2018 031234567891011121314151617181920212223242526272829302018 05








コトノハ












   





    薄っぺらな木の葉が風に飛ばされて行方知れず のようでも ちょっと前までは血管が通っていたコトノハ


   

    懸命に生きていれば
    きっと いつかは そのうち どこかで 百年後ぐらいには 
    きみにとどくはず  



   



   

   
   



















にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg

[ 2017/07/05 ] nup-hon-kesh  | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する