ウナベツ






















   斜里岳と夫婦の山と言われる海別岳



   ものの本によれば、
   una-pet  ( 灰 の 川) 昔噴火した時に灰で川が埋まった という意味の川(海別川) をさかのぼった先にある山なので
   海別岳 というらしい





   今日は雲をふんわりと乗せ 優しい姿に奥ゆかしさも添え






DSC_0270_convert_20170225233619.jpg











   
   この優しい風情のお山も、アイヌの民には「男の山」だったらしい


   昔々 斜里岳嬢は雌阿寒岳雄阿寒岳の近くにいたものの 
   両方のお山にモテモテで、斜里岳を巡って「ケンカをやめて」状態になり
   それが嫌になっちゃって 自ら距離を置いたところに 海別岳がいて 
   そこで斜里岳は海別岳を伴侶としたのだとか




DSC_0297_convert_20170225233703.jpg















   このあたりの子どもたちはみんなこの話を知っていた 大人になってもお山見るたび思い出すようにして話す


   いまもそうかな 







DSC_0306_convert_20170225233739.jpg













おまけ



DSC_0285_convert_20170225234139.jpg








   昨年まで走ってたノロッコの機関車
   この日故障して自走できなくなった54を釧路まで運びます







DSC_0286_convert_20170225234227.jpg











   久しぶりに会えて ちょっとうれしかったねえ


DSC_0288_convert_20170226000547.jpg
(長男撮影)








にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg




[ 2017/02/26 ] 釧網本線 | TB(-) | CM(2)

斜里岳が「女」だったとは初めて知りました。
秀麗な「富士山型」は「敏音知(ピンネシリ)」であることが多くて
低くてなだらかな稜線の山を「松音知(マツネシリ)」
と呼ぶことが多いんでないかと思っていました。
でも、それは「差別」だったのかもしれません。
そう考えると、斜里岳は「(足の長い)美人さん」
といったほうがいいのかもしれません。
・・・そのうち「せくはら」といわれるかもはじめっち

「けんかをやめて~ ふたりをとめて~ わたしのためにぃ あらそわないでぇ」と
松田聖子とか歌ったら、モノ投げてやるけど、
斜里岳と河合奈保子が歌うんなら、そこはそう…
許せる気がするのす。しかしまあ…いろんな意味で
スゴイ歌詞だったりするのす。
・・・こうまんきち女の歌かと思っちゃうのすゆたか

「雌阿寒岳」なのに「男」とはということはうっちゃっといて、
海別岳はそれほど高くて人間が好みそうな形はしてなさそうですが、
斜里岳が惚れたところを見れば、やっぱし人間…いや「山」ができていたということでしょうか。
・・・身長を見れば凸凹夫婦ですがみならいかのんやはり中身なんです

あたいはむずかしいことはよくわかんないけども、
斜里岳大好きなのだ。きれいでかっこいいのだ。
猿間川から中斜里にかけて見える頂上の「八重歯?」
シルエットがちょーおきにいりなのだ。
・・・利尻岳も斜里岳に見えてしまうのだつるみん
[ 2017/03/06 13:33 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

斜里町に住んでいた時に 小学校での郷土学習やむかしばなしに よく取り上げられていたと聞きました
斜里岳は「オンネヌプリ」とは呼ばれましたが 物語の中ではオトコではなく女なんですよね
老いたというのではなく年齢や年月を経てもの知ってる、尊厳のある存在としてのオンネの呼び名はわかるんですが・・・
女性のオンネならば「フチ」と呼ぶでしょうし・・・不思議な気持ちです笑
真っ白い斜里岳を車窓から見ると どきっとしますよ、びくっとするといった方がいいような
あんな神々しい山がすぐそばにそびえていたらそりゃあ、あれは神だと思います 素晴らしいお姿


アイヌ語ではpinne は 確かに雄で matuneは 雌なんです その名がついてる山はそんな風なんですし
斜里岳ではなく斜里川はpinne sar ですしね  なぜ斜里岳が女だったのかしら・・・
ただ 斜里岳ではなくウナベツ岳のほうのみを考えると、
あのなだらかさから女性性を感じますが、アイヌ語の意味は「灰の川」の山なので
その物語当時は、灰を降らした火山活動が激しく、男性のようにもくもくと煙をくゆらせていたのかもしれませんね、
結果じゃああっちがおんなだろうと(笑)双方男性ではだめだったんでしょうか笑

そういえば 最近なぜか河合奈保子さんの歌を聞いています
ルパン三世のサントラを車の中で流しているんですけれど、あの中で河合奈保子さん2曲歌ってるんですよね
最近気づきました笑
竹内まりやさんの歌詞でしたかしら ・・・女性の共感を得られるんでしょうね・・・
あの方の歌詞を読むと、女性が持ち合わせてるちょっとした酔いがひしひし感じられます笑

[ 2017/03/07 08:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する