西日










   「ぼくは照れて愛という言葉が言えず
    きみは近視 まなざしを読み取れない」









DSC_0091_convert_20160123152056.jpg














   さらばシベリア鉄道、この歌詞が好きだった
   大瀧詠一さん亡くなったのがすごい昔のように思える
   というか まだ亡くなったって気がしてない   











にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg




[ 2016/01/28 ] 旧白滝 | TB(-) | CM(4)

お見舞い

Mint Jamさん、おはようございます。トレインマニアです。

 ご長男のインフルエンザは、回復に向かわれましたでしょうか?日々の精神的な疲れと肉体的な疲れが、重なったのだと思います。勤務初年度は、何かと仕事に慣れるのに、時間がかかりますし、要領もうまく熟せないと思います。私も、勤務初年度は、色々大変でした。

 遠隔地だけに、ご心配であろうと思います。お大事になさってください。早期の回復を祈念いたしております。

 いつぞやの、北浜付近のキハ54は、雪の晴れ間だったのでしょうか?斜里岳が見えないのは残念ですが!綺麗な写真でしたね。

 しらたきのお便り、毎日、楽しみにしております。
[ 2016/01/28 07:57 ] [ 編集 ]

Re: お見舞い

こんにちは

お心づかい感謝です、長男は回復しまして今は元気に働いております

心身ともに疲れていたところに 職場の方がインフルエンザにり患していたのを、ウイルスもらってしまったようです
長男だけではなくて職場の皆さま皆次々とインフルエンザになってたそうなので 
網走では大流行してたのでしょうね
長男はかなり軽症で 熱もなく 思ったより体力奪われずに済みました
一報を聞いてからの私の行動は速かったですよ、あれこれ買って
まずは長男の部屋で食事を作り続け あれも食べろこれも食べろ寝なさい加湿しなさい清潔にしなさい水分とりなさい、
そのあと長男でも簡単に作れるものをと食材買い込みどかどか置いてきて
私もうつされないように万全の対策して(白滝にインフルをもちこまないように)ばばばっと白滝に戻ってきました
我ながらこういう時は速いなあと思います

 

>  いつぞやの、北浜付近のキハ54は、雪の晴れ間だったのでしょうか?斜里岳が見えないのは残念ですが!綺麗な写真でしたね。

斜里岳が見えたのはあの写真の次の日でしたね、今度また行くときにはぜひあの勇壮な斜里岳の姿 拝みたいなあって思います


いつもありがとうございます
[ 2016/01/28 08:52 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/01/29 00:04 ] [ 編集 ]

鍵コメ様へ

こんにちは

こちらにおいでになってたのですね
大変な雪の中ご苦労様でした、ご無事に旅をされたようでなによりでした


で、鍵コメ内のことですが、
はい、ご指摘の通りそれはたしかに、私でございますよ(^^;)そうでしたか~見られてましたか(笑)
めったに土日には駅にはいかないのですが その日その時は思うところあってそこに立っておりましたです


お風邪ひかれませんようにお過ごしくださいね、
記事、楽しみにしていますね





[ 2016/01/29 12:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する