2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








海が明けゆく



























   流氷は沖へ 気温も高く 
   お山は神々しい


   春が近い 



DSC_0090_convert_20170227232456.jpg











   流氷が解ける音は サイダーの音 しゅわしゅわしゅわしゅわ
   


DSC_0091_convert_20170227232513.jpg











  
   シロクマのひげみたいなのからも ぽちゃぽちゃぽちゃと



DSC_0093_convert_20170227232531.jpg




















DSC_0094_convert_20170227232609.jpg










DSC_0104_convert_20170227232705.jpg
















DSC_0107_convert_20170227232727.jpg










DSC_0111_convert_20170227232914.jpg











DSC_0113_convert_20170227232937.jpg










DSC_0115_convert_20170227233021.jpg










   この車窓 次につながりますように



DSC_0118_convert_20170227233150.jpg










DSC_0121_convert_20170227233213.jpg











DSC_0122_convert_20170227233253.jpg



















   流氷物語号 きょう最終運行です
  
   来てくださった皆様 応援してくださった皆様 支えてくださった皆様に 感謝



   



DSC_0126_convert_20170227233327.jpg




















   港では漁船の整備点検が進んでるようです
   海が明けたら漁が始まります
   流氷の恵みうけ豊漁で在りますように





DSC_0084_convert_20170227232227.jpg
(2月27日)












にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg





[ 2017/02/28 ] 釧網本線 | TB(-) | CM(4)

ボランティアとはいえ幾度も網走まで駆けて行きの乗務 お疲れ様でした

そこで あったこと みたもの やったこと
Jamさんの一生のなかに織り込まれたんですね

晴れた日が多かったようですね
そして岸にまで寄ってきた流氷がよく目にされたようですね
あなたが持ってたんでしょう(笑)

たくさんの方々がそれぞれに美しいオホーツク海の風景をなによりのお土産にされたことでしょう

この風景が大好きな僕 自分のことのようにうれしい
みんな みんな お疲れ様でした
[ 2017/02/28 17:45 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

ただ傍観者なだけではいたくないという思いから
ボランティアに無理言って参加させていただきましたけれども
本当にいい経験をしました
いろんな立場のいろんな方々の思いと 出来る範囲での、ぎりぎりでの、それぞれの仕事ぶりに
感動しましたよ
一緒に乗車したJR北海道の方のお言葉が今も心に残っています
「こういうのが理想なんですよ・・・」それは、地元網走の、小さい保育園児さんたちがお母さんと一緒におべんともって、
流氷物語号に往復乗車の「きしゃ遠足」をした日のことでした
車内にかわいいこえとおべんとうの匂いが広がり 車窓に釘付けになる子、車両を見つめる子いろいろで
可愛く手を振ってくださいました
もっと もっと きしゃ遠足してほしいな 私もそう思いました それぐらいこの路線は素晴らしいです

いままで流氷は 一人でじっくり時間をかけてみていました
観光地ではなく、地味な浜です
こんかいは流氷に助けられました 誇らしく思います


いつか また この季節にいらしてくださいね きっと素晴らしい風景が迎えてくれることでしょう
[ 2017/03/01 16:04 ] [ 編集 ]

   こんにちは

 jam様 一か月にわたるボランティア 本当にお疲れ様でした。

先日 日本経済新聞にオホーツクの流氷の記事が掲載されていて 
温暖化の影響で流氷の面積が縮小してきているとかかれてました。
私は近年にないベストコンディションの流氷を見させていただいたことに神様に感謝しております。

また 網走観光課のスタッフが駅舎内や道の駅で流氷物語号のグッズ販売をしているのを見て
釧網本線を残そうと自分達の出来る所から地道に取り組んでいる姿に心打たれました。

流氷物語号は予約なしで気軽に乗れるところが私は気に入りました。
釧路湿原ノロッコ号は中国人観光客やツアーの団体で予約が取れなかったことがあったので突然出掛けて行っても乗れるって有り難いと思いました。

来年も流氷物語号の運行が行われますようお祈り致します。
[ 2017/03/03 11:01 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

オバ鉄様、こんにちは



ひと月のうちの10日間ほどの乗車でした
多くの方が 笑顔で接してくださり
コトバのわからない海外からのお客様とも 片言の英語と身振りでコミュニケーションをとり
遠くから来られた鉄道ファンとも話が弾み
地元のお客様とも流氷や自然環境の話なども出来
JRの関係者様とも貴重な話をする機会がありました
もりだくさんの日々でした
ボランティアと言っても 声掛けと笑顔での対応という、ほんとうににぎやかしで
ちょこちょこ沿線の自然のことをお話したり アイヌ語のことをお話したり お土産売りつけたり(笑)
自分でもできることがあるのだなあと 思いました


おっしゃる通り流氷は年々弱く 
昨年は全然来なかったし その前の年は天候が悪くて運行に支障が出たし
流氷も十分で運行も一日のウヤもなくできたことは
今年初めての「流氷物語号」が 次へとつないでいくためのよい要素だと思います

流氷に感謝です 頑張れと言ってくれたような気がします 神様に感謝ですね


できることはなにかないか、なにかないかと
模索していて 出会えた仲間たちでした ひとりじゃないということはありがたいことです
長くこの沿線地域で活動してこられたお仲間の皆さんのご努力のおかげだと思います


また来年 お会いしましょうと言いあいっこしたお客様も多かったです
また 流氷物語号の物語が紡げますようにと 心から願っています


オバ鉄様とお会いできて 本当にうれしかったです!



[ 2017/03/04 17:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する