雨宮21号 2016.09.14 (水)
   

















   静かな山間にカタンカタン シュッシュッ と きしゃらしい音が響く
   なんだか懐かしい音
   いろんなものがなくなっていくから よけいに










DSC_0239_convert_20160912123956.jpg







   手前に写っていたのはトリカブト
   毒として利用したのはヒト 花は穏やかでかわいらしい 









DSC_0229_convert_20160912124053.jpg










   この日運行再開した雨宮号をひとりで見に行ったのだけど 気持ちは清水の舞台飛び降りるようなもので   
   たった数分 たった数時間 ひとりで好きなことをしに出かけるということがようやくできるようになってきた
   その分増えるナニカのプレッシャー 後頭部あたりにに感じる鋭いナニカのちから  必要のない罪悪感
   見るだけなら毒はないとわかってても警戒するトリカブトがいとおしく思える

   まあ どうせわかってなどもらえないから 
   病むぐらいなら旅に出よう 
 





   台風被害にあって ひどい状況で
   でも何とか再開すると聞いて後ろ気にせずに雨宮号に会いに来ましたが
   来てよかったです 雨宮号はいつも通りでした それ確認することできてよかった
   名月にはお月見列車も予定通り行われるそうです     







   朝晩10度前後の気温は
   複雑な感情を冷やすのにちょうどいい気がする


DSC_0242_convert_20160912124153.jpg














  

   いい紅葉の秋でありますように


DSC_0245_convert_20160912124222.jpg












にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg





Secret