告知







   明日から ちいさな写真展 します


   ・・・私ではありませんが(;^ω^)







(再掲  2015夏 遠軽駅)










   私も参加させていただいている こちら地元で鉄道を通して地域の活性化を と活動している、
   MOTレール倶楽部
   その中の、中学生・高校生・大学生・20代社会人の若手の7人が それぞれの写真を持ち寄って 小さな写真展を開きます
   うちの息子たちも参加します 最年少がうちの次男(中2) 
   
   網走の小さな催し物の会場の中でスペースをもらってやるのですが
   若者たちがそれこそ手作りで、戸惑いつつ ちゃかちゃかと会場も設置 
   写真の額もそれぞれが用意してるから100均のもの マスキングテープ使いまくりの ご愛敬 
   このひとつき息子の運転手および雑用係として私もずっとかかわってきましたが 
   ふなれな若者たちのやること やらなくていいようなこともやり そりゃまあしんどかった汗
   そのかわりといっちゃなんですが 若手に交じり私の写真もちょっと飾らせてもらっています(単に数増やしのため)
   上の写真も 小さな額に入れて飾ってます


   お時間ある方は寄ってみてくださいませ  
   とくに次男担当の、渾身のプラレールレイアウト 見てやってください 
   













にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ

kisyakiha3_convert_20130617123548.jpg

[ 2017/07/20 ] 鉄道風景 | TB(-) | CM(4)

いし〇ろ氏、さだまさしに出て来い!と
全く期待はしてなかったけど、ついに出てこなかったす。
これじゃあ、「北海道スペシャル」の全国放送はやっぱし無理だったのす。
・・・うん、しょうがないすゆたか

MOTレール倶楽部がんばってるみたいで。
写真集が出ているのを、小清水はなことりのHPで見たり、
でも高くて買えそうもなくて、んでもって藤沢有隣堂にはまだおいてなくて。
昔、正古なる人が釧網線の写真集を出したけど、
地元にあんま根差さずに腰掛みたいだったのに対して(頭良すぎたのか?いい意味でも悪い意味でも)、
いし〇ろ氏は、やっぱし覚悟はあるみたいで…
鉄道遺産の考え方には少し「?」だけど、
地域に根差し、きっと地域の実情を知ってるから、
がんばってほしいかなと・・・
いつも「えろあき」ってばかにしてごめんんなのす、
でもあれは、最初あ〇きさんがいったから!
[ 2017/07/21 13:29 ] [ 編集 ]

Re: タイトルなし

お返事遅くなりました、
こんにちは

> さだまさしに出て来い!と

ごらんになっていましたか(^^)
夜の夜中でしたからねえ、あの場におられた方はすごいなぁと思っていました
(私は録画していましたので)

北海道スペシャルは全国放送されたようでしたよ、BSだったか総合だったか、やはり深夜だったみたいです

>
> MOTレール倶楽部がんばってるみたいで。

頑張っていますねえ、
ときどき「小手先の動き」との声を耳にすることもありますが、なにかできることはないかと探し行動するほうが、ダメなことばかりみるよりは精神的によさそうです

あたたかく、みまもってくださいませ(〃^ー^〃)

小さくとも 地域に住むもの自らが何かしようという動きは 新十津川や日高のほうからも聞こえてきます
こころ保ちつつ 繋がっていけたらなぁと思います

[ 2017/07/23 21:57 ] [ 編集 ]

素晴らしいです

次男さんもお母さんもがんばってますね。
今できることを一所懸命にする。
何よりも素晴らしいです。

先月釜石線に行って、山田線不通区間の大槌にも再訪してきました。やはり過疎地域の復興には鉄道が不可欠。バスではダメなのが実感として理解できました。理屈ではBRTなんでしょうけど。

最近ではメディアもNHKを除くと来ないし、報道そのものが激減。まるでとっくに復興してますよ、ということにしたいのかなぁ。みんな元気で日本中うまくいってますよ、の予定調和が好きなんでしょうか。

網走はなかなか行けそうもないですが、こちらでできることがあれば、言ってみてください・・・
[ 2017/07/26 13:06 ] [ 編集 ]

Re: 素晴らしいです

こんにちは

コメントありがとうございます

おっしゃるとおり いまできることをする、これ以外にはないように思いますね

いろんなことを耳にします
でも きょうも仲間と少し話をしたのですが、
気にしない、口だけのことは
と 
あれがダメ これがダメ どうせ ・・・ と 論じるのではなく
好きだから、自分ができることを探してやってみよう というほうが 
いいんじゃないかって 思いました



>
> 先月釜石線に行って、山田線不通区間の大槌にも再訪してきました。やはり過疎地域の復興には鉄道が不可欠。バスではダメなのが実感として理解できました。理屈ではBRTなんでしょうけど。


バスではダメなんですか と 地元からも声が聞かれます
おそらく 鉄道の存続や否やに理論的に声を上げ感情的に声を上げする者たちも、
バスが消える時には何にも話題にしないのではないかな なんて思います
鉄道利用がないからと言って バス利用者が増えることはないですし

鉄道は地域のランドマーク的なものであり それをなくすということはどういうことなのか、
きちんと地域で考えて それで鉄道廃止の道を選んだとして 
これからのことを考えていく のがいいのではないかなって 思います

小さい小さい企画展です
ほんとうに 手作りで ・・・でも 小さくてもいいんですとのお声もいただきました

すこしでも何かが伝わってくれればと 願っています


[ 2017/07/28 20:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する