要らなくなったものは
















   必要のなくなったものは どうしようか








DSC_0253_convert_20160914095852.jpg








   役に立たないものは どうしようか








DSC_0255_convert_20160914100026.jpg








   誰にとって必要がなくなって 役に立たないと判断したのか


   と

   噛みつく理由も 記憶をとどめるのをやめない理由も 悔しいことにうまく説明できない


   でも結局ひとは廃れたものなくなったもの捨てられたものの気配を感じるせつなさを求めて 追いかけるんだよな
   せつなさにつられて行くって言った方がいいのか
   切り捨てられないんだ 所詮感情レベルなんだろうけど 最後には情がモノをいう






 





DSC_0254_convert_20160914095937.jpg








   なんだって ものみな過去にあるから
   なくしてしまったら ほかのものも消えていくし 自分も消えていく



   なんでも消そうとするのに抗うのを 笑うな






 
   生きてるんだぞ





DSC_0257_convert_20160914100149.jpg









DSC_0250_convert_20160914100223.jpg
丸瀬布にある 「マウレメモリアルミュージアム」
廃校を利用し 学校の記録と 地域の記録と 身体障碍を持つ内外の画家の絵画
石炭を利用した、元炭鉱マンの画家の絵など 多数展示してあります 
ほかに 地域の収集家のコレクション(飛行機模型 昆虫標本 鉱石標本など)も展示してあります

この日訪ねたのは私だけだったそう
おかげで絵の一枚一枚をご説明していただけて お話もさせていただけて 管理人さんこころから感謝です
また行きます













にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg
[ 2016/09/16 ] 北の風景 | TB(-) | CM(4)

「昆虫の博物館」の標本もすべて余裕あるスペースで
展示できているような気がます。
武利の学校がこのように生まれ変わっているとは知りませんでした。
・・・はじめっち
[ 2016/09/19 13:39 ] [ 編集 ]

こんばんは

マウレメモリアルはマウレ山荘に泊まった時に知りました。絵画の展示と理解していたのでがさつな私はパスしていましたが、こんなコレクションも有ったとは!”子供みたい”とよく言われる私は、模型も含めてノリモノ大好き!きしゃも、車も、ヒコーキも。
幸運な模型を見に行かねば。
コレクターがお元気かどうかは存じませんが、興味がない人には”いらないもの”になって廃棄されてしまうことが多いのでは。
私もいつも山の神に怒られながら、古い車の部品、古い雑誌(リタイア後に読み直す予定)、古いオーディオ機器、等々に埋もれています。特にほしくてほしくて、ようやく買ったものは壊れてもなかなか捨てられません。私の辞書には断捨離という言葉はないようです。
”勿体ない”だけではなく。
鉄道も赤字だから廃線でなく、もっと知恵を出してほしいと願っています。
現在、雨宮君の今年のラストラン(本当のラストは12月かな)を見に行こうか計画中です。あの時行っておけば・・・にならないよう、遠軽町の補助もあるようだし。
[ 2016/09/19 20:43 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

丸瀬布の昆虫館、専門家(という名のマニア)の学芸員さんのご努力のたまものですね
いつもいつも素晴らしい展示を見せてもらってます
昆虫館の方に一度ミュージアムにある昆虫標本の説明をしてもらったことがあります
丸瀬布の昆虫 オホーツクの、北海道の昆虫 そのほかの地域のもの 海外のモノ
よくぞこんなに集めたものだと・・・ 展示してあるタランチュラを遠目で見ながら思ったものです
それにしてもどうにもあのタランチュラはいけません 見るのもありえない あの展示部屋にだけは近寄れない 
どうぶつの森だけで十分だとおもいました(;^ω^)

武利の学校 最後の生徒さんが卒業してからたしかにもうしばらくたっているはずなんですが
平成のことなんですよね ついこの間の事で
自分の母校がこういう風に残っていてくれるならこんなうれしいことはないだろうなと
卒業生の気持ちになってみていますと なんだか胸がいっぱいになります いいものです

[ 2016/09/20 08:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

メモリアルミュージアムの管理人さんにお伺いしたら
マウレ山荘もこちらも このあたりは大雨の被害は少なかったそうです
たしかに川は増水して 空き家が一つ川沿いで起訴が流され宙ぶらりんになっていましたが
山荘とミュージアムあたりの川の岩盤そのものはとてもかたく (カムイの滝の川床など奇岩が多いのですが)
崩れる心配はなかったのだそうです でも この集落に繋がる道路は閉鎖されていたみたいですが



>模型も含めてノリモノ大好き!きしゃも、車も、ヒコーキも。
> 幸運な模型を見に行かねば。

うちの息子たちも 絵や何やらはそんな興味はなくて笑 やはり飛行機や帆船の模型 昆虫や何やらの化石や鉱石の標本に興味を持ちました
それにしても よくぞこんなに、ジャンルあれこれと 集められたものだと感心します

おっしゃるとおり、興味ない人にとっては「要らないもの」なんですよね
うちの息子たちもそうですしダンナもそうですが 集めるんですよね~笑
鉄道模型はもちろん 過去に遊んだプラレールだって壊れても何一つ捨てられないし 古い時代の時刻表や鉄道雑誌の数々
よくわからないんだけどルアーの数々や釣り竿 ・・・・かさばるかさばる笑
でも私もその傾向にある人間なので(我が家には謎の本がいっぱい) 捨てられない  引っ越しの時大変でした笑
いろいろと整理して これはいらないとか・・・・思い切って捨てるはずなんですけれどもね・・・・
そう、もったいない ではないんですよね、思い入れがあるがために 大切な領域なんですよね


> 鉄道も赤字だから廃線でなく、もっと知恵を出してほしいと願っています。

誰にとって要らないのか 誰にとって役に立たないのか
「誰」の視点が変われば判断も違う 
少なくとも鉄道は「公共交通機関」と名乗っている以上は  もっと知恵を出してほしいと思いますね
[ 2016/09/20 08:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する