2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








エゾハルゼミ啼くころ










   精いっぱいの妻問ひのこゑひびく初夏





   私も精いっぱい声を出さず叫んでみる

   わが思う人はあるやなしやと 





















にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg









本日 北海道のみだと思いますが

また テレビ討論会みたいなことやるそうです
私がかかわっている団体の会議に取材が来てまして そのシーンもちょっと映るかもしれないとか
テレビ討論に出演するメンバーが……ちゃんと話ができる方々なのか
島田社長さん 北海道知事さんが出る けど 「出て話し合いの体はとりましたよ」ではなかろうかというのも否めない
でも
この機会にご興味のある方はぜひご覧ください  NHK 北海道スペシャル鉄路縮小の衝撃






[ 2017/06/02 ] 白滝の風景 | TB(-) | CM(4)

Jamさん、こんばんわ。
ちょっと寒さが戻りましたね。
仁頃山中腹から下では「エゾハルゼミ」の合唱です。
でも陽射しが陰るとピタッと鳴き止みますよ。
月曜まではぐずつくようですね。
[ 2017/06/02 19:46 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

こんにちは

リラ冷えとはよく言ったもので・・・ 本当に寒いですね
ストーブまだまだ大活躍です
エゾハルゼミの声を聴くと もう夏になるなあと 思いますね
花と言い虫と言い きちんと季節を告げてくれる 何と真面目なのかと 感じ入ります
この雨と寒さで 息子の運動会は月曜日に延期になってしまいました
せめてもうすこし暖かいといいのですけれども・・・

[ 2017/06/03 15:57 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/06/06 14:09 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

鍵コメさま

こんにちは
お久しぶりでした(^^)

写真は 快速きたみ です

この日息子が白滝の友達に会いに行ったのですが
帰りのきしゃが夕方までまっっったくなくって やむなく車で迎えに行ったという(;´∀`)
ダイヤ改正以降 不便になりました 田舎で暮らすのが悪いかのような そんなやり方に心からがっかりしています




NHKで2日に放送された北海道スペシャル 「鉄路縮小の衝撃」 の 2回目
おっしゃるとおり、

> 「こういったことを話し合いました」的な

だなあと 番組始まる前から思っていましたけれどもね・・・まあ そうかなと
とくに 
出演者の一人である国会議員さんは 正直なんにもわかっていませんし(札幌圏から出てこない人だし)
知事さんも 危機感を感じているとは思えませんし
番組の人選については 1回目の放送のほうが良かったと思います あいまいな表現をしませんでしたから
一回目の放送は のちに全国放送されましたが 今回のはたぶんないでしょうね


> 食糧基地北海道の鉄道を考えていくこと

MOTへ取材が来て(あ、私ほんの少し写ってました笑 息子たちのほうがもっとちゃんと映ってましたが)
この北海道の農業の話をしましたし 農家の後継者の話 つまり若者の教育の話などもしました
汽車通のできないダイヤ、廃線になったらどんどん地元を離れての進学を希望する若者が今後鉄道含め交通への興味を抱くのか?
北海道の農業を国は軽視してはいないか? なんでも都市部に集中したら離農に歯止めが利かないのではないか?
まるまるその部分は使われていませんでしたね~
あと もっともっと現実的な話も出ていたんですけれども、MOTメンバーでも「これNHKさん使えないよな笑」という感じでした



> 6月にはなんか、さだまさしが網走に来るそうすね。


25日に網走監獄から生中継らしいですね
釧網線の話とか 積極的に取り上げてもらいたいものだなあと思いますが
どうして網走監獄からなんでしょうね(;^ω^)




お身内のこと 
心からご冥福をお祈りします
我が家にいた 愛猫ジャムさんは 20歳で亡くなりました
その時のことを思うと今でも涙がにじみますが
どんな形で在れ ひとりで逝かせてしまうことのないように 
ジャムさんを我が家に迎えた時の 一番初めの覚悟がそれでした
そして 最後まできちんときちんと おさめること
いまいっしょにいる猫に対しても同じです 
わがことのように大事にしてくれる人を 猫は敏感に察知しますよね
そうして 猫はいのちをながらえていくんだなあって 思ったりもします(^^)


私にも 高齢の両親が離れて住んでおり いつか(と言ってもそう遠くはないのですが)
両親のところ つまり自分の故郷に戻って 日々を送ろうと思っています
そのときはいまいっしょにいる猫もつれていきます

[ 2017/06/07 10:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する