暮れる陽がきれいだったので





















   とある日 ひとりきしゃに乗ってぶらぶらしてた中1男子のこころに感じ入ったらしい日差し


   息子の写真見てて不思議だなあと思うのは
   背伸びして撮った写真もわかるし あ、いいなってだけですっと撮った写真だってこともわかるし
   つらい時にとったものも わざとふざけた気持ちなのも 誰に向けて撮ったのかも 自分のためなのかも まあよくわかる
   撮りたくないもの 撮らなかったものは何かもわかる 
   若者ほどカメラもって一日散歩して撮り続ける経験したほうがいいなあっておもう




   背伸びをする必要はないし 自分自身の揺らぎを隠す必要もない  きれいだなと思えばそれをそういえばいい
   

  
  「朝日のような夕日を連れて」 いつか君もひとり立ち続けるんだろうから








DSC_0137_convert_20160925225102.jpg
(次男撮影)












にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg














朝日のような夕日をつれて
ぼくは立ち続ける
つなぎあうこともなく
流れあうこともなく
きらめく恒星のように
立ち続けることは苦しいから
立ち続けることは楽しいから
朝日のような夕日をつれて
ぼくはひとり
ひとりでは耐えられないから
ひとりでは何もできないから
ひとりであることを認め合うことは
たくさんの人と手をつなぐことだから
たくさんの人と手をつなぐことは
とても悲しいことだから
朝日のような夕日をつれて
冬空の流星のように
ぼくは ひとり


               鴻上尚史   戯曲「朝日のような夕日をつれて」 冒頭

[ 2016/09/26 ] 石北本線 | TB(-) | CM(6)

あたいはむんずかしいこたぁよぐわがんねぇけど、
鉄道写真の撮影者さん方は、逆光がうんぬんかんぬんというけど、
とる対象物がそれだけならそうかもしれないけど、
景色の一つに汽車っていう一つの材料って考えれば、
とてもいい写真になるものなのだ。
・・・今日の夕食の「材料」は名寄かぼちゃなのだつるみん

夕焼けは雲があったほうがむしろきれいなのす。
赤になったりむらさきになったり、これはカラーじゃないと出せないす。
・・・白黒もいいけんどもすゆたか

雲が群青色なのがなんともいえないです。
ききようやとりかぶとみたいです。
・・・くもはおもしろいはじめっち
[ 2016/09/26 11:30 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

私も 難しいことはわからないです(^^)
カメラの技術のことなんか本当にわかりませんし(知っているのはF値とISOとWBぐらい それもいちいち人に聞かないと)
それ以外のことはよく知らないし 写真ソフトも持っていません そもそも新しい知識は頭に入らない年齢になりました笑


> 景色の一つに汽車っていう一つの材料って考えれば、

私がただ一つ意識していることはそれかもしれません
私は鉄道の知識はあまりなく(だいたい息子にいつも教えてもらう) 鉄道のある季節おりおりの風景が大好きで
まあそれ以外はそんなに…(;´・ω・)

教えてもらって心に覚えていることは、光と影 への意識でしょうか
写真てそういうものですよね日本には千の茶百鼠の色彩の意識がありますが まさに影の具合で一つの色も何通りになります
それが楽しいですね 写真のだいご味なんだろうなって思います

息子たちがカメラを初めて持ったのは こどもちゃれんじの付録についてくるフィルムカメラで トイカメラのようなものでした
とにかくふたりとも球数を打ち 入学などのふしめでデジカメになり 今に至りますが
はじめは車両のドアップやパーツばかり撮っていたものが だんだんどこで撮ったかを意識するものになり ヒトも意識し
いまや こんな素敵な写真 写真と共に成長を思うかあちゃんです
 
[ 2016/09/27 13:20 ] [ 編集 ]

こんにちは。
次男君、一人汽車に乗ってぶらぶら出来るなんてすごいことですね、頼もしい限りですね~。

写真の日差しに何か心が動いたのですね~
次男君にはこの世界はどんな風に見えているのでしょうね。自分のこどもだけど、ひとりひとり、
いろんなことを感じて生きていて、
その人にしか感じられない特別な時間を過ごしている、そのことが尊いことだなって思います。

普通に景色を見るのと、カメラを持って見るのとでは
確実に何かが違いますね。

次男君の将来が楽しみですね♪
こどもの成長ってウキウキしますね。
[ 2016/09/27 16:14 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

おか~やんさま こんにちは

先日 手作り絵本見に行きましたよ かわいい建物のなか素敵な本ばかりで
しばしそこから離れたくなくなりました
そこにおられた管理人の?お方と少しだけお話しし 絵本の作り方などちょっとヒントをいただきました
私も・・・やってみようかなって 思ってます
作ってみたい・・・



> 写真の日差しに何か心が動いたのですね~
> 次男君にはこの世界はどんな風に見えているのでしょうね。自分のこどもだけど、ひとりひとり、
> いろんなことを感じて生きていて、
> その人にしか感じられない特別な時間を過ごしている、そのことが尊いことだなって思います。

おっしゃるとおりですね
気が付いて次男の写真をもう一度見返してみたのですが
この日差しの写真以外にも 光を意識した写真が多かったです
何を感じたのかな で これを私に見せようって思ったのはどうしてなのかな
自分ひとりの時間を持ちたがり 自分ひとりで一日いろんなところに行ってみて
でもまた急に台所の私の横にぴったりくっついておしゃべりし始めたり 
ひとの心の育つさまを 息子たちに見せてもらえること 大きな感謝です

>
> 普通に景色を見るのと、カメラを持って見るのとでは
> 確実に何かが違いますね。

いつもそれに気づかされますね そうして自分を省み 生かしていかねばならないなと思います
[ 2016/09/28 12:17 ] [ 編集 ]

初・返信の返信

こんにちは。
手づくり絵本展見てくれたのですね、
ありがとうございます。

3月にまた手作り絵本展がありますので
ぜひ参加しましょう。
なかなか絵本を作ってみたいっていう人は
少ないのですごくうれしい。
Jamさんの作品見てみたいな。
楽しみが増えるな~、うれしい。

「手づくり絵本美術館」建物かわいいですよね、
絵本のページに出てきそう場所だなって
いつも思います。













[ 2016/09/28 14:40 ] [ 編集 ]

Re: 初・返信の返信

こんにちは


>
> 3月にまた手作り絵本展がありますので
> ぜひ参加しましょう。

いいんですか?
ぜひよろしくお願いします!
こんどまたきなりに行きますので 
いろいろご指導お願いいたします!!!
私の絵本・・・おそらくまたぶつぶつぶつぶつ満載ですけれども笑

[ 2016/09/28 23:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する