川霧の橋



























   眠れぬ夜には






   やわらかな幻を見よう






   






DSC_0110_convert_20170210001255.jpg















にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg





[ 2017/02/10 ] nup-hon-kesh  | TB(-) | CM(10)

こんばんは!
 心が洗われる好きな景色で、何処かで何回か目にした懐かしい風景です。
 先週また根室にラッコを撮りに行きました、ペアと子供が住み着いているようですが翌日の地元紙に事故が懸念されるので春まで立ち入り禁止になったとの記事が載っていました。
 落石にも行きました珍しくタラコ色が入っていました、日没と競争でしたが遅延だったのか日没後に通過しました。冬の落石は地の果てと言う言葉がピッタリで厳しくも美しい世界でした。
 昨年はダメでしたが今年は流氷も良い感じですね、根室は流氷も来ていないのにオホーツク海は凍っていました風連湖の真水の影響なのか?地元の方に聞いても適切な回答はありませんでした。
 冬の北海道にハマり近年は毎月行くようになりました、しかし車の運転は気を使い帰って来ると道に雪が無いのでホッとします。
 
[ 2017/02/10 21:42 ] [ 編集 ]

何処なのでしょうか?訪れてみたくなる景色ですね。
[ 2017/02/11 17:52 ] [ 編集 ]

完璧です。

これは素晴らしい。唸りました。
冷え切った地表が朝陽に温められて朝靄が立ったのでしょうか。
さぞや寒かったと思いますがドキドキするような一瞬ではなかったでしょうか。
冬の道東らしい青空も入れた構図と爽やかさを失わない露出。完璧です。
それにしても4両編成が走っているんですね。極少の運転本数を考えれば不思議な光景です。こんなに需要があるのに。
[ 2017/02/11 19:42 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

ここご存知ですよね!この日もかなりカメラ持った方がおりました
いつも冷えた朝の川霧に圧倒されています
こんなすごいところが近くにあるなんて 冬の端野はすごいとこです

落石でたらことはうらやましい!
私去年の秋に初めて行きましたが あの風景とあの風は強烈でした
いつまでも見ていて飽きない、あの日が沈むひとときが忘れられません
ああいうときは ひとってほんとうに自然の一部なんだなあというか 自然にはかなわないなあというか
ふつうにそんな言葉が浮かんできました

今年流氷はよいですよ
昨年も一昨年も その前の流氷も記憶に鮮明ですが
それぞれによく それぞれに表情も違いますが
今年は 観光シーズンとしては最適な流氷かと思います


[ 2017/02/12 11:49 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは



> 何処なのでしょうか?訪れてみたくなる景色ですね。


ここは常呂川橋梁です
向かいにある中央橋付近から見ています

撮影ポイントとしては結構有名なようですね  
川霧や霧氷が現れると多くのカメラマンさんが朝訪れていますが、
最近は地元以外のナンバーの車も見かけます
ただ 撮影者増えた分中央橋の上での駐車も頻繁に見かけ、また橋には歩道はないので ちょっと危ないんですが
橋の横の堤防上の道や 橋の下などにも安全に駐車するところはありますので 橋の上に行かなくても比較的安全に撮影できますよ 
[ 2017/02/12 11:56 ] [ 編集 ]

Re: 完璧です。

こんにちは

ありがとうございます、褒められたら照れます テレテレ

マイナス20度をさらに下回る朝でした
樹々には霧氷がつき 白く咲いた花の様だねと 近く霧氷を撮影されていたお方がうっとり話していました
ただ、この日は線路のほうに向いていたのは私だけでした(笑)

この時間より早い便だと 川霧の量がもっと多くてきしゃはさっぱりみえませんし
ここにたどり着くのも ホワイトアウト状態なのでかなり危険です(それでも早くからいらっしゃっている方はいますが)
少し時間をずらしてもまだまだ気温は変わらず ダメかなあと思っていましたが、
きしゃが来る時間には何とかすこし霧がひいてくれました
きてくれたきしゃが 川霧に消えていく様は 本当に夢の様でした
ただし 耳がもげるんじゃないかというシバレのなかだったのでこれ以上いたら本当に夢の中になってしまいそうで

それほどのきりりとした冷え込みが嬉しく なじみのある冬らしくてほっとします

この便 おっしゃるとおり4両なんです 毎朝のことです
何度か乗ったことがありますが北見から美幌までの間の高校に通学する生徒さんで4両みんなびっちりです
座る場所もないぐらいなんですよ 美幌過ぎたら網走までは席も空きますが今後は網走の高校に通う生徒さんが女満別あたりから増えていきます
地域の若者の足としての役割はきちんと果たしています クルマでは困難なホワイトアウトの中でもちゃんと運行されます
これをちゃんとみんな知ってほしいなって ふと思います
[ 2017/02/12 12:09 ] [ 編集 ]

ほわ~。。。

メルヘンな絵本の挿絵のよう。
こんな幻想的な世界があるのですね。
素敵です。素敵過ぎます。

奥深すぎる、北海道!
いつか自分の目で見てみたいなあ。
[ 2017/02/12 12:46 ] [ 編集 ]

この風景には“音”は存在しない 気が します
あくまでも僕の個人的意見ですが(笑)

いつもはレールを叩くあのやさしいガタンゴトンも
気合をもらえるブワァ~っていうディーゼル音も
この風景には聴こえません

サイレントシーン です
ふわぁ~っとすり抜けてゆくような
そして消えてゆくような

厳寒のなかカメラの電池消耗や操作不能等
だいじょうぶだったんですね?
そしてJamさんはもちろんだいじょうぶだったんですね?

よくわからない痛いような気温
それがこの風景を生む訳だから
世の中 やはりちゃんと理屈はあってる思います(笑)
[ 2017/02/13 18:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

まるで 千と千尋の カオナシさんと一緒に乗るきしゃのような
そんなかんじですうーっと 霧の中を行きました
幻想的でした

ただ すんごく寒くって(;'∀')

この時間のあとには霧も晴れてきて 霧氷が真っ白な世界でした
寒さ厳しいからこそのうつくしさなんでしょうね


ここは北見市端野の常呂川橋梁です もし機会があればぜひ・・・
[ 2017/02/13 22:52 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

川霧に消されたのか、きしゃの がたんがたん の音はあまり聞こえませんでした
ディーゼルの音の ごーーーーー っていうのは聞こえていたんですけれどもね

このあと霧の中に汽車が消えていくんですが、その ごーーっていう音がずうっと響いていました
不思議な世界でしたよ

写真にのこすと音が消える そんなこともあるんだと
お言葉読んで思いました


>
> 厳寒のなかカメラの電池消耗や操作不能等
> だいじょうぶだったんですね?
> そしてJamさんはもちろんだいじょうぶだったんですね?


このあと 緋牛内でこのきしゃは54と交換するんですが
その54をやはりここで待っていたんですけれど
一枚 二枚 撮ったら つぎシャッターが切れない!
冷えで急速にバッテリーが弱ってしまって
手で温めマフラーでくるみカイロでさすりして やっと動いたらもうあっちにいってしまってて
この寒さに悲鳴を上げたんでしょうねえ
私も 耳がもげそうですしつま先が感覚無くなりそうでしたので この後すぐ車に戻って暖を取りました

立春過ぎたらやはり春なんでしょうね さすがにマイナス20度の日もなくなりました
・・・マイナス15度の日はあるんですけれどもね(;'∀')

この厳しさゆえに 冬が一番好きな季節です
[ 2017/02/13 22:58 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する