2018 01123456789101112131415161718192021222324252627282018 03









希望































   たぶんそこには 廃止になるからこその前進というか 希望の基(もとい)というか そういうものがあったと思う  
   小さな理不尽の積み重ねはあったかな でも大きな矛盾はなかった
   悔しい思いも寂しい思いもあったけど それからすっぱりさっぱり悔やむ者はなかった










DSC_0062_convert_20160525082710.jpg





DSC_0063_convert_20160525083015.jpg













   遺っているものはいつまでそこに在るか
   去るものは追わない 無駄も斑もあったけど このへんはずっとこうやってきたらしいから




   


DSC_0064_convert_20160525083040.jpg

   















   廃止の時に施錠された駅舎の中にあった椅子と開駅日時が書かれてる板が外に置かれてた
   JRの人が駅舎の中の開かずの事務室から出したと思われ

   駅舎は今のところ保存の方向らしいから 地域の方が要望を出したかな  横には大きな黒曜石だし
   いつまでこういう状態にしてるのか これはこれで趣ありだけど触れたらもう砕けてしまいそう   





DSC_0065_convert_20160525083100.jpg







   板も無造作に置かれてる 何でこれも外に出したかな
   盗難の不安もよぎったけれどもう気にかけまい 




DSC_0066_convert_20160525083118.jpg
 












   性善説は持ち合わせてはいないけどもね
   あの時いろんなこと学んだからね




DSC_0067_convert_20160525083134.jpg




DSC_0069_convert_20160525083151.jpg











   
   

   もうすぐ春も過ぎ初夏 
   北国の春は夏ほどじゃないけどあっというまで 在るがまま






DSC_0070_convert_20160525083211.jpg






















熊本地震義援金 日本赤十字社
被災地に一日も早く穏やかに過ごせる日が来ますように

DSC_0071_convert_20160525083256.jpg
















にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg









 
[ 2016/05/26 ] 上白滝 | TB(-) | CM(8)

こんばんは。
御無沙汰続きで申し訳ないです。
先日の藻琴駅の記事を始め、コメントを書きたい記事はたくさんあるのですが、私も今年4月からプロジェクトの責任者を任され、帰りが一層遅くなっているため、なかなか書けずにいます(書いている最中に寝落ちもしはしばw)。

とりあえず、上白滝・下白滝駅は窓等が塞がれていないようで、ホッとしています。
奥白滝のように塞がれるものとばかり思っていましたので・・・。
もっとも、冬期にどうなるかは分かりませんが。

白滝の大地で多くの輝かしい思い出をもらい、それが今のエネルギーにつながっています。
jam様も、新しい場所に移られて大変と思いますが、一番大切なお子様の環境は良いようなのが救いですね。
早く新しい場所に慣れられて、穏やかな日常が訪れますようお祈りします。
[ 2016/05/26 02:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

お忙しそうですね、おからだ大切になさってくださいね
新年度から体制や環境が変わると ・・・今の時期きつくないですか(^^;
私はかなりきつかったですよ(^^; 
PCに迎える時間がなかなか取れなくています・・・要領が悪くって(;'∀')


> とりあえず、上白滝・下白滝駅は窓等が塞がれていないようで、ホッとしています。

窓から中がのぞけるので ふと なんにも変わってないんだという錯覚を覚えます
あの台も椅子も 壁のシミも その感触も空気感も鮮明ですのでね、中に入れないことに寂しさはありますが
廃止の最後の3週間は ただただ自分の意地だけを通して済みましたので 悲しさは存在しませんね

おっしゃる通り冬にはどうなることか・・・
おそらく上白滝旧白滝は雪が降る前にホームは削られることになると思います
駅舎はどうなるか・・・もし案の通り保存することになったとしたら、今年度中にどこかに移転することになるかもしれないし
まだそのままかもしれないし  そのままとりあえず置いておくとしたなら
冬には塞がれてしまうかもしれません 
使われない駅舎の窓やドアは手入れが行き届かないので雪と氷で割れてしまいますから・・・

こちらにきてから 北海道らしい広い大地の中ぶらついていることがあります
釧網本線のほうにも ハマナス咲くころまたふらついてみようと思います
お心づかい感謝です(^^)



[ 2016/05/26 08:10 ] [ 編集 ]

これです…

こんにちは

やはりこの駅舎と上白滝神社に鳥居を見ると何故かホッとします。
私も廃駅になると窓や入口等に板が打ち付けられると思っていたので、こちらもホッとした次第です。
駅名板がなくなってしまいましたが、板が打ち付けられていないので未だ現役のように感じます。

上白滝というと「いつものおばちゃん」が頭に浮かぶのですが、お元気でしょうか?
[ 2016/05/26 09:41 ] [ 編集 ]

Re: これです…

こんにちは


廃止になった次の日からと 変わらない上白滝駅でした
穏やかな空気が保たれていて ほっとしています
ここにくるたびガラス細工に触れるような そんな気持ちです
壊れていませんように 静かでありますように

この日は遠軽に予定があったので旧白滝下白滝には立ち寄らず
車を止めて眺めただけでした
その両駅とも変わらずにいました 旧白滝はもう周りが農家さんのお仕事で忙しい雰囲気
いつものような時間が流れていました

> 上白滝というと「いつものおばちゃん」が頭に浮かぶのですが、お元気でしょうか?

花壇の手入れがされていましたので たぶんお天気の良い日には来られているんだと思いますよ、
おばちゃんのためにも ホーム、まだ存在していてほしいですね

[ 2016/05/27 14:14 ] [ 編集 ]

先週末、上白滝駅に行ってきましたが、
この椅子はありませんでした。
駅舎の中にもなかったので
移動されたのでしょう。

駅はなくなってもこれからも
時々白滝の地に足を運んで
四季折々の村を見てみたいと思います。
[ 2016/05/27 19:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは


> 先週末、上白滝駅に行ってきましたが、
> この椅子はありませんでした。
> 駅舎の中にもなかったので
> 移動されたのでしょう。
>

そうなんですね、私が行ったのは19日の昼まで
きっとすぐに移動したのでしょうね
どこに移したのやら、、、この駅舎に関しては白滝以外の場所に行く可能性も聞いており、
まだはっきりしていないみたいです
ここに駅があった記憶を持つ者として 私も時々行ってみようかと思います

[ 2016/05/29 15:38 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/05/30 14:30 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

鍵コメ様 こんにちは

・・・だいたい 私の思っていることと同じですよ(笑)

あの番組 私も見ましたよ
何度か再放送されたみたいです
おっしゃっていた通り、「○○のために存在していた駅」このスタンスはずうっと変わらずに番組は作られて行きましたね
何度も何度も私も、旧白滝の地元の方も 上白滝の方も 伝えたんですが
まだ利用者がいたし 今後も利用予定者がいたはず と  
でもそのあたりのことを放送したらちょっと番組が思い描く素敵な北国のドラマにはなりませんものね
あんなもんでしょうね というのが 大方の感想です いいかげんしつこいな とも(笑)
なので
あれは 旧白滝の あの番組に出ていた方がただけの物語です そう思ってみていたらいいんじゃないかなと

あの廃止という事実は「イベント」でした 一大イベントでしたね
でもあの廃止の日だけは 地域の皆さんのための時間が流れていました それが一番うれしかったです
そこから先は おっしゃる通り地域の方の意見、都合、気持ちがよりいっそう優先されると思ってます
駅舎はJRのほうと相談の上 保存の方向で進んでいるようです が 速度はゆっくりなようですよ
まあ、いまムラは繁忙期でみなさんそれどころじゃなく 秋の実りのために一生懸命な時期ですし
JRのほうも道南のほうで忙しいからこっちの支社のほうがなんか言っても対応は遅いのかもしれません
とはいっても
地元の方々がもうすぱっと振り替えることなく日々のなるべきことをしているのに
ちゃんと 駅の電気を消したり 駅の物品を片付けたり JR側もきちんと片付けてほしいものだなと思いますね

私も もうあのムラを離れましたので いまは旅行者になりましたが
息子たちにとっては故郷です 故郷には息子と同世代の子供たちがいます 
誇れる故郷であってほしいと思いますね

 

[ 2016/05/30 17:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する