ようこそ








   




(緋牛内駅   地域の自治会がいつもこの花壇を整えていらっしゃるそうです 10月4日撮影)











にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg





[ 2016/10/11 ] nup-hon-kesh  | TB(-) | CM(4)

なんて 色 あふれて

あまりに華の色が強すぎて どこかと思いました
黄色い風景に逢いにきょう北の大地に足を着けました
どんな風が吹いてるかドキドキしています
お世話になると思います
よろしくお願いいたします
[ 2016/10/11 20:23 ] [ 編集 ]

心休まる駅

Mint Jamさん、おはようございます。トレインマニアです。

 タブレットさんも書か有れていますが、私は一瞬富良野を思い出しました。度重なる台風で、富良野も大きな被害を受けられたと、仄聞しています。

 極お隣の駅だったのですね。鉄道の敷設で、北海道の開拓が進んだ歴史から、大切にされているのでしょう。

 地元の方々の、お世話に、都会では考えられない、人間の優しが伝わってきます。これらの思いを、いつまでも大切にしたいものです。

 端野、北見近辺のお便りを、毎日、楽しみにしております。
[ 2016/10/12 07:01 ] [ 編集 ]

Re: なんて 色 あふれて

こんにちは

ついこのあいだのことですよ
今は少し色あせていますけれども
秋のこの時期にここまで鮮やかだと びっくりしますね
地域の町内会さんが手入れなさっていると その地域の方に聞きました
もう若者もいない地域なのですが・・・何人かは通学に利用しており
一般の乗客もおり 駅をこうきれいにしてくれると うれしくなりますね

北海道へようこそおいでくださいました
私は白滝を離れてしまいましたが
今住んでいる地域など狭い範囲ですがご案内できると思います
久しぶりに師匠にお会いできるのを楽しみにしています(^^)
[ 2016/10/12 22:38 ] [ 編集 ]

Re: 心休まる駅

こんにちは

緋牛内駅の花壇、まさに富良野や美瑛の丘の色合いですね
ほかは色が付き落ち葉になっていくのにここが鮮やかで
虫たちは この花の少ない季節に貴重な栄養源として ここにくるのでしょう、
大変にぎわっていました(^^)

>  極お隣の駅だったのですね。鉄道の敷設で、北海道の開拓が進んだ歴史から、大切にされているのでしょう。

緋牛内駅 蒸気の時代はずいぶんと多くの鉄道ファンが来られていたようですね
かつての趣在る駅舎ではないのが残念ですが 広かったであろう構内を見ていたら
ここは大事にされていたんだなあとわかります
手入れされた花壇の横では 地域の方がゲートボールに興じておられました
その奥では 玉ねぎの収穫で農家さんいそがしそうにしておられました
ちいさな集落ですが とても好きな場所です

いつもありがとうございます
[ 2016/10/12 22:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する