2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07









合言葉は勇気

 





   もともときしゃを間近で撮るのがにがて

   好きなのは鉄道風景なのできしゃそのものをかっちり撮るという意識は息子たちほどないのだけど
   人見知り激しく ここのところもうちょっと病んでいたぐらいなんだけども
   とにかく人と会うのが怖くて怖くて スーパーのレジさえも苦痛 電話も苦痛 
   きしゃを間近で撮れないのはきしゃに対してでも向き合えないからで 写真撮るにももうさらにだんだんきしゃが小さくなる始末

 
   病むには病むなりの理由を自分で作っているということは自覚がある 病と言い訳してれば楽なんだろう 
   自分なんか誰も見てなんかいないのにね 一人きりになると余計に自分しか見えなくなるからね
   と思い 引きこもり脱却のためにいろいろとやってみた 身近なボランティアとか手芸教室とかから引きこもり脱却作戦開始 
   やりすぎると肉体ではなく精神の部分のリバウンドが酷いのをよく知ってる それはさすがにこの年になったらわかる
   自分の身の丈の範囲内での動き方をしなくてはならぬ









   なので  引きこもり脱却作戦その2か3か、
   師匠(笑)と呼んでいるブロ友さんがこっち来ることを知り その日程や撮影予定場所を聞きだし
   こんなの帯同することでご迷惑にならない限りに、といいつつこっちの勝手な条件を伝え
   連れて行ってもらったうちの一つが ずっと憧れつつ自分一人では絶対いけなかったこの場所
   
 






   











   雪だし(;´・ω・)


   下界は晴れてたんだけどな 
   泥の斜面登り 毎年山登ってたから全然苦にならないけど 登った先の風景はみぞれあられからの吹雪でかすみまくり
   目の前を雪の白いベールがざざざ~と音たててひかれ 全身びしょ濡れ冷え冷えカメラも冷え冷え 
   昨日も来たけど昨日よりひどい何も写らんかもと絶望するご同業の嘆きっぷり 笑ってしまって申し訳ない



DSC_0006_convert_20161021084045.jpg











   それでもきしゃがくる時間には雪はやみはじめ 
   線路をたたく音 ディーゼルの音がこだまして

   待ち人来る




DSC_0008_convert_20161021084206.jpg


















DSC_0013_convert_20161021084234.jpg











   合言葉は勇気




   いろいろ なんやかんや 一気に吹き飛ぶ瞬間でした




DSC_0016_convert_20161021084451.jpg
















   


   きしゃが行ってしまったあとに 雪は去り晴れ間が増え 日が差し あたりは一気に明るくなるのはよくあるハナシ


   素晴らしい風景に「なんでじゃああああーーーーーーーー!!!!!」という嘆きと感動の叫びがこだましましたが


  

   いいものを見ました
   いいもの見たければ体動かして汗かいて笑うに限る  ありがたくて何度も手を合わせお辞儀
   
   ありがとうございました





DSC_0026_convert_20161021084543.jpg







   






にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg






私の体調やペースに配慮してくださりご迷惑おかけしたと思っています
同行させてくださったこと心から感謝です ほんとうにありがとうございました
くじけずこだわりすぎず思い込みすぎずとらわれすぎず一歩前へ一歩前へと生きていこうと思います 




[ 2016/10/22 ] 奥白滝 | TB(-) | CM(3)

“なんでじゃぁぁぁぁ ・・・ ぁ!” この叫びをあのとき北の大地のお山にひびかせたひとりです(笑)

曇った空は霧に包まれ やがてベールのような冷たい雨は真横に流れるみぞれとかわり 綿雪がはらはらと山峡に舞い下りてましたね

これ以上ないウェルカム(笑)
あのときあそこに立ったってぜったい忘れないようにと天がくれたものでしょう(笑)


ながいこと生きてると それは やはり いろいろあるわけで ・・・ 垢もたまります
そんなときはどうしようもなく仕方ないわけで
“なんでじゃぁぁぁぁ ・・・ ぁ!” と叫びましょう(笑)

僕はJamさんよりは15年分長く叫んで生きてきてます
だからうまく言えないけど 無理にかわらなくて Jamさんそのまんま
で生きててだいじょうぶですよ

いっしょにこの風景みててそう思いました


<iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8Bd65HI8GhA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
[ 2016/10/22 09:07 ] [ 編集 ]

https://www.youtube.com/watch?v=8Bd65HI8GhA

アドレスはこれだった かな?(笑)
[ 2016/10/22 09:10 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

あの叫びは・・・いたしかたありませんよね
きしゃが行った後に晴れるって よくある話です(^^;
でも きしゃがなくっても あの黄葉はすばらしかったですね
高みから見る風景は 私には縁のないものでした
なので ここに来ることができて 私にはそれだけで十分感謝でしたよ ほんとうにありがとうごさいました

なんでじゃあああああ!
と 笑って叫んだ 
あれが とてもよかったです ええ よかったです 今度からなにかまたあったときには どこかでそう叫びましょう(^^)



玉置浩二さんの「清く正しく美しく」
いい歌ですね 何かを超越した言葉です 言葉の表面だけとはまったくちがうその奥に見えてくるものを思います
教えてくださってありがとうございました



> “なんでじゃぁぁぁぁ ・・・ ぁ!” この叫びをあのとき北の大地のお山にひびかせたひとりです(笑)
>
> 曇った空は霧に包まれ やがてベールのような冷たい雨は真横に流れるみぞれとかわり 綿雪がはらはらと山峡に舞い下りてましたね
>
> これ以上ないウェルカム(笑)
> あのときあそこに立ったってぜったい忘れないようにと天がくれたものでしょう(笑)
>
>
> ながいこと生きてると それは やはり いろいろあるわけで ・・・ 垢もたまります
> そんなときはどうしようもなく仕方ないわけで
> “なんでじゃぁぁぁぁ ・・・ ぁ!” と叫びましょう(笑)
>
> 僕はJamさんよりは15年分長く叫んで生きてきてます
> だからうまく言えないけど 無理にかわらなくて Jamさんそのまんま
> で生きててだいじょうぶですよ
>
> いっしょにこの風景みててそう思いました
>
>
> <iframe width="560" height="315" src="https://www.youtube.com/embed/8Bd65HI8GhA" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>
[ 2016/10/22 17:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する