2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








so warm











DSC_0449_convert_20170316133204.jpg










DSC_0450_convert_20170316133226.jpg


















   その空気の中にしかないぬくもりを感じられるのは
   
   少しずつ君の心に強くてしなやかな年輪ができてる証拠








DSC_0476_convert_20170316132158.jpg






























DSC_0481_convert_20170316132008.jpg










DSC_0508_convert_20170316132100.jpg

















DSC_0520_convert_20170316132743.jpg





















DSC_0531_convert_20170316132823.jpg
(長男撮影)


































にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg




[ 2017/03/17 ] 釧網本線 | TB(-) | CM(2)

年輪

ご長男の作風、鉄道そのものからだんだんその周囲へと目線が拡がっているようですね。
鉄道は鉄道の為にある訳では無く、その風土に敷かれた理由があって、長い歳月と共にその風土とひとつになり。
写真の中にそんなメッセージを感じます。写真は被写体ばかりでなく、撮る人の心の内をも写しているもの。
ご長男が重ねられた年輪は確かに写真にも刻まれていますよ。
[ 2017/03/18 15:09 ] [ 編集 ]

Re: 年輪

風太郎様 こんにちは

お返事遅くなりました、申し訳ありません
PCがうんともすんとも言わなくなって おまけにかたまってしまい
なんとかかんとか調べて試してさぎょうして、なんとか機嫌を直してもらいました(;^ω^)





> ご長男の作風、鉄道そのものからだんだんその周囲へと目線が拡がっているようですね。

お言葉ありがとうございました うれしいです

思えば 最初はパーツ撮りにいそしむ息子でした
車両のライト一つから足回りまで 車両記号からつり革や網棚も撮り
それがだんだん車両そのもの、編成写真になり どこで何を撮ったかがわかるような風景入りになり
そのうちに 鉄道にかかわる人の表情や姿をその視界に入れ
いまは 天気がいいからとお気に入りの丘に立ち そのまま、夕日が美しかったからと陽が沈むまでそこにいて
とてもとてもきれいだったよ と 母に写真を見せてくれるその顔を見たら
息子の成長そのものがそこに在りました 

沈む夕日を撮り終えるまでそこにいつづけた時間 その時に何を思っていたのかな
社会人になってから それでも好きな鉄道風景を撮り続け ひとりそこで何を思っていたのやら

たったハタチの若造ですが
ハタチだからこそ見えるものもあるのでしょうし 考えることもあるのでしょうし
ひとりのみこむ言葉もあるのでしょうし

最近は 息子たちが自分たちの撮った写真を私に話しながら見せてくれて
それを味わうのが好きな時間になりました
嬉しい限りです




[ 2017/03/20 18:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する