retar-tat-ni










   アイヌの人々は
   「人間のために役立つよう天上の神より地上に降ろされた木は、
    神の国でも同じように日常生活を送っていたから、
    生えている のではなく 座っている と考えた。
    秋には赤い着物を着ていたけれど 冬になると白い着物をまとって座っている。」



                                           アイヌ植物誌   福岡イト子著










retar tat ni
白樺 レタッタッニ    白い 樺の皮の 木    











にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg



[ 2016/09/20 ] つぶやき | TB(-) | CM(2)

うふふ、タヌキかと思って拡大しちゃいました。
ネコちゃんですよね?

青空に清々しい白樺の景色、大好きです。
レタッタッニ。ちょっと発音し辛いかしら。
[ 2016/09/20 16:59 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

体形はタヌキですね(笑) おなかでっぷり出てました
このあたりを縄張りにしているらしいネコさんです、
お花や野菜の直売所あたりなんですが そこいくたびにのっそりのっそり歩いてるのを見かけます
声をかけると一瞬必ず止まって「にゃー」って言うんです

れたったっに 言いにくいですね(^^;
アイヌ語には日本語の発音では難しい言葉があるようですし・・・なかなか奥が深いです~
[ 2016/09/21 12:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する