2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








夕日を背に受けて












   
   この時期 背に受ける夕日に温もりはなく 
   あのちいさなきしゃには体温がある   






DSC_0014_convert_20161214000900.jpg










   北の大地を行くちいさなきしゃ   
   君を待ち受ける未来を描くチカラはこのクニのどこにあるのやら
   誰もこっち向かないならどんなに声を上げても無駄だと絶望もし まだチャンスはあると気を奮い立たせ
   悪い頭で考えつぶやく私をはなでわらうものにも慣れてきた

   北の鉄路を この雪の中守ってきた者への想いを まるで知恵の在るものならば当然であるかのように遠くへ置き
   次にどうしたらいいのかの案も議論もなくだまりこくる「お上」にだんだん憤慨してきてる

   なんだかんだの正論を聞くけど 
   先人の歩んだこの大地の簡単ではない歴史を敬うことなく 
   「自分とは縁のないこと」と「「利益のないものは不要」と 熟慮もせずのたまうものには未来はないと私は思う  
   結局最後はこの鉄路への強い思いがモノをいうんだ






   ものみな過去にあり   
   
   ちいさなきしゃの中の体温は 苦労なく生じてるものじゃない
      
   



(緋牛内)






















母体である北海道の鉄路すら守れず ローカル線末端の住人の生活も守れず  なーにが北方領土だ  
ロシアに笑われるべ  自分たちのほうが島の住人の生活を潤せる て 言われるべさ









にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg






[ 2016/12/14 ] nup-hon-kesh  | TB(-) | CM(4)

あしたそのロシアの代表が山口の美祢線沿いの宿にきます すぐそばの駅は長門湯本駅
ふたりして露天風呂にでも浸かって裸のつきあい ・・・ にはならないでしょうが 将来に向けてなんぞちょっとでもいい方向にことがすすめばと思います
こないだ羅臼から目の前にみえた国後 近くて遠いんだなぁと実感したばかりなんで余計に案じます

ぼおっと浮かびました 
“忘れてくれるな 仕事もできない男に
家庭を守れる はずなどないってことを”

地方が抱えたいろんな問題
お金がないのもありますが
若い人が少なくなっています
居れない状況になってます
真剣にまち造りができる政治が必要ですね
東京や大阪ばかりのほうばかり見てても
これからの老人大国日本は迷い子になりそうです
[ 2016/12/14 13:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

いま プーチン大統領山口入りして会議はじまったみたいですね

北方領土返還にかんしては
私はまったく期待していません
具体的なものなにも出てきませんし

万が一 北方領土に動きあったとしても現地対応はおいしいとこだけもってって、あと北海道に丸投げな気がしたり

花咲線や宗谷本線、釧網線なと国境に近い路線の扱いみてたら そんな気がきて、、、ビジョンなんてないんだろなと

国の政策にふりまわされまくった北海道の歴史をひっくりかえせるぐらいのリーダー、小池百合子さん、、、とまではいいませんが 何かを打開できる知事があらわれないか、期待です
[ 2016/12/15 18:18 ] [ 編集 ]

こんにちは またおじゃまします。

’関白宣言’の歌詞を見ていて”仕事の出来る男”って何だろう? と気になって。製造業の年寄りがちょっと考えて・・・

1.ユーザーのクレームを、説明して収める人
   これは分かる。私には難しいケド

2.看板方式を考案したトヨタの人
   トヨタにとっては”出来る人”だけど、外注業者や運送業者にとっては    ”忘れてくれるな”!!

3.不採算な事業を何でも民間に移行して、事業の整理をさせ、天下り先のみ残そうとする”人たち”
   地方自治体や民間では出来ないことも沢山あるのでは?

4.不採算の路線、駅を廃止して赤字を少しでも減らそうとがんばる?人。
   3.の人たち日は”出来る人”?
   北海道に通いだして8年目ですが、その間にもいくつもの路線が廃止まし
   た。入植や、鉱山で人を集めて、その為に鉄道を敷設、閉山や離農で人が
   減れば廃線。本当の”仕事の出来る男”の出現を!!

無責任でへそ曲りな年寄りのブツブツでした。失礼。
[ 2016/12/16 11:37 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

ここ最近 JR北海道のニュースを見る機会が
いろんな方とこのことについてお話したりやり取りする機会を得ています




> 3.不採算な事業を何でも民間に移行して、事業の整理をさせ、天下り先のみ残そうとする”人たち”
>    地方自治体や民間では出来ないことも沢山あるのでは?
>
> 4.不採算の路線、駅を廃止して赤字を少しでも減らそうとがんばる?人。
>    3.の人たち日は”出来る人”?
>    北海道に通いだして8年目ですが、その間にもいくつもの路線が廃止まし
>    た。入植や、鉱山で人を集めて、その為に鉄道を敷設、閉山や離農で人が
>    減れば廃線。本当の”仕事の出来る男”の出現を!!


これを「仕事ができる人」と たぶんいうのでしょうねえ
表に報道されていることのほかに だれがどんな意図をもって 何の圧力で こういう事態になったのか
これからどういう流れで 表に報道し うらで起きていることはさらっと受け流し
そういうのを政治というのかなと 
何を信じたらいいのかと 疑問を持ち続けています

お言葉の中の 4  
北海道の鉄道は 集落と集落をつなぐものではなく鉱山があって 鉄道しいて その先に人を住まわすという成り立ちでした
国策での開拓のすえ 炭鉱も林業も国策で消え クニにほんろうされているのは今も昔も北海道変わってないみたいです
おっしゃるとおり クニやJR北海道がたじろぐぐらいの、本当に仕事のできる人 待たれます


一度敷いた線路 なくすのは簡単で なくしてしまったらもう戻りません
とりあえずの治療ではなくて きちんとした真剣な議論をすすめて 北海道の交通網、まちづくりに繋がってほしいものです
[ 2016/12/16 23:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する