nup-hon-kesh  2016.05.21 (土)












   sirokanipe ranran






   晴れの日はハレを
   雨の日は雨の気配を
   憂いの時は憂いを 見据えてみる









(緋牛内駅 次男撮影)














にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg














shirokanipe ranran pishkan              「銀の滴 降る降るまわりに
konkanipe ranran pishkan               金の滴 降る降るまわりに」

arian rekpo chiki kane                   という歌を私は歌いながら
petesoro sapash aine,ainukotan enkashike      流れに沿って下り、人間の村の上を  
chikush kor shichorpokun inkarash ko         通りながら下を眺めると
teeta wenkur tane nishpa ne,               昔の貧乏人が今お金持ちになっていて
teeta nishpa tane wenkur ne kotom shiran.      昔のお金持ちが 今貧乏人になっているようです



                           知里幸恵 著 「アイヌ神謡集」    梟(ふくろう)の神の自ら歌った歌  冒頭 

Secret