2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07









いまでも君を












   考えることは山積み
   身を削っても削っても アタマゆすってもゆすっても 出てこないものは出てこない
   

   君がいなければ
   僕はただ自分の能無し加減にうなだれて ちょっと突拍子もないことをしてたかもしれない

   いつか笑い話になるだろうことは
   聞いてくれる人がいればこそ



   君がいてくれてよかった と 
   心からそう思う


  
   




(緋牛内駅 長男撮影)














にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg




[ 2017/05/25 ] nup-hon-kesh  | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する