鉄道風景 2017.06.07 (水)
 


   私の大事な日高の知人からのお知らせを受けまして
   拙ブログでも告知です





   


004_convert_20140903150000.jpg
(2014年8月に撮影 日高門別の灯台付近より)





   風前の灯火のごとく 揺れ動く日高本線のいのち
   各方面からは厳しい声も聴きます 実際現実はかなり厳しいです 
   厳しいだけではなく こころない不快な言葉も耳にします
   「なにやったって無駄」「そんなところに住んでる方が悪い」「北海道の過疎地は消滅すべし」などと
   もちろん 大変真剣に 誠実に わがことのように意見やお話しくださる方々のほうが多いのですけれど
   地元のとりくみの土台の部分を知ろうと、流氷物語号の時にスタッフサイドのほうで自分お手伝いさせていただいて
   こちら側での動きの複雑さと何重にも重なっている交渉事 裏の話 いろいろちょっと知りまして
   「なにやったって無駄」ではなく「やらないよりはまし」であり「仲間が集まってやり続けることがとても大事で信頼も得る」し 
   「なにもしないであきらめるより 何でもやってみて、とことん話をして 納得する」ことを選びたいなと思いました
   
   日高線 正直本当に厳しいです 地元でも意見が割れているようです
   ですが 意見が分かれる双方でも愛されてきました
   日高線は全国からもこんなに愛されているんだよという声が 地元の方々に届いてほしいなって 心から思います

   私の母方の親族は 明治の昔福井や宮城から日高に入植し 根付きました
   なので私も祖父母に会いに何度も日高線利用しました 
   母はきょうだいとともに日高線を利用し通学していました 思い出の多い路線です
   
   鉄道ありきにこだわることなく もっともっと地元に合った交通・まちづくりを 
   地元も道も鉄道会社もうんとうんと話し合いすぎるぐらい話し合ってほしいな
   愛された日高本線が どうしてもなくなってしまうのならば 
   その歴史の重み大事さをかみしめて 同じぐらいの重みのある論議を、取り組みを、未来の計画を、
   うんとうんとやってほしいなって 私は思います
   
   
   



   もしご都合着く方がいらっしゃいましたら是非いってみてくださいませ
   また もしよろしかったら 写真などもお寄せくださいませ
   よろしくお願いいたします


   詳しくは 以下FBかリンク先を参照にしてください
   (文面はいちおう追記に添付します)
    








わたしの日高線






















↓ ポスター
hidakasenn_convert_20170607091336.jpg



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg



日高線問題を考える会FBより 添付




イベント詳細

2015年1月から、2年以上も運休中の日高線。
日高線の早期復旧を願って、写真・作品展を開催いたします。
皆さんの心の日高線、美しい列車の風景、こんな思い出、
あんな思い出、こんな列車があったらいいな… 等々、
皆さんの心の中の「わたしの日高線」作品を、ぜひお寄せ下さい。

* * * * * * * * * * * *
<<< 展示作品 募集中!! >>>

【応募期間】 2017年6月5日(月)~7月14日(金)

【応募作品】 ① 写真  
       ② 絵(水彩、クレヨン、鉛筆 他)
       ③ 俳句・短歌・川柳  
       ④ その他(作文、標語、コラムなど 応相談)

・ 未発表でなくても構いません。
・ 2点、3点… 複数応募も可能ですので、ご相談ください。

【問合せ・応募先】 まずはご連絡ください^ ^
〒056-0003 (北海道日高郡)新ひだか町静内旭町1-30-35
      JR日高線を守る会 村井直美 090-8906-8161 
PCメール: akaebashi@yahoo.co.jp FAX: 0146-42-8161

* * * * * * * * * * * *

応募の際は、以下の内容を添えてご応募下さい。
メールやFAXでお送り戴いても結構です。
 ①お名前 
 ②ご住所 
 ③電話番号 
 ④(※あれば)メールアドレス 
 ⑤作品の種類(写真/絵/俳句・短歌・川柳/その他) 
 ⑥(※あれば)タイトル 
 ⑦(※あれば)作品の説明、または日高線について応援コメントなど(100字程度まで)

【応募作品の形状・サイズについて】 
・基本的に、すぐ展示できる実物の状態でご応募下さい。データでのご応募は受付けておりません。
 ・フック付きの額に入ったもの~パネルに掛けて展示します。
・「紙」等に印刷したもの~パネルに直接 画びょうやテープ等で止めて展示します。
・短冊等~机に置いて展示します。フックの付いたものは、パネルに掛けて展示可能です。
・B3サイズまででお願いします。

【作品の応募・返却について】 
町内・お近くの方は、直接お会いしてお受け取りできます。遠方の方は、梱包して上記応募先住所までお送り下さい。返却をご希望の方は、大変恐れ入りますが、返却時の送料もご負担願います(※着払いでお送りします)。展示終了後に返却を希望されず、こちらで処分して構わない方はその旨お知らせ下さい。 

【今後の巡回展示について】
新ひだか町での展示の後、他町でも展示可能なところがあれば巡回展示したいと考えています。返却の期日が未定ですので、早めの返却を希望される方はその旨お知らせ下さい。
Secret