2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








お茶の時間








   もしも心が折れそうなら



  

   いくらでも思う存分うちで引きこもってたらいいよ
   長いお茶の時間と思えばいい   



   君がどうであろうと きしゃは定時に走る 冬は寒いままだし 世の人は自分しか見ない 
   どんな慰めよりも 自分が座っていたとこに残る自分の温もりが いちばん効くだろう



   私は おかわりのお茶でもいれてあげるさ 










(緋牛内)















にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg









[ 2017/01/11 ] nup-hon-kesh  | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する