your eyes












   樹の陰に昨日と明日の風が添い








   今日君の目に何宿るらむ 






 


DSC_0144_convert_20160626212007.jpg
(常呂町)














にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg






[ 2016/06/27 ] 北の風景 | TB(-) | CM(2)

私事で恐縮ですが 先日義兄が亡くなりました
生前の振舞いは僕とはまったく正反対の“悪人”(笑)でしたが
入院中のお見舞い人 そして通夜・告別式への参列人の数もですがその方々の顔つきに義兄の一面をかいまみた気がしました

人は人のことをよく観ていますね

僕も凛と立ち続けるこの一本の木のように
立ち続けたい 

北海道は短い夏が始まりましたね
[ 2016/06/28 21:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

よく
憎めない人 と形容される方がいますが その中の半数は、
「なにかやらかしてこちらや周囲がとても困る思いしても、それを上回ってしまうぐらいの人柄のよさ、親しみやすさというか そういうものがあってついしまいには許してしまう」 というタイプなのでしょう
もしかしたら お義兄様もそういうお方だったのでしょうか
昔ながらの 「昭和」という時代のおやじと呼ばれた・・・
そのお見送りの時に多くの方に慕われしのばれたということは たくさんの人に愛されたのでしょうね
たぶん・・・・・・ いちばんご苦労されて涙を流してつらい思いをして でも 一番悲しまれて一番さびしい思いをされているのは奥様なのかな・・・なんて思います

ものみな過去にありて なお次の瞬間も 
樹の陰に憩う
そんな気持ちを抱きつつこの木を見ていました



お義兄様のご冥福をお祈りいたします
  



[ 2016/06/29 09:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する