2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07









玉ねぎ畑








   ぼくの日々のたたかいは――
   あこがれにこの身をきよめながら
   その日 その日を さすらうこと
   そして この生きていることの奥ふかくに
   千もの根をはって 入りこむこと
   このように苦しみながら
   この生のかなたに
   かぎりあるこの生のかなたに みのること






                                     ぼくの日々のたたかいは――      リルケ    訳・飯吉光男


   
















  このあたりのたまねぎは
  来月から再開する石北臨時貨物で全国にいきわたる予定です






DSC_0214_convert_20160727160037.jpg





















   自分が何に対し優位であるか自らが判ずるなどどいうおこがましさと無知はニンゲンのなせる業
   髪の毛一本ほども自分の力で何色にもかえられないものを  
   障害と言われるものをもつ者が苦痛なく生活していけるように創意工夫 適応 整備 研究開発することこそ ヒトの能力と知識と尊厳の結晶ではないか 
   不文律すら守れず自分と異なるものを排除しようなど脳みそ使わず短絡的なわたしらニンゲンはこうして退化していくんだな
   ほんとうにやりきれない




にほんブログ村 写真ブログ 北海道風景写真へ




[ 2016/07/29 ] nup-hon-kesh  | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する