私も白滝出なきゃない日が来ますので) 自分の気持ちの続く限り自分のペースで続けていこうと思っています、
ありがとうございます

[ 2016/01/14 15:04 ] [ 編集 ]

はじめまして、さのかずやと申します。
遠軽出身の24歳です。
過去何度かブログを拝見させて頂いておりました。今回思うところが多くあったので、コメントさせていただきます。

ぼくは遠軽がすごく好きで、上白滝駅、旧白滝駅、下白滝駅も何度となく訪れていました。今回、廃止されるというニュースを聞いてすごく残念に思っていましたが、自分が利用していたわけではないのでなんとも言えないな…という気持ちでいました。
Webで取り上げられているのもいくつか目にし、取り上げられて注目されるのは面白いことだなあ、と思いつつ、そこに暮らす人(特に「女子高生」本人など)は特に目立ちたいわけでもないだろうに大変だろうなあ、と複雑な思いを抱いておりました。

JR北海道が大変な赤字であること、白滝の駅の利用者も非常に少ないことを考えるとやむを得ないことではあるのだろうとは思うのですが、それに対して地元の代表ができることが「お願い」しかないのも、なかなか悲しいことだなあ、と思いました。今自分が地元には住んでいないので、具体的に何かできるわけでもなく、そこで行動せざるを得ない人を批判するのもあまり良くないことではあるのですが…
地元に住んでいる親族も、残念ではあるけれど、具体的になにか行動を起こせるわけではない、という話をしていて(狭い田舎ですから、辺に目立ちたくないというその気持ちはよく分かりますし、ぼく自身のこのコメントも誰かに迷惑をかけてしまうかもしれないと思いながら書いています)、一層、自分にはなにができるんだろうか、と考えるきっかけになりました。

そういった中でも活動しようとしている人は何人か知っていますし、そういった活動がもっと広がっていけばな、そこで自分が遠くからでも助けられることはしたい、と思う日々です。
特にまとまりがないですが、こういう思いを持ちながら遠くにいる遠軽出身者もいるということを知っていてもらえると幸いです笑

掲載されている写真、懐かしい風景が多く見られて、すこし落ち着いた気持ちになれます。また拝見させていただきます。
[ 2016/01/14 21:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは
拙ブログにお越しくださいましてありがとうございます


> ぼくは遠軽がすごく好きで、上白滝駅、旧白滝駅、下白滝駅も何度となく訪れていました。今回、廃止されるというニュースを聞いてすごく残念に思っていましたが、自分が利用していたわけではないのでなんとも言えないな…という気持ちでいました。
> Webで取り上げられているのもいくつか目にし、取り上げられて注目されるのは面白いことだなあ、と思いつつ、そこに暮らす人(特に「女子高生」本人など)は特に目立ちたいわけでもないだろうに大変だろうなあ、と複雑な思いを抱いておりました。
>

それが本当だと思いますよ
自分のみに直接かかわらないとそういう気持ちなんだと思います たぶん私だってここに住んでなかったらそうかもしれません
 

> JR北海道が大変な赤字であること、白滝の駅の利用者も非常に少ないことを考えるとやむを得ないことではあるのだろうとは思うのですが、それに対して地元の代表ができることが「お願い」しかないのも、なかなか悲しいことだなあ、と思いました。

私が書いた「お願い」の記事のことを言っているのだとしたら、あれは「お願い」ではありますが私は地元代表ではありません(^^;)よ ただ白滝に住んでる鉄道ファンです
私が書いた「お願い」は駅存続のことではなく 駅とその利用者に対しての迷惑行為のようなことへの注意 ということで
別に私もそんなこと言える立場までも何でもないんですけれども、ほんとに
だからあくまで「お願い」なんです これはもう そういう以外なくて 

旧白滝下白滝が廃駅になることはこれはもう仕方がありません 利用者がいないので それは地元のみんな受け入れています 
だからこの駅をきれいにみおくりたいとあのテレビで地元の方がおっしゃったことは事実です
地元のものとしては 旧白滝だけではなくまだ利用者がいる上白滝駅の存続を地元も遠軽町も訴えてきたのでそれもとりあげてほしかったなと複雑な思いを抱えはいましたから 感動話だけになるのにはちょっと困惑してます 
でもいまはもう、どうでもいいかな、と思ってることも事実・・・
実際、民間企業の鉄道会社では上白滝駅に利用者がいてもそれはひとりふたり、存続嘆願はしましたけれど 一人二人のために存続 現実的にはそれは難しいでしょうね 

旧白滝や下白滝を利用するものがいなくなる 集落の人も減る 利用者がいなくなった駅が廃止になり
また集落からひとがいなくなる これは美談ではないと思うんですよね
自分たちに出来ることは何かなって考えた時に 私は何にもできなくて
ただただ駅の掃除するぐらいしか思いつきませんでしたけれども 
これはけっして美談ではないし 白滝だけの問題でも何でもないって思うんで それをぶつぶつつぶやくことはしようかなって
ただそれだけを思いました これは美談なんかじゃないんだって

廃止になる3月末まで まだまだ何か起きるんじゃないかな、なにかまだまだにぎやかになるだろうね
と 駅周辺の方々と話をします 
どうかおだやかに 皆良い思い出をもってその日まで過ごせたらいいな と思います

実感のこもった、丁寧なお言葉 本当に感謝でした
あなた様同様、
きっとこの地を故郷に持つ方々皆この話題に耳を傾け関心を持ち 私なんかよりもずっとずっと心寄せているんだと思います
みんなで 見守っていきたいものですよね



[ 2016/01/14 23:22 ] [ 編集 ]

すみません、誤解を招いてしまったようで、、、
「お願い」は、ブログに書かれている「そっと見守って欲しい」というものに対するものではなく、「赤字で廃止になることに対するアクション」として存続の嘆願をするということです。言葉足らずですみません。

何かしら、具体的な行動を起こせればまた違うのかもしれませんが、それも現地に居ないからこそ言えることなのかもしれません。
遠くからではありますが、穏やかな残りの日々を祈っています。
[ 2016/01/15 18:23 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

こちらこそきちんと読み取りきれず申し訳ありません

JRのほうに上白滝駅の存続を「お願い」した具体例は、個人レベルでのもの、しかるべき立場の方にお伝えしてのもの、しかるべき立場の方が公式に嘆願したもの
このすべてを行っています
残念ながら署名を起こすことはできませんでした
それができなかったことが悔やまれます
出来なかった理由は存在しますがこの場では控えます

おっしゃるとおり、その場にいないものが動くことはかなり難しいですね
いま自分にできることはなにか模索は続いてますが
いつものとおりのムラを保つことをいまは思ってます

廃止になったあとのこの地を伝えることもすごく大事だと思います、いつかぜひ訪ねてみてくださいね

[ 2016/01/16 07:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する