2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








winter song












   耳を澄まそう
   呼んでいる何かに向けて




   えらそうなことはなんも言えないもんだから
   心の中で(ていうか声に出せないだけなんだけど) 
   がんばれ まけんな
   て いつもいつも強く念じてる 

































にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg




[ 2016/03/02 ] 上白滝 | TB(-) | CM(2)

こんばんは(^^*)
私も、子供の頃からずれてました!!(笑)
カミングアウトすると
ちょっと(たぶん、ちょっと(笑))変わってたので
ずーーっと!いじめられっこだったんですよ
(^^;)\

今 住んでるとこでは
もう30年も居るのに気づけば
友達ひとり居ません・・・・・
一応、頑張ったんですけどね~~(^0^;)\
以前バレーボールをやっていたときは
早口で乱暴な物言いで
まどろっこしいことは嫌いな風土なので
(話しかける時は女性でも「おい!!」
と声をかけてきます。怒ってる訳ではないけど、
みんないつでも怒ってるみたい(;m;))
のんびり話してると
すぐに無視されたりするので

話す時は要点だけ必死に言おうとして
(めんどくさ!って感じに無視して話題変えられちゃうから)
かえって訳わかんない話になったり・・・
おとなし~~い、自分ではない人を演じてましたね・・・
頑張って本音で話しても刎ねつけられただけだったし・・・

結局全然、わかってもらえなかったので
この土地でわかってもらうことは
諦めてしまったのかもしれません(^^;;)

でも家族は自分のことを大好きでいてくれてますから、ここに居られます(^^*)

えへへ(^^*)\
一緒にしたら申し訳ないかもしれないけど
一緒にがんばんべ~~p(^v^*)q
きっと、私たちにも立つ瀬もありますよ!!!!!
家族とか子供たちとかね(^^*)v
[ 2016/03/02 01:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

かじぺたさま、こんにちは


> こんばんは(^^*)
> 私も、子供の頃からずれてました!!(笑)
> カミングアウトすると
> ちょっと(たぶん、ちょっと(笑))変わってたので
> ずーーっと!いじめられっこだったんですよ
> (^^;)\

実は私もそうでしたよ(^^; 
私は「気が付かない子」でした いわゆる空気が読めない。KYというやつですね
でも気が付いていなかったわけではありません 空気を読むことにたけていたクラスメートの女の子たちは、
自分とは異質なものを徹底的に異端視し 自分と相いれないものは無視するか攻撃するかです
小学校3,4年までの女子ってそういうとこありますよね そういう時代というか でもそれは女子の発達過程としては誰もが通るものです 結果○○派閥やら女王様やらができるという、あの時代ですよね笑 空気を読んで行動することにひたすら夢中な時代
みんなと同じにできない自分がどうもこうも大嫌いでした いじめられる要素を持ってる自分が悪いんだと思ってました
でも 私にはどうやってもそういうことに面白みを何にも感じなかったですし   
兄がいたせいなんでしょうけれど家に帰ったら男子とのさばさばした遊びが好きでした 野球とか虫取りとか
でも決して博愛主義でも何でもなかったので何とかみんなと同じにしたくて頑張ったんですけれども、なんか無理でした(;'∀')
クラスメート女子たちも結局その異端者廃絶の時代を乗り越えたらそういうことはだいぶなくなり 自分は自分 ひとはひと
みんなちがってみんないい を 実践?して社会生活を楽しくエンジョイしていくので 私にも仲の良い友達はできたんですけれども 学校の環境が変わるたび どんなに仲良くってもそれまでの付き合いがぷつっと終ります 
当然同窓会にもいきません 同窓会の必要性?を自分の中で感じていないので気にもなりませんが
やはり 一歩引いてしまうんですよね いじめられたという経験の恐ろしさですね 関係性を作るのが怖い 
なので当時の友達とはほとんど交流がありませんし いまでもほとんど友達と言える友達がいません 年賀状のやり取りをするぐらいかな
いま友達を言える人はごくごく少数です でもその友達も私が一方的に友達と思ってるだけかもしれません(笑)
今はやりの「コミュ障」というやつなんでしょうね 
でも 決して関係性を作るのが嫌なんじゃなくってむしろ何とかしたいって思っていて
でもなんだか頑張ってもこっちの思うところが伝わっていかない ・・・いまだにあの頃のまま戸惑う自分がいます
まあ・・・・ もうこの年になったら まあいいか~ってお笑えるようになったのと、生活している地域社会の中で周りと合わせられ楽しく過ごせるようになったところが大人になったかなあって思うところです

我が家は転勤族なので 長く一つの地にはいられません
白滝に住んで9年たとうとしていますが どんなにこの地が好きでもいつかはここを離れるときがきて、また次のところで何かの関係性が生まれる その都度また頑張らなきゃいけないんですけどね
息子はもっとしんどいだろうなと思います そのサポートを最初の何か月かはしないといけないなって思います
 
かじぺた様は頑張っておられますよね ご家族への愛情深くて ヒトへの気遣いも深くて ネット上での繋がりも大切になさり 見習うことばかりです
いろいろなことを経験しているものほど 人のいたみを知ってともに泣けるしともに笑えるんだなあって いつもいつも思います
私も頑張らねば 

ありがとうございます!
[ 2016/03/03 08:56 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する