2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07









発信








支援が広がりつつあります

自分の身の丈でできることから









いのちをつなぐチャリティーマルシェ    札幌から南富良野へ日帰りボランティア募集一次 11日まで  
                          遠くていけないという方はボランティア送迎バスのための支援募金があります




南富良野ボランティアセンター




十勝地方・いただきますカンパニー  「援農募集」 16日まで




北海道日本ハムファイターズ  「台風災害義援金募金」実施のお知らせ  




Yahoo!基金 2016年台風10号被害緊急支援募金  Yahoo!ネット募金










   
   

 









   駅はなくなっても線路はある
   さびしい風景もそう思ったらとても強い意思を持つ





   今は4つの台風の影響で白滝から上川の間は不通でも
   どうやら来月中旬には運行再開する方向でと JR北海道から発信在り





   鉄路の灯 絶やすべからず 何と言われようと大事なものに繋がってるから





DSC_0113_convert_20160903215512.jpg
(8月20日撮影)






にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg









[ 2016/09/03 ] 上白滝 | TB(-) | CM(8)

鉄路の灯

鉄路の灯 絶やすべからず。

鉄道の位置付け役割は随分変わりました。
無くても困らぬ人の方が遥かに多いのが現実かも知れません。
でもいつもの時間にいつもの通りやって来る「日常」は、失って初めて分かる心の拠り所なのではないか、
拠り所の在る無しは見えないところでその土地の歴史や運命を変えるのでないかと思っています。

再び帰って来る日常が、それぞれの土地に生きる人々の心に灯を点けますように。 
[ 2016/09/04 11:23 ] [ 編集 ]

こんにちは

JR北海道の未曾有の大災害に言葉もありません。

被災地の為に義援金やふるさと納税という支援の仕方がありますが 私はJR北海道に支援をしたいです。

jam様 JR北海道の為の募金とかはありますか?
[ 2016/09/04 16:50 ] [ 編集 ]

ホームは遺っていたんですね

こんにちは

駅舎がなくなってもホームがあるだけで、そこに駅があった事実が刻まれ嬉しい限りです。どうか私が訪ねる時までホームが遺っていますように…

いつものおばちゃんはお元気でしょうか?

東日本大震災の際は岩手に災害ボランティアで行ったのですが、今回はとても行けないので多少ですが送迎バスのほうに援助させていただきました。
[ 2016/09/05 01:20 ] [ 編集 ]

Re: 鉄路の灯

こんにちは

かつて 
言葉は神であったと 聖書に書いてある言葉を親から教えられました
昨今はその言葉が軽く網の上を行ったり来たりして ときに深い傷を残したりしてますね
今回の台風による被害で 何度「JR北海道はこれだから」という言葉を目にしたか
何度も何度もJR北海道はもう終わったなと
被害の現場の近くにいて 現場で働く知人もいて身内もいて 
なにより鉄道を利用するしか手段のない者たちがいることをものすごく知っていてその方々の気持ちも知っていて
どうもこうもないのです

おっしゃるとおり、
いつもの時間にいつもの通りやって来る「日常」は なくなってからではないとその大事さに気づかないのでしょう
鉄道 畑の農作物 漁業(今回の台風で養殖馬がかなりのダメージですし海も荒れています) 
停電や断水があってはじめて息子たちがそのありがたさに気づく どんなに私が口酸っぱくいっても
危機感が一番の教師となりました

とある鉄道に詳しいお方のブログを紹介されて読んでみたのですが
鉄道ファン目線での感情的なものではなくて冷静に考えて 鉄路の灯を絶やさないための努力と工夫の必要性を述べておられました

私には難しいことはわかりません でも 言霊があるのなら 
鉄路の灯を絶やすなと 言い続けていたいと思いますね

やはり感情で生きてしまう私には
[ 2016/09/05 09:07 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

岩手や北海道の今回の災害は 
あれか雨は降っていなくて水は引いていきましたが 安心するということはできないんだと知らされました
こんなに大地が傷つけられるとは
震災の時もそうでしたが 自然の脅威を実感しております

おそらく・・・JR北海道は かいしゃとしては支援募金はしないのではないかと思います、
第三セクターの鉄道会社ならば・・・とは思うのですが
いちおう息子に聞いてみますね(^^)
私としてもJR北海道に支援したい気持ちでいっぱいです・・・


[ 2016/09/05 09:36 ] [ 編集 ]

Re: ホームは遺っていたんですね

こんにちは

白滝に行くたびに駅を確認して回っているんですが
この災害で 中越天幕当たりの事故現場や奥白滝上白滝間の崩落現場などの作業が優先されるんじゃないかと思ってます
おそらく上白滝のホームや旧白滝の待合室などは優先順位としてはかなり後ではないかと思います
それでも あとひと月はんしたら白滝には雪が降りますから
12月末までにはホームは削られるだろうなと・・・除雪作業に影響が出ないようにするためのホーム撤去ですし
ちょっとでも長く そこに跡を残してほしいですね
花咲駅跡には碑が建ったようです 上白滝や旧白滝にはその動きはない模様ですが なにかできないもんかなと
今度白滝に行ったときに役所の人に聞いてみます

残念ながらおばちゃんには会えませんでした
ホーム横の花壇は花が咲いていましたが草刈りはされていませんでした きっと前に植えた秋の花が咲いたのでしょうね
おばちゃんもホームに入居していますからなかなかこちらに来るのは難しくなっているのかもしれません
でも天気の良い時はホームから自転車こいで(というか押して)来ているみたいですよ
[ 2016/09/05 09:42 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/09/05 20:39 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

鍵コメ様こんにちは
おひさしぶりでした

白滝は少しずつ何かがなくなって言っているような そんな気がしています
そこに住んでいる皆さんはとても元気なんですけれどもね、
農家の皆さんもジオパークも充実した言葉を聞きます
が やはり 少しずつ 何かがなくなっています
駅もそうですが やはり人は減りました 子どもが少なくなったのが顕著です

週に2回移動販売車が来て 週一度「コープのトドック」がきます
今は通信販売での買い物ができるので助かりました が すぐ何かがほしい時はとても困ります
遠軽までは40分・・・車のつかえない人はやはり不便です

生活の不便さはありますが 白滝のすごしやすさ 自然の豊かさ これは他にはないものです
時々今でも参りますが ほっとする地であることには変わりませんね・・・
[ 2016/09/06 18:02 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する