2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








兄弟ふたり旅 4 さいごに新幹線


この台風の影響で各地に被害が出ています
交通網にも乱れが生じています
白滝上川間は路盤流出、作業車の脱線横転事故により 工事困難で復旧までにひとつき以上もかかります
オホーツクは全面運休 石北貨物も先々週以来動いていません
こちらに来られる方は十分情報を得てください
ただでさえ厳しい北海道の鉄道 さらに厳しい状況です ですが 何とかしようと頑張っている現場の方々がいるのも知っています
これ以上の被害が出ませんように 命損なわれることがありませんように 早くこころ晴れる日が訪れますように



JR北海道列車運行情報


道南いさりび鉄道














   兄弟旅の夜 
   函館なので函館山に登らねば 


   
   こんなすしずめロープウエーでも


DSC_0453_convert_20160828151640.jpg







   兄ちゃんが、弟を函館に連れていきたい という気持ちからたびは始まったのだけど
   4月に引っ越して転校し 前の学校のままだったら修学旅行で行けたはずのハコダテにいけなくなったので
   かなりがっかりしてた弟(今の学校では修学旅行先は札幌)
   兄ちゃんは前に函館に行ったことがありそこでの楽しみを知っていて もっとじっくり摩周丸を見たいし 
   新幹線も走りいさりび鉄道も走り それはぜひ見に行きたいだったらひとりよりも弟といっしょが楽しい
   網走から函館までのきしゃ旅は結構きついはず でもそこは若いからできるんだろうなあ
   安月給とはいえ社会人になった兄ちゃん太っ腹  弟への入学祝だと旅をプレゼント
   休暇はとった ただし函館や新幹線やいさりびの写真はたくさん撮りのち職場の勉強会で報告すべしと上司にいわれたとか  









DSC_0495_convert_20160830132800.jpg








   翌日は新幹線


DSC_0007_convert_20160828154444.jpg





DSC_0026_convert_20160828155304.jpg









   旅もそろそろ終わりです



DSC_0232_convert_20160828165414.jpg







にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg






追記にて 写真一杯一杯載せてます ご興味ある方は寄り道ください



   もうこの回で旅の記録終わりにしたいので 写真もすしずめ






   良い天気は夜も持続
   函館山からの夜景はいつ見てもステキ
   陸繋島ゆえに出来る両側の海の暗さと 函館の大火の産物である特有のマチのつくりと 旧軍の要塞の山ゆえに
   条件がそろってできたこの夜景(出典 ブラタモリ)




DSC_0496_convert_20160828151807.jpg





DSC_0511_convert_20160828152412.jpg





   昼間に見た摩周丸と 函館駅

   こうしてみたら函館駅構内の様子もわかるので 昼間にもこの山にもぼってみたいもの
   夜は夜で素敵


DSC_0546_convert_20160828153008.jpg








   降りたらホテルに入って ちょっと遅くまで二人でカードゲーム(デュエマ)とかおしゃべりとかしたらしいです
   寝るのがもったいないよね  
   ふたりでのおとまりの じつは 一番の楽しみだったんではと思う
   どんなともだちよりも ほんとに一番仲良しなのではないかと思ってる 

DSC_0563_convert_20160828153115.jpg









翌日のあさ
早起きをして駅に向かい、新幹線乗車


DSC_0005_convert_20160828154331.jpg






朝が苦手な次男は かなり眠かったらしい


DSC_0008_convert_20160828154507.jpg






内装はこんな感じになっております という、兄ちゃんの仕事場で説明に使える写真


DSC_0017_convert_20160828154842.jpg



DSC_0020_convert_20160828154922.jpg






   かわいい足に見えるけど もう25センチの靴はいてる
   みんなかあさんをおいこしていくなあ


DSC_0052_convert_20160828160203.jpg





DSC_0054_convert_20160828160232.jpg





DSC_0066_convert_20160828160459.jpg







DSC_0024_convert_20160828155031.jpg



DSC_0030_convert_20160828155458.jpg



DSC_0034_convert_20160828155624.jpg




DSC_0038_convert_20160828155842.jpg





DSC_0042_convert_20160828155922.jpg





DSC_0044_convert_20160828160017.jpg




DSC_0067_convert_20160828160901.jpg







   次男は新幹線乗ってすぐから寝落ちしたらしいので いつトンネル通ったかわからなかったそうです
   帰りは起きてたらしいけど


DSC_0077_convert_20160828160958.jpg





   トンネル出たら結露ってる

DSC_0085_convert_20160828161042.jpg






DSC_0092_convert_20160828161123.jpg




   どうやら本州

DSC_0097_convert_20160828161221.jpg






DSC_0104_convert_20160828161301.jpg




   あんまりにのりごこちがよかったんで ついつい寝てしまったと次男


DSC_0109_convert_20160828161347.jpg




   次男は本州初上陸

   青森はねぷたまつり実施中だったそうで
   きしゃの中も大変混んでいたみたいです 息子たちはねぷた無関心でしたが

DSC_0116_convert_20160828161508.jpg


DSC_0122_convert_20160828161630.jpg





DSC_0130_convert_20160828161810.jpg


DSC_0143_convert_20160828161903.jpg





   青森には20分の滞在

DSC_0144_convert_20160828162027.jpg





   こんどはH5系に載って函館へとんぼ返りです

DSC_0151_convert_20160828163516.jpg


DSC_0154_convert_20160828163743.jpg




DSC_0165_convert_20160828163843.jpg



DSC_0163_convert_20160828163722.jpg



DSC_0179_convert_20160828164028.jpg



DSC_0189_convert_20160828164119.jpg



   今度は眠らないで青函トンネルと通過した次男


DSC_0193_convert_20160828164301.jpg




   あっという間にまた北海道

DSC_0211_convert_20160828164819.jpg


DSC_0212_convert_20160828164907.jpg


DSC_0225_convert_20160828165048.jpg




   函館北斗着


DSC_0233_convert_20160828165500.jpg



私の父方祖母は旧・大野町にいて
父方親族は大野町のほか七飯とか桔梗とか函館市内とかこっちのほうにたくさんいる
渡島大野駅のそばにも親族がいるので
昔の駅にはなじみがあったことを息子たちには何度も話をした
車両基地の一角は昔ばあちゃんの畑だったし

今はこんな立派な駅 新幹線がくる
時代は変わる ほんとに


DSC_0242_convert_20160828165655.jpg



DSC_0260_convert_20160828165941.jpg




函館北斗から札幌に行くんだけど 接続が悪くて一時間待ち
函館北斗駅の周りはレンタカー会社しかなくホテルは建設中


DSC_0276_convert_20160828170215.jpg



駅の中でお土産買ったり探索したり

DSC_0272_convert_20160828170412.jpg



DSC_0285_convert_20160828170536.jpg




あっという間のハコダテ

DSC_0291_convert_20160828170659.jpg




我が家では「白マッチ棒」とひそかに呼んでるタイプのスーパー北斗

DSC_0298_convert_20160828170831.jpg





かあさんは車窓に見える石碑とか記念碑が気になって仕方ないタイプ
それを知ってるだろう長男はちゃんと写してた
もちろんあれが何かを母ちゃんは知ってる (マニアックだなあと兄ちゃんに言われた 兄ちゃんほどではないと反論)
あれは明治天皇御上陸碑 森駅から見える


DSC_0303_convert_20160828171046.jpg



DSC_0309_convert_20160828171242.jpg







札幌駅着

兄ちゃんはここで駅弁の夕食買って
オホーツクに乗り換えて網走へかえります つぎのひ仕事だしね

長旅おつかれさま 弟の面倒見てくれてありがとうね 頼りになる兄ちゃんがいてホントよかった
ほんとにありがとう

体に気を付けて

sapporo40_convert_20160828171940.jpg




写真はすべて長男のものです
次男もカメラもってってたんですが・・・・・
なんと旅先でsdカード交換するときに落っことしてしまった模様(一日目のメモリ)  これが一番のハプニングかな・・・
スマホでも写真撮ってたんでまあ何とか泣かずには済んだみたいですが

でも事故もけがもなくたのしんでこられてほっとしました 下車した時の顔色見るのがどきどきでしたが
かあちゃんそれがなにより よかったよかった

よっぽど楽しかったらしくて
またこんどどこかいこう!と 二人でさっそく計画始めてるようです
長男にしてみれば 会社が世論でいろいろ言われてしまっていて それでも現場の頑張りと大変さと辛さを知ってるから
日々いろいろきついだろうし 誰にもそんなつらさをこぼすことだってできない状況で
そういうのとは別の鉄道の楽しみを共有できる弟との旅はリラックスできるひとときだろうし
次男にしてみれば今反抗期真っ盛りで親と一緒に行動するよりは兄ちゃんとのほうが楽しいし親に話せない相談もできる

いいなあ兄弟旅







長々と記事にお付き合いくださりありがとうございました











おまけ

ばあちゃんたちにはお菓子のおみや
私たちにはながまれタオルとずーしーほっきーのいろいろグッズ


ありがとホキー

miyage_convert_20160828172026.jpg


miyage2_convert_20160828172324.jpg
[ 2016/08/31 ] きしゃ旅 | TB(-) | CM(6)

おはようございます。
ずいぶんご無沙汰しておりますm(__)m

ステキな兄弟旅&僕もまだ未訪問の道南いさりび鉄道と北海道新幹線のレポートありがとうございました。
僕には姉が2人いるのですが…強烈な性格であまり仲良くありません。
兄がいたらよかったな…と思い見ておりました。

以前にもお話しを聞いておりましたが…おばあさんの畑が新幹線の車庫になるとは…この旅路に導かれるような…運命的なものがあったのではないでしょうか?

それにしても長男さん、休日の乗車記録をレポートとは…勉強熱心で…頭が下がります。

1~4まで、とても楽しく拝見させていただきましたm(__)m
[ 2016/08/31 08:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

留萌本線レポートなど楽しく拝見させていただいております
懐かしい沿線風景に思いをはせております


> ステキな兄弟旅&僕もまだ未訪問の道南いさりび鉄道と北海道新幹線のレポートありがとうございました。

写真だらだらと乗せてしまって・・・ 長い記録ご覧くださりありがとうございました
会社に戻ってからレポートすることも踏まえてえらいたくさんの写真撮ってきた模様です
もともと写真はたくさん撮るんですけれどもね長男・・・

私にも兄がいます でもあっちは横浜在住なので普段かかわりはありません
どうも異性だとなかなか話も弾みませんね、
私が兄と気軽に話ができるようになったのも(ただしラインとかFBで)
ほんのつい最近のことです あまり接点がなくって(;^ω^)
でも 妹や姉がいても駄目だったでしょうね、兄弟って難しい時は難しいです
うちの息子たちが大人になってからどういう付き合いになるのかなあと こっちは想像もつきません
にいちゃんは頼りになるんで 弟はきっと心強いと思います

>
> 以前にもお話しを聞いておりましたが…おばあさんの畑が新幹線の車庫になるとは…この旅路に導かれるような…運命的なものがあったのではないでしょうか?
>

私が道南に行ったのは長男が2歳のころだったか
老人施設内病院にいた祖母のお見舞いとご先祖のお墓参り それ以降あちらには行けていません
やはりオホーツクから函館は遠いです いつかは息子たちに祖父母が眠るお墓や 祖父母の入植の地を案内したいと思っていたのですが・・・
この2人旅の写真見ながら その思いを一層強くしました
自分たちがこの旅の沿線にゆかりがあること もっと実感してほしいなあなんて思いますね(^^)

[ 2016/08/31 09:31 ] [ 編集 ]

北海道に4つの台風・・・本当に大変なことで、一刻も早い復旧と、
もう台風がそちらに行かないよう祈って居ります・・・
(こちらは、ろくに雨も降らないんです。どの台風もほぼ無影響でした・・・)

兄弟旅、本当に楽しそうだし素敵な旅でしたね(^^*)
次男君、SDカード落としちゃったのは本当にショックだったでしょうね。
わかります(;m;)

青函トンネルを通って本州に渡ってすぐに戻るコース!!
さすが鉄道好きさんたち!!
すごいなあ~~!!!

そっかあ・・・
そうですよね・・・・・
私も、小さい時は結構点々と引っ越していたので話は聞いてるし、
覚えてるエピソードもあるんですけど
場所が全く分からないので
母と一緒に出かけて、あちこち案内してもらいたい。
とは思ってるんですけど
ちょっとクセのある人な上に彼女が今でも働いていて忙しいので、
なかなか実現しないでおります・・・
でも、時間は無限にあるわけではありませんものね・・・
もう、縁の場所が永久に分からなくなってしまう前に、
やっぱり旅に出るべきかなあ・・・

楽しい兄弟旅のレポート、どうもありがとうございました!!!
お土産に、母への愛が溢れてますほきね(^0^*)v
[ 2016/08/31 13:15 ] [ 編集 ]

こんにちは

昨夜からずっと台風がJR北海道に甚大な被害をもたらすのではないかと心配してました。

今朝の列車の運行情報を見て心配していたのが現実となり心を痛めております。
神様 これ以上JR北海道に試練を与えないでほしい!!
一日も早い復旧を切に願っております。

兄弟ふたり旅最終話楽しく拝見しました。

函館山の夜景が見れて本当によかった。
晴れていても 函館山だけ雲がかかっていたりして
見れない時ってありますもの・・・
日頃の行いが良かったのですよ。

長男様は弟想いの優しい人ですね。
新函館北斗ー新青森間は 通常の新幹線料金より高いのに乗せてあげるなんて偉いの一言です。
次男坊君 祝 本州初上陸!! ようこそ青森県へ

H5系にも白いマッチ棒にも乗れて
こんな盛り沢山の旅行はなかなか出来ないですよ。
長男様の企画力に脱帽します。

ただSDカード失くしたのは残念でしたね。
次男坊君の気持ちお察しします。

旅にハプニングは付きもので
息子は大阪でSDカードごとカメラをひったくられて
茫然自失状態になったことがありますし
私もカメラを落として壊してしまい頭が灰になったことが2回もあります。
そういう苦難を乗り越えて それでも旅に出たいと今日まで旅を続けています。
次男坊君も気持ちを切り替えて前に進んでいってほしいです。
そして これを教訓としSDカードはこまめにバックアップをとり出かける時は予備のSDカードを持っていって下さいね。ってお兄ちゃんが教えてくれたかな・・・
[ 2016/08/31 14:12 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

北海道に台風が来ることは非常にまれで
子どものころ一度9月に来た台風の脅威に驚きおびえた記憶があるぐらいでした
台風が台風のまま北海道に来ることがなかったので
今年のこれは本当に異常中の異常です そういう気候になってしまったんですよねもう地球規模で
「いままでこうだった」は通用しないですね



仲良し兄弟たびでしたが そのSDカード事件は次男にとってはショックだったと思います、
二日目の新幹線の写真はちゃんとあるんですけれども 一日目のハコダテの写真がみんななくなってしまったのはかわいそうでした 次男が何を見てきたのかも見られなかったのが私も残念
でもその分兄ちゃんがいっぱい撮ってたし と 一見さらっとはしていたんですけれどもね
残念ではありましたが「また行けばいい」と 再訪を誓っておりました

私なんかは せっかくカメラもってっても「あ メモリー入れてない」てことが多くて
そこが簡単に購入できない場所だったりした時はショックでショックで(汗)

>
> 青函トンネルを通って本州に渡ってすぐに戻るコース!!
> さすが鉄道好きさんたち!!
> すごいなあ~~!!!

次男初本州は20分でした(笑)新青森どまり(笑笑)
はたして今回の旅のこのアイデアは乗り鉄さんたちに通用するプランなのか(笑笑笑)
本人たちは大満足でした
「これは絶対かあさんよろこぶ!」と7選んでくれたお土産はお気に入り過ぎて使えないホキ(;^ω^)

子どものころは毎年訪れていた道南・函館と渡島大野
親族との付き合いでいろいろあって 中学生以降からは親だけが一泊だけでお墓参りとかお仏壇に手を合わせるとかしてました
祖母が亡くなってからは本家に泊まることも避け 両親も函館は遠くてもう行く気持ちもないみたいです
が ご先祖と祖母のお墓にいけないことだけが気がかりなのは確かですし
父の故郷 父がもう一度行きたい気持ちがあることは絶対あると思いますから
息子たちともども なんとか 父母を連れていきたいなって 心底思うんですけれども・・・
やさしい祖母でした 大好きな祖母に会いに行きたいなって思います
[ 2016/09/02 08:51 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

連日ニュースで上がる被害の映像を見てはもうくるしくてくるしくて
いままでここまで傷つけられたことはなかったはずです 
線路のしたが流され線路が宙に何メートル以上も浮いているのが ウソじゃないんだろうかと
こういう映像は海外でよくみられたような 

砕けた線路と枕木 寸断された道路と崩落した橋 見る影もなく水に埋まっている畑と農作物
せつないですね
なにをみてもせつなくて 胸が痛いです
不幸中の幸いだったのは これが夏休み中ではなかったことかもしれません

兄弟二人のハコダテたび
夜景がきれいに見られてホントよかったです
見られないときは見られないですからね、初めて見た次男坊もよろこんでました
私はというと 実はあまり夜景に恵まれていませんで(;^ω^)・・・うらやましい限りでした


> 兄弟ふたり旅最終話楽しく拝見しました。
>
> 長男様は弟想いの優しい人ですね。
> 新函館北斗ー新青森間は 通常の新幹線料金より高いのに乗せてあげるなんて偉いの一言です。

まあ、長男は社員割引というか運賃はタダなので(特急料金と指定席の料金はかかりますが)次男の分だけ頑張って負担してくれました
このプランはふたりで練りに練ったものですが こういうことを計画するのが二人とも大好きなんです
次男も暇さえあれば時刻表とパソコンで旅行計画を(実現するかしないかは別として)いくつも温めています
時々そのレポートを見せてくれるんですが ・・・これは誰に似たんだろうかと思う完成度です
長男も 旅行プラン(ただし鉄道ファンのための)を考えてはニコニコしているのが趣味と言えば趣味 
実現できて2人とも満足だったと思います(メモリ紛失事件を除いて)

・・・失敗するとそれを糧にして次気を付けることができるはず、
よりよい旅をするためにどうココロを配ったらいいか それに気づくのも成長でしょうね


それにしても・・・旅がしたいなああああ
[ 2016/09/02 09:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する